【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【梅村デザイン研究所】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

2017年9月21日 (木)

『凌ぎ合う』 vol.9 <前編>~爆弾ジョニー&PAN

  
グッドモーニングアメリカが対バンを招いてステージで凌ぎを削り合うシリーズ企画、その名もズバリ『凌ぎ合う』。
その9回目が東京で開催された。
出演は3バンド。
今日紹介するのはそのうちの2つ。
いずれもMarshall Blog初登場のチームだ。
当日、まず最初にステージに登場したのは爆弾ジョニー。

10ボーカルズ/ギターのりょーめー。

20vギターのキョウスケ。

30vキョウスケくんはMarshall。

40vJCM900 4100と、ロゴは取れてしまっているがキャビネットは1960A。
このMarshallはかつてTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTの故アベフトシ氏が愛用していたものだそうだ。
受け継がれる名器…こういう話はすごくうれしいね!

45vキーボーズのロマンチック☆安田。

50vベースの小堀くん。

60vドラムは太郎ちゃん。

70vりょーめーくんが中心となって2010年に結成された北海道出身のバンド。
バンドの目標は『世界平和』。
何やら本当にキナ臭くなってきた今の世の中、この目標は至極正しい。
ナゼなら…これは山下達郎さんがステージの上から実際におっしゃっていたことだが…平和でなければ音楽なんかできやしないからである。

80vま~、とにかく元気がよくてすこぶるカッコいい。
「ロックはやっぱり若い人のモノだよな~」と日ごろから思ってはいるのだが、まさにソレ。
サウンドの骨の部分になかなかトラディショナルなモノがあって、私のような頑固ジジイでも素直にカッコいい!と思った。
随所にちりばめられたギター・ソロもロックの文法に正しく沿ったもので、聴いていて大変心地よかった。

90ギターを降ろしたりょうめいくんの「暴れるぞ~!」のかけ声に応えて…

100v2曲目はみんなでタオルを振り回して大騒ぎ。

110サングラスを装着したロマンチック☆安田くんがマイクを握る。
「アレやるか?爆弾ジョニーはじめて観る人?」
は~い、私。
「ホホイしようぜ、ホホホのホイ!」からたなちゃんの「ファイヤー!」へ。
そう、こうして各メンバーの領分がハッキリ分かれて際立っていることがいいバンドの条件だよね。
写真を撮っているので「ホホホのホイ」はできなかったが、楽しさ満点!

120その通り…私も初めて観るもんで曲もナニもわからないんだけど、どの曲もすごくよろしいな~。
真剣にやっているんだか、適当にやっているんだかよくわからないが、すごい音楽的なエネルギーを感じたね。
なんて思っていたら、彼らは『世界平和の第一歩はみんながふざけること』という理念を提唱しているとか。
それなら世界平和の第一歩は間違いない。

130マスコットキャラのクマも登場…といってもお面を付けているだけ。

140ま~、とにかく派手なのはキョウスケくんのアクションよ!

150足の長いこと、長いこと!
最近の若い子は外人みたいにヒザから下が長くてカッコいいんだよね~。
オジさんの時代は、そんな子はクラスに一人もいなかったんだぜ。

160v飛んだり、ハネたり…やっぱりロックはこうあるべきだ。
終演後、キョウスケくんに「ピート・タウンゼンドみたいでカッコよかったよ!」と思わず告げさせてもらいました。

170v暴れまくるフロント陣をガッチリとバックアップするリズム隊も魅力的。

190v

200v特に印象に残ったのは「♪なにもないじゃないか」と歌う曲。
聴いた瞬間、ガーシュウインが作った黒人だけが登場する有名なオペラ、『ポーギーとベス』を思い出した。
そのなかに「I Got Plenty O' Nuttin'」という曲がある。
コレは奴隷制度時代の黒人の英語なのでおかしな表記になっているが、普通の英語で書くと「I've got plenty of nothing」…直訳すると「ボクには何もないがたくさんある」。
つまり「なにもないじゃないか」ということ。
今時、「ありがとう」やら「がんばれ」ばっかりの若い人のロックのなかにあって「なにもないじゃないか」。
相当気骨のあるバンドと観た。
とてつもなく「いいものがあるじゃないか」!

