【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« THANX RONNIE JAMES DIO LIVE vol.2~IN MEMORIES OF COZY POWELL<後編> | メイン | 伊藤広規、新譜『WATER COLOR』発売! »

2013年6月19日 (水)

【イギリス-ロック名所めぐりvol.9】 バタシー発電所

やっぱりロック・ファンなら絶対に気になるよね、東京電力千住発電所…違うか!

このHipgnosisの手による有名なPink Floydの『Animals』のジャケットに写っている、白い4本の煙突を擁する薄気味悪い建物はバタシー発電所(Battersea Power Station)という。

初めてロンドンに行った時から訪れてみたいと思っていた場所のひとつだった。

Ert_10

バタシーに行くにはこのLondon Victoria駅を使う。ここから国鉄でたったひと駅。ロンドンの中心街の南側、テムズ川を渡ってすぐのところにある。

なんてエラそうなことを言っていても最初はよくわからなかったので、さっそく駅の案内所でどの電車に乗ればよいかを尋ねた。

係員は50がらみの黒人。「スミマセン、バタシー発電所に行きたいんですけど?」と告げると、「ナニナニ、バタシーに行きたいのか?へへへ~、そうかそうか!バタシーに行きたいのか~」とナゼかメチャクチャうれしそう…と思ったら「実はオレ、昔あそこで働いてんだよ~。」とのこと。ていねいに出発番線を教えてくれた。

Ert_20

Victoria駅を出たかと思うとすぐ着いちゃう。乗車時間は約5分。

Ert_30

駅の名前は「バタシー公園(Battersea Park)」。ホームに降り立つともうあの白い煙突が見える。興奮する~!

Ert_40v

ロンドン周辺の公共の交通機関の設備はどれも貫録があっておもしろい。木造の階段だよ。

Ert_50v

同じく木製の渡り廊下。なつかしいな~。東京の小学校でも1970年ぐらいまでは校舎はこんなんだったな。ペンキの匂いがスゴイ!

Ert_60v

エントランス・ホールもまるで博物館のようだ。ほぼ無人駅。

Ert_70

外観も立派!

Ert_80v

駅のそばの交差点に立っている標識。ここには「Battersea Park」という大きな公園があるのだ。

Ert_100

街はかなりヒッソリとしていて、スレ違う人は色黒の方が多い。

Ert_110

駅から5分も歩くとコイツが現れる。

発電所に向かう途中、モーターウェイ(mortorway:イギリスでは高速道路のことをこう呼ぶ)があり、それをまたぐ陸橋がかかっている。発電所の周りはガッチリと囲いがめぐらされていて、なかなか設備を上から下まで撮るポイントが見つからない。仕方ないのでその陸橋の欄干によじ登って撮影した写真が以下の何枚か。

通る人たちがジロジロと見ること見ること!果たして熱狂的なPink Floydファンと思われただろうか?…そうでもないんだよね。

Ert_120

天気もいいせいか、『Animals』の雰囲気とはまったく違う!

Ert_130

ものすごいデカさ!レンガ造りの建物としてはヨーロッパ最大だそうだ。ダムもそうだけど私はこういう人間が作ったバカデカイものが好きなのだ。

しっかし、こんなにデカイ火力発電所がこんな街中にあるとはね~。でも東京にも冒頭で触れた「おばけ煙突」で知られる東京電力千住火力発電所があったもんね。日本の4本煙突は1925年の建設。なんとバタシーより早かったのだ!でも千住が1964年に廃止になったのに比べ、バタシーは1983年まで使っていたというのだから驚き!1983年なんて最近だぜ!

Ert_150v

内部に陽が差し込んでいる。つまり、撤収したのか朽ち果てたのか、もう屋根も天井もないのだ。

Ert_160

やはり一番の見どころはこの巨大な4本の煙突。って三本しか写ってないけど…。

Ert_170

コンクリート製の煙突の長さは53m。最後部は地上から103mにもなる。根本の直径は8.5mもあるそうだ。

Ert_180v

この建物は、1929年に着手し1933年に稼働を開始した時分にはこの写真の向かって右側しかなかった。つまり煙突は2本しかなかったワケだ。

その後、ロンドンの電力需要が増えるにつけ増床することになり、1944年に工事を開始し、1953年代に(この写真の)向こう側の建物が完成し4本の煙突が出そろった。その2年後の1955年から完全に稼働開始となった。

1983年にその役目を終えるまでロンドンでももっとも有名なランドマークの座に君臨した。Shige Blogでも触れたが、バタシー発電所は国からListed Buildings(保存すべき重要な歴史的建造物)のGradeIIの認定を受けている。ところが後でイギリスの友人から聞いた話では、このListed BuildingsというのはGrade I、つまり一番上のランクの建物以外は壊しても構わないことになっているのだそうだ。

例えばウエストミンスター寺院とかヨーク大聖堂とかカンタベリー大聖堂とか、こういうのは壊しちゃいけない。でもGrade IIのバタシーは「ま、ぶっ壊しちゃう?」みたいな。だからこんなにボロボロになっちゃってるのよ。モッタイない~。

Ert_200v

ロンドンには同じくテムズ川の南岸にTate Modernというゴミ焼却場を改装したバカでかい美術館がある。そこも焼却場だけあって大層立派な煙突がそびえているが、このバタシーもそういう風にできないもんかな~。セント・ポール寺院の川向いのロケーションのTate Modernに比べると、バタシーはあまりにも場所が悪いわな。もっとも街中の便利な場所にはこんなバカでかい火力発電所なんか作れるワケないもんね。

Ert_190v

それでもこれだけのロンドンにほど近い物件だから色々と跡地利用の話が持ち上がってきた。最近では2006年に4億ポンドでアイルランドの不動産会社がコレを買い、発電所をぶっ壊して3,400世帯を収容する新興住宅地にしようとしたが、経営難に陥り計画は頓挫。

その後、2012年にマレーシアの会社が同じく4億ポンドでこれを買収したという。さらにその後、スッタモンダがあって、最終的には2019年までにこの設備を取っ払って宅地にするようだ。だから興味のある人は早く見に行かないと!

でも調べてみると、この建物を残しつつ再開発をするという計画もあるようだ。そうして欲しいナァ。

Ert_210

『Animals』のジャケットはこっちの方向から撮ったハズ…。

Ert_140

ジャケットは…オイオイ全然違うじゃん!

この有名な空飛ぶブタちゃんのアイデアはRoger Waters。オーストラリアのJeffery ShawというアーティストとHipgnosisが共同でデザインした。ホンモノのZeppelin号を作ったドイツの業者によるヘリウムを詰めた12mにも及ぶ巨大な気球だった。これをバタシー発電所の上に飛ばしてジャケット写真を撮ろうと計画したのだ。

撮影の初日、もしブタが何かの拍子にスっ飛んだ場合に備えて狙撃手も待機したが、天候に恵まれずブタを飛ばすことはなかった。

2日目の撮影日以降、ウッカリ連絡をするのを忘れたため狙撃手が現場に現れなかった。そして、3日目も撮影は決行されたが、運悪く突風に見舞われ、ブタちゃんは5分もするとその姿を空の彼方に消してしまった!本来であればその場で狙撃手がブタちゃんを打ち落としてこと無きを得る予定だった…。

ブタちゃんの姿は10万メートル上空を航行する東方面へ向かう旅客機のパイロットに目視され、ヒースローでは欠航便が出た。そんな高所にパンパンに膨らんだブタが飛んでるんだからそのパイロットもさぞかし驚いたことだろう。

結局、ブタちゃんは風に乗ってケントの農場に着陸した。「おまんらがそんただバカデカイ豚さ落っこどすもんだで、うちがとごのベコさが怖がっとるでねーけ!」…と地元の農夫は大激怒。

結局、ブタちゃんを修理して再チェレンジしたものの納得いくものができず写真を合成してジャケットを完成させた。

ま、ここはコーナーが違うんでうるさくはいわないけど、こういうことなんですよ。ジャケットひとつ作るのにこの情熱!だからジャケットはおもしろいっての!今ならこんなことはしないでいきなりCGだね。イヤイヤ、それどころかジャケットすらなくなるんだったっけ!

Hipgnosisのジャケットについてはコチラをご参照くだされ。

Ert_sleeve2_2

何とかして中に入って写真を撮りたいけど…ガッチリとゲートが閉まってる。何しろ「メッチャ危険な建物」にも認定されているからね。

Ert_220

「GATE2」か…。行ってみるとしよう。

Ert_230

塀沿いに進んで現れた工場の向かいの生コン屋。

Ert_250v

発電所の横をひっきりなしにゴミ収集車が通行している。そう、この先にゴミ焼却場があるのだ。さっきからどうも変なニオイがするのはこのせいなのね。

Ert_240v

発電所の真横にやって来た。

Ert_260

近くで見るとますますデカイ煙突。壮観!

Ert_270v

写真の下の方におじちゃんがいるでしょう。 何か話しかけてくるんだけど車の騒音スゴイのと訛りがキツくてナニ言ってんだかサッパリわからん。

んじゃ…と近づくと「あんまり入って来ちゃイカン!」とか言うし…。イチかバチか「中へ入って写真撮らせてよ~」と頼んでみたがまったくダメ。そりゃダメに決まってるわ。「写真は外からならいくら撮ってもいいよ」というので数枚撮って退散。

Ert_280

『Animals』の印象が強すぎて「Battersea」というとすぐにあのジャケットが頭に思い浮かぶ人も多いだろう。Pink Floyd以外にもバタシーの姿を確認することができる。

もう中学1年の時に有楽町の日劇の横の地下にあった「日劇文化」という今でいうミニ・シアターで観たきりなのでまったく思い出せないが、ビートルズの『Help!』にもバタシーが出てくるんだってね?

しかしですよ、私が中学1年の時って1975年なんだけど(あ、計算しないでくださいね。どうせジジイですから。それなのにまだこんなことやってる!)、この『Help!』が公開されてまだ10年しか経ってなかった時なのね。そうなんですよ、ロックを聴きだした頃ってまだビートルズが解散して5年しか経ってない頃なんだよね~。驚くわ~。若手のバンドのライブ会場に行くとどこでも最年長なのも仕方ないね。

話しを戻して…Judas Priestの「Another Thing Comin'」(←YouTubeでチェックしたけど見つからなかった)やTake Thatの「The Flood」(←これはいい!)などにも登場している。

これは近いうちにMJGのコーナーで紹介するけど、Hawkwindの『Quark Strangeness and Charm』には発電所のコントロール室の写真が使われている。

Ert_290v

これはThe Whoの『Quadrophenia(四重人格)』のブックレット。Vespaに乗って疾駆するジミーの後ろにはもうもうと煙を上げて発電にいそしむバタシーの姿が見える。『Quadrophenia』を題材にしたイギリス映画、『さらば青春の光(原題:Quadrophenia)』の舞台は1965年のロンドンだ。

1965年頃のロンドンはこうした光景が当たり前だったのだろうか?

興の覚めるようなことを言ってなんだが、実はこの写真自体は合成らしい。もともとのバタシーの写真にジミーが乗ったVespaの写真を乗っけてあるそうだ。

火力発電所の話もユックリ書きたいんだけどまたの機会にしておこう。

Ert_300

両さんの「勝鬨橋」の話じゃないけど、4本の煙突から勇猛に煙が吐き出される光景を一度見たいものだ。

ああ、ロンドンはおもしろい。

Ert_310

つづく