【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

2018年1月24日 (水)

LUKE篁地球デビュー30周年記念 “蒼き疾風の誘惑”

   
時はさかのぼって昨年の8月。
ハイ、夏の気分になってください。
   〻
   〻
   〻
しかし、毎日暑いね~。
やっぱり11月生まれの私としてはどうしても夏は苦手。
そのせいか冷やし中華ってのもダメなんだよね。
どうしてみんなアレに夢中になっちゃうのかサッパリわからない。
私なんかどんなに暑くてもラーメンは熱いのじゃなきゃ受け付けないね。
山形に行くと、「冷やしラーメン」というのがあって、冷やし中華のことかと思うとさにあらず。
文字通り冷やしたラーメンで、地元の人も「ウマぐね」と言っていた…ことは他にも書いたな。
それにしても暑い。
そんな熱いモノ好きの私でもさすがにこう暑いと鍋モノには手が出ないな~。
グツグツいってる鍋で熱燗をキューッと…ああ、考えただけで暑くなってくる。
やっぱりこういう時はかき氷が恋しいわ。
facebookにオーストラリアにお住いの友人がいるんだけど、向こうは冬だもんね~。
うらやましいな~。
投稿する写真なんかを見ていると、長袖で涼しそうで…いいナァ。
日本も早く涼しくならないかナァ。
…ということで今日は真夏の川崎から。
LUKE篁の地球デビュー30周年を記念する『蒼き疾風の誘惑』と題するコンサート。
昨年に引き続いてのソロによるステージだ。

10オリジナルTシャツ。
コレはいいナァ~。
ミュシャですな?
アルフォンス・ミュシャはオーストリアの画家/デザイナー。
いつか東京で展覧会が開かれて観に行ったことがあったけど、混んでいてゼンゼンゆっくり観れなかった。
日本の美術館というか、美術展っていうのはカラっきしダメだよ。
もっと広いところで、来場者にタップリ時間をかけて、色んな角度で絵を見せてあげなきゃ…入場料だって決して安くないんだもん。
ゴッホ展なんて言ったら「ココは三社さんか?」ってなモンでしょ?まず行かないけど。
ところで、ミュシャのことを「ミュシャ」と発音しても英語圏の人には多分通じないと思う。
「ムーカ」みたいに発音するハズ。
ちなみに「ゴッホ」は「ゴッ」で、「ホ」は発音しない。

20vステージの上にはMarshall。
ラックに収まっているのはJVM410HとJCM2000 DSL100。
スピーカー・キャビネットは1960AXだ。

30ラックの上に並んだ「篁」デザインのピック。
逆さ向きに置いてあるところがミソ。

40大きな大きな歓声に包まれてルークさん登場!
50v1曲目は聖飢魔IIナンバーの「Masquerade」。
そして、「ロックスターの悲劇って…」が続いた。
LUKEさんのご挨拶の後、今日のメンバー紹介。

45K-A-Z

60v若井望

70v大桃俊樹

80vLEVIN
…とLUKEさんを支えるバンドの面々は前回と同じ。

90v3曲目は「Heaven`s Waiting」…Marshall Blogとしてはホーム感大。
CANTAナンバーだからね。
ただ、いつもと違うのはLUKEさんがドラムというか太鼓というか…とプレイしたこと。
何でもSHOW-YAのmittanからの借りものだとか?

110雰囲気が変わって4曲目は「Cute Boyのユ・ウ・ウ・ツ」。
そして、また聖飢魔IIナンバーの「Great Devotion」をバキッとカマした!

100「一番みんなに聴かせたかったのは次の曲かも…新曲です」
「オオ~!」っと大きなどよめきッ!
「コレが各所で評判がよくてね~。作る曲、作る曲ホメられるんだよ。
白鳥と同じ…優雅に見えるけど、水面下で足をバタバタしてるワケよ。
そうしてたくさん曲を作っているんだけど、その中から選んでお送りします。
おそろしくいい曲を作っちゃいました!」
こういうところがLUKEさんらしい。
自慢めいた話でもLUKEさんが語るとちっともイヤらしくなくて、聞いてて「ホホウ!」なんて思っちゃう。
7弦ギターを使って作ったという曲のタイトルは「Catch the Rainbow」…RainbowRainbowRainbow…とディレイをかけたくなるのは我々世代の習性か?
「虹をつかめ!オレの虹を!」

140vお客さんとの「ウォー」の声出しコラボも完璧!
そして、K-A-Zさんのソロも炸裂した。

120このバンドはギター・バトルも大きな見どころだよね。
高度なギター・プレイだけでなく、3人とも「オレが、オレが」感に横溢していて、ハデハデさが見ごたえ満点!
126K-A-Zさんと若さまのアコギで「Someday Oneday」。
「My Dear Friend ~世界は寂しいで出来ている~」、「Everybody Needs Somebody」とCANTAナンバーを2曲続けた。
115v今日は上に書いたように、LUEKさんはJVMを1960AXにつないで使っていらっしゃるけど、私なんかはLUKEさんが保有されているMarshallを知っているので、どのMarshallを選ぶかがいつも楽しみなのだ。
「アレ?今日はコレ?」みたいなこともあってね。
ま、どれを使っても「LUKE+Marshallサウンド」なんだけど、共通しているのは「やっぱりホンモノの真空管アンプっていい音だな~」ということ。
そりゃロックを作って来たサウンドだからね。

130楽しいLUKEさんのおしゃべりもタップリ。
「ボーカルとちょっとギターね…最後までお楽しみください。
歌に専念させてもらって…楽しいね~!
話すときは『いい声だ』とホメられるんだけど、歌う声だとは思わないんだよね。
自分の声はキライ。
だからオレは自分の歌しか歌えないんだよね…後は西城秀樹ぐらいかなァ。
次の曲も楽しいよ。
こういうことしなきゃダメなんだな…と思った曲です」
と「蝋人形の館」を熱唱!

150再びギターを持って最後のセクションに突入。
聖飢魔IIナンバーが続く…「Deserted Hero」、そして「Brand New Song」。

125本編の最後は「Dream Of The Lotus Land」で締めくくった。

155もちろんアンコールに応える。
「楽しかったけど今日は大変だった!オレひとりじゃナニもできないから最高のメンバーを呼び込みます!」
170v4人が呼び込まれて聖飢魔IIの「1999 Secret Object」をプレイ。

180v

190v

200v

210v続けてダンサー2人を従えて「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」。
LUKEさん、上手に舞うわ~。

220最後の最後は「Remember Flame」の熱演で幕を下ろした。160ペットボトルのコレもいつも通り!
「また来いよ!またやろうな~!」230この日のショウの中で、去る12月18日に開催された30周年の集大成となったコンサートの情報が発表され、割れんばかりの歓声が沸き上がった。
残念ながら、この前日、プライベートで大きな事件が起こってしまって、私はどうしてもお邪魔することができず失礼せざるを得なかったのだが、長尺のショウが大成功を収めたと聞いた。
さすがLUKEさん。
デビュー後30年の時を経てもバリバリだ!
これからの活躍がまた楽しみだ!
  
LUKE篁の詳しい情報はコチラ⇒CANTA official web site

240v(一部敬称略 2017年8月1日 CLUB CITTA川崎にて撮影)