180聞けば爆弾ジョニーもしばらく活動を休止していたとか。
「立て板に水」のような演奏にそんなことは一切感じなかったナァ。

210v7月にリリースした活動再開後初のCD、『BAKUDANIUS』も大好評のようだ。

Bj 来る12月4日にはZepp Tokyoでワンマン・コンサートを開催する。
観たい~!

  
爆弾ジョニーの詳しい情報はコチラ⇒爆弾ジョニーOfficial Website

220続いての登場は、大阪からPAN!

240ボーカルズの川さん。

250vギターはゴッチ。
「ゴッチ」っていう感じするナァ~。

260vゴッチくんもMarshall。

270ヘッドはJCM2000 TSL100。
スピーカー・キャビネットは1960A。

280vベースにダイスケ。

285vそして、ドラムはよこしん。

286v1995年の結成というから、活動20年を超える大べテランだ。

290今年4月12日の「パンの日」に3年ぶり、7枚目となるフルアルバム『PANJOY!!!』を発表した。
いいジャケットだ。
ジャケットにMarshallが写っているだけで猛烈にロック・フィーリングが高まるというものだ。
しかし、散らかってるナァ。
でも、こうしておけば都度モノを取り出す必要がないので便利だ。
使った後はしまわなくていいし。
ところで、私は「米派」なので知らなかったのだが、4月12日って「パンの日」なのね…「412」で「パ・ン」ということね。
チガウ、チガウ!
調べてみると、日本ではじめて本格的にパン製造に取り組んだのは、伊豆韮山の代官であり、軍学者でもあった江川太郎左衛門という人。
長崎のオランダ屋敷の料理方を伊豆韮山の自分の家に呼び寄せてパン焼き窯を作り、1842年の4月12日に日本で最初のパンが焼き上げられたそうな。
だから4月12日が「パンの日」。
ウ~ン、日本で最初のパンというと、横浜元町のウチキパンかと思っていたら、ウチキパンは日本で最初の食パンを作ったようだ。

Pj「♪O-WESTにアイツが帰って来た!ライブハウスで凌ぎ合う、凌ぎ合う、凌ぎ合う、凌ぎ合うために金廣真悟が帰ってきた!
いけるか~?やれるか~?
金廣真悟復活でお祭り騒ぎだ~!」
川さんの熱湯をまき散らすようなパフォーマンスを中心にしたPANのステージは「お祭り」というより、もはや台風!300vそのエネルギッシュな川さんを支える3人のガッツあふれるアンサンブルが素晴らしい。

310v

420v

320v「大阪からO-WESTに来ました大阪のPANです!」
川さんが手にしているのは食パン。
コレをお客さんに配給する。
ありがたい話だ!

330そして、2階席のお客さんにも!
狙いを定めて2階のミホちゃんに向かって投げる。
宙に浮かんでいる茶色っぽいものは川さんが放り投げた食パンね。
見事キャッチ!
あ~、ドキドキした~。

340PANとJA全農たまごのコラボレーションで『PANJOY!!!』にも収録されている「たまごのうた」。
色んなことやってんな~。
カワイイ歌だ。

350v次も『PANJOY』のリード・チューンのひとつで「ギョウザ食べチャイナ」。

360こっちは案の定「餃子の王将」とのコラボだそうだ。
指定レコード店での購買特典として、初回の『PANJOY!!!』には王将の餃子の無料券が付いていたそうだ。
他にも「spinns」というファッション・ブランドと「SPANNS」なるコラボレーションも展開している。370v「♪ギョウザ 食べチャイナ ギョウザ 間違いない ギョウザ 裏切らない」
同感、同感!
私は、餃子はこの世で一番ビールにマッチする食べ物だと思っている。
それも、日本流の餃子が圧倒的に好き。
アレ、本場って黒酢みたいなので食べるでしょう?アレがチョット…。
そもそもッ餃子の故郷の中国は水餃子が主流と聞くし。
いつかフランクフルトの中国人が経営している中華料理屋にひとりで入ってビールと焼餃子を頼んだら、中国人の店員が「ムリ、ムリ」みたいなことをしきりに言うんだよね。
「ナニを言ってるんだろう?」と不思議に思ったけど、お腹が猛烈に空いていたので、チョット値が張るのは気になったが「いいから持ってきて!」とオーダーした。
出て来た餃子を見てビックリした。
かなり大き目の皿に厚手の皮に包まったドデカくて丸い餃子っぽいものが、どうだろう、20個近くはあったかな?
それを目にした瞬間、「ウワ!こんなもん食えるワケないじゃん!」と思ったけど、ペロっと食べちゃった。
「餃子は日本に限る」と思っていたけど、川さん、やっぱり餃子は裏切らなかったよ!
せっかくなのでもうチョット餃子。
そんなおいしい餃子だけど、お店によってゼンゼン違うじゃない?おいしいヤツもあれば、「ナメとんのか?」みたいなヤツまで。
でもね、ナンダカンダ言って一番おいしいのは、家でアンを作って、皮にくるんで、ホットプレートで焼いて家族で食べる餃子。
チョットさらに脱線しますが、気になっていたので書かせて!
あの、グッさんが出ているCook Doの「回鍋肉」のCMがあったでしょ?
「回鍋肉」がテーブルに出されると、グッさんの家族がすさまじい勢いで食べ始める。
その光景を見て驚きながら、食卓を共にしたグッさんのお嬢ちゃんの友達が尋ねる?
「アンタっちっていつも…?」
するとお嬢ちゃんが「なくなるよ!」
コレ、ナニがなくなるのかずっとナゾに思っていた。
人気の「回鍋肉」はいつも完食するよ…という意味では全くおもしろくないでしょ?
それで、ある日ハタと気が付いた。
お嬢ちゃんが「なくなる」と言っているのは「回鍋肉」ではなくて、「理性」なのだな…と。
つまり、あんまり「回鍋肉」がおいしいので、家族全員が「理性」を失ってガッつく、ということなのではないか。
イヤ、ナニが言いたいかというと、そうして自家製の餃子を目の前のホットプレートで焼いて食べると、あまりにもおいしいので、ウチも家族全員、理性を失って餃子を食べ狂うということ。
ナゼそんなにおいしいのかと秘密をバラすと、前にも書いたような気もするが、大量の都内のラーメン屋に麺を卸している有名な製麺屋が家の近くにあってね、そこで出来立ての餃子の皮を買って来れるからなのです。
餃子の皮も新鮮な方が格段においしんですよ。もちろんプロ仕様なので保存料などは一切入っていないしね。
もう、タマらんよ!
やっぱり餃子は間違いない!

380v川さん、客席にダイブ!…見えないけど。

390もうとにかくお客さんを楽しませること以外は何も考えていないかのような壮絶なパフォーマンス!
関西弁がそう感じさせるのかどうかはわからないが、こういう雰囲気のバンドって東京には昔からあんまりいないんだよね。
私的には「関西ならではの!」を存分に楽しませて頂いた。

400vそして、やっぱり「ロックはパワーだな~」ということを示してくれた極上のロック・エンターテインメントだった。
楽しかった~!

410vさて、PANも12月8日に『PANマンでレッツPANJOY!!!アンコールツアーファイナル ~一本締め!お手を拝借、ぃよ~おっ!!~』と題したワンマン・コンサートを開催する。
場所はココ渋谷TSUTAYA O-WEST。
コレも観たいな~!

430PANの詳しい情報はコチラ⇒PAN official web site

450<後編>につづく

(一部敬称略 2017年8月2日 渋谷TSUTAYA O-WEST)