【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【梅村デザイン研究所】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

2017年2月22日 (水)

Thunder Snake ATSUGI 14th Anniversary SPECIAL LIVE!!~D_Driveの章

コレは前にも書いたことがあるのを覚えているんだけど、もう一回。
まだMarshall Blogを始めるずっと前、ココに中野のシゲさんのShigeo Rolloverが出演したことがあって、遊びに来がてら、頼まれてギター・テクを務めたことがあった。
その日に限って弦が切れたり、チューニングが大幅に狂ったりと大忙しだった。
昔はステージ上手にそでがあって、そこで待機をしていたんだけど、そこには出口がなくて一回入ったらステージを横切って出て行くしかない。
で、この日は思いのほか進行が押して、小田急線の急行の最終時間が近づいてきてしまった。
厚木はウチから滅法遠いでね~。
鈍行に乗ることになったらエライことになる。
しかし、ステージの熱演はどうにも終わりそうにない。
それで意を決して「Manic Depression」だか「Foxy Lady」が終わったところでステージ中央のシゲさんに近寄り、耳元で「シゲさん、ゴメン、オレ帰るわ!」と謝ってステージを横切らせてもらった。
シゲさんもあんな人だからステージの上で「おお、そうか!気をつけてな!ありがとう!」なんて平気で言っちゃって…。
あの後は何事も起こらなかったようなのでヨカッタ、ヨカッタ。
このライブハウスが14周年ということだからそれほど昔の話ではないのだけれど、今よりノンビリしてた感じがするナァ。
イベント3番目の登場はD_Drive!

10Seiji

20vYuki

1_img_0256Shimataro

40vChiiko

50v1曲目は「The Last Revenge」。

60目下の最新作の2曲入りシングルに収録されたSeijiさんの作品。
あのサビのメロディがすごく印象的なヤツね。

70cdコレね、いつもサビのことを書いているけど、ギターの二人が奏でるコーラスのメロディがまたいいんよ。

80そして今日も~!Marshall!!

90SeijiさんはいつものDSL100ECと1960AX。

100vYukiちゃんもMarshall。

110YukiちゃんはTSL100と1960Aのコンビ。

120v曲の中間部ではShimaちゃんのベースもフィーチュア!
ShimaちゃんはEDENヘッドを使用。

130v現在は製造していないひとつ前のフラッグ・シップ、WT-800。

140今のフラッグ・シップ・モデルはコレね。
World Tour Pro Series、WTP900。
『用心棒』で言えば「丑寅の親分」だ。

150_3そして、幅を利かせている子分がコイツ。
Terra Nova SeriesのTN501。
メッチャ評判いいの。売れてます。
こちらも『用心棒』で例えれるなら…って、例えたいんだけど、仲代達也扮する「卯之助」だ。
可愛い顔はしてるが危ねぇヤツ。

160今日も一発目から最善列のD_Driverの皆さんが思い切り盛り上がっちゃってる!

170続いてもハードにいくぞ~!
喰らえ「M16」!ギャ~!

180_mこの曲のテーマのメロディってすごくD_Driveっぽいと思うんだけどいかがだろう?
チョット和風で他にない旋律だ。
初めて聴いたのはもうずいぶん前なのでいつの事かは覚えていないが、その時そう思った。
そして、気が付いたら口ずさんでた。
270v

この曲のシンボルは何といっても、ギタリスト二人による中間の「♪ティラリラリ~ン」の掛け合いだよね。

200v続けてキラー・チューン、「Cassis Orange」。
何か今日はグイグイ来てるな~。
勝手知ったるハコのこと、演奏しやすいせいもきっとあるのだろう。

210_coShimaちゃんのベースのキメから…

220必殺のハモリ。
何となくアレだね。「ツイン・リード」なんてありきたりの言葉じゃなくて、こういうのは「ギター・ソリ」なんて呼びたくなっちゃうよね。
「ソロ」じゃなくて「ソリ」。サンタが乗ってるヤツじゃないよ。
ジャズのオーケストラでサックスならサックス、トランペットならトランペット、同じ楽器だけでアンサンブルを演奏することを「ソリ」っていうのね。イタリアの言葉。
全員で同じことをするのは「トゥッティ」。これもイタリア語で「全部」という意味。
ソリのアクロバチックかつスリリングなアンサンブルはビッグバンド・ジャズの強力な魅力のひとつなワケ。
穐吉敏子のオーケストラはメチャクチャ複雑なサックス・ソリが有名だった。
実際すさまじい演奏がいくつも残っている。
だから、一時アメリカの音楽界ではFrank ZappaかToshiko Akiyoshiに使われていたミュージシャンはどこへ行ってもノン・オーディションで採用になったという話を聞いたことがある。
ちなみにトロンボーンのBruce Fowlerという人は両方のバンドに在籍した経験を持っている。
ビッグ・バンドの管楽器というのは、もちろん役割がそれぞれ決まっていて「リード・ナニナニ」というのはメロディを吹くもっとも重要なパート。
で、二番はソロが多い。そして、三番はリードの裏メロを吹くアレンジが普通。
ただでさえ複雑なリードのメロディの裏メロだから、すさまじくキテレツなフレーズが多い。普通の人間ではとても覚えきれない、イヤ、覚えられてもうたえないような素っ頓狂なメロディを吹き続けるのだから大変だ。文字を読むように自由自在に譜面が読めなければ全く歯が立たない。
だから、よ~く耳を凝らして敏子さんの曲の三番アルトのメロディを聴いていると結構笑える。
おっと話が反れましたな。
そんなパフォーマンスを思い起こさせる超絶アンサンブル・パートがあるのがこの「Cassis Orange」。
要するにとても二本のギターで演っているとは思えない重厚なアンサンブルなのだ。
ま、二人は何でもなく演ってるけどね。

私流に文章にするとこういうことになる。

230続いてはYukiちゃんコーナー。
ウソウソ、実際にそういうコーナーはない。
でも、YukiちゃんのMCから彼女の作品が立て続けに演奏されたのだ。

240_ncまずは冒頭で紹介したシングルから「Shape of Your Life」。

250vメジャーのスロー・ナンバー。
こういう曲調は今までなかったんじゃない?
スローと言ってもハードだけどね。
D_Driveのソング・ライティング・チーム、すなわちSeijiさんやYukiちゃんに尋ねてみたんだけど、やっぱり曲に色々な仕掛けを考えるのが大変なんだって。
本当にそうだと思う。
いいメロディは後から出てくるかもしれないが、