【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【梅村デザイン研究所】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

2017年4月25日 (火)

BLIMEY!!~GRANRODEO飯塚昌明のBIRTHDAY PARTY

タイトルの「Blimey!」はイギリスの「オーマイガッ!」。
「ブライミー」と読むんだけど、イギリス人はコレをよく使う。
「コイツぁスゲエ!」とか「ビックリしたナァもう!」みたいな場面に出くわすと「ブライミ~!」とやるワケ。
さて、ステージにはMarshallの壁。
Marshall GALA他でおなじみの光景は東京キネマ倶楽部のステージ。

10_2でも、今日はいつもとチト様子が違うよ。

20_2テーブルにはシャンパンが置かれちゃって…。

30v奥のMarshallロゴのカウンターにはおいしそうな料理がズラリ…。

40v そして、ステージに現れたのは今日のイベントの司会を務めるジョイマックスさん。

50_2ジョイマックスさんが手にしているのは携帯電話。
「え、今どこですか?」とこと細かに相手の状況をチェックする。
電話の相手はGRANRODEOのe-ZUKAさん、すなわち、飯塚昌明さんだ。
「皆さ~ん、もうすぐ着きますよ~!」
つまり、ほどなく飯塚さんがキネマ倶楽部にお越しになるということ。

55v ステージは飯塚さんを迎える準備も万端。
そう、タイトルにあるようにこのイベントは飯塚さんの誕生パーティで、本人にはこのことを知らせていない。
「キネマ倶楽部に来てください」ということだけを伝えている正真正銘のサプライズ・パーティなのだ。

60_2そして、何も知らずに飯塚さんがキネマ倶楽部に到着。
二階から会場を見下ろして…飯塚さんビックリ!
もうマジでお顔がブライミーになってる!

70v ステージでは飯塚さんを迎える一曲、「Can do」!

80_2演奏するのはKISHOWさんと…

90v FLOWの皆さん!

100_2「『キネマ倶楽部に来てください』しか言わないからおかしいな~と思ってたんだよね~!」とまずは飯塚さんのご挨拶。
本当に知らなかったんだ?!
ご挨拶の中ではMarshall GALAや東京キネマ倶楽部がMarshallのオフィシャル・ライブハウスであることにも触れて頂いた。
この日で50歳。
若いな~。

105v階下に降りステージに向かう飯塚さん。

110vそして、KISHOWさんと合流。

120_2FLOWの皆さんから誕生プレゼントが贈られる。

130_2GRANRODEOの抱き枕!

140_2飯塚さんはサブ・ステージに上がり…

150_2正式にご挨拶。

180vそして、カンパイ~。

190v_2 KISHOWさんやFLOWの皆さんと乾杯の記念撮影。

200_2

205こんなビデオも放映された。
GRANRODEOの二人が十日町の飯塚さんのご実家を訪れる。
さすが日本有数の豪雪地帯。スゴイ雪だ!何もこんな時に行かなくても…。
へぎそばだよね、十日町といえば。
私は信州に住んでいた時、その手前の津南には紅葉を見に何度か行ったな~。

210_2次のパーフォーマンスをジックリと見守る飯塚さん。

220v登場したのは…
プロデューサーの伊藤さん。

240vminamiさんは二回目のMarshall Blog。
前回の記事はコチラ

250vベースに滝田イサムさん。

260vチョット前にLAZYでMarshall Blogにご登場頂いた岩田ガンタ康彦さんがドラムス。
S41a0112

ギターはFo'xTailsの鳴風さん。

Img_0135 曲はアニメ『君が望む永遠』から「Rumbling hearts」。
minamiさんが作詞で作編曲は飯塚さんだ。

230

バースデイ・パーティとくれば「ケーキ」だよね~。
スペシャルなヤツが用意されていた!

280飯塚さんんシグネチャー・モデル、RODEOholic仕様!
弦がチャンと六本になってる。
ホンモノはスワンプ・アッシュ・トップにマホガニー・バックだけど、コチラはクリーム・トップにスポンジ・バック…ってとこかな?
飯塚さんの名前が「晶明」になっちゃってるけど、「日」が一個多い分だけ明るいってことよ!

290ローソクも無事にひと吹きで消えました。

300歓談タイムも飯塚さんはご来場のお客さんへのご挨拶や記念撮影で大忙し。

310人気声優の森川智之さんも駆けつけてくれた。

320下はGRANRODEOのコンサートでホーン・セクションを担当しているファイヤー・ホーンズの皆さんと。
ところで、音楽関係のお客様では私も存じ上げている方がたくさんいらしていて私もブライミー!
「ナニやってんですか?」なんて訊かれちゃったけど、仕事です。
「アレ?ウッシーじゃないの?!」とひときわ大きな声をかけてくれたのはSATOKOちゃん!
ウワ~、ひっさしぶりだな!
FUZZY CONTROL時代は毎月のように顔を合わせていたんだけどね~。

330そして、クライマックス。
飯塚さんが深々と頭を下げているのは…
360

恩師、つのだ☆ひろさん。
お出になられただけでスゲエ迫力!

350v「マチャアキ、誕生日おめでとう!」と歌い出したのは…

340

もちろん「メリー・ジェーン」。

370vバンド・メンバーは滝田さん、

380v岩田ガンタ康彦さん
270v

鳴風さん…と先ほどと同じメンバー。
鳴風さんはギター・ソロでが華麗なテクニックを披露。

390イヤ~、しかしスゴイ。
もう、つのださんが歌い出した瞬間、すなわち「♪メリジェ~ン」の歌いだしの「」のところでもう空気がガラリと変わってしまう。

 S41a0298

恩師の熱唱を起立したままで聴き入る飯塚さん。
そりゃ、座ってふんぞり返ってなんて聴けるワケがないですよね~。

405ジャズ・ドラマー時代のつのださんのことをかつてほんの少しだけコチラに書いたことがあった。
  
もう何しろこの「生メリー・ジェーン」は大感動。
本当に「音楽の塊」のような人だと思った。

400
「あのナァ~、オレはこの曲のギター・ソロだけは原曲通りに弾いたんだよ!ダメだよ、勝手に弾いちゃ!」
…と鳴風さんへのツッコミで笑いを誘っておいて、Marshallをバックに飯塚さんの最後のご挨拶。

420それをジックリ聴き入るKISHOWさん(?)。

430v飯塚さんが普段から思っていることや感謝の言葉が、ご自身の口から丁寧に綴られていった。

440vそして、最後はご参加いただいたお客さんと記念撮影。
450
笑いと音楽に満ちたミュージシャンのそれらしいブライミーなお誕生会だった。
楽しかった~!
飯塚さん、お誕生日おめでとうございました!
明日もGRANRODEO!  

GRANRODEOの詳しい情報はコチラ⇒GRANRODEO Official Website

Img_0180 (2017年2月22日 東京キネマ倶楽部にて撮影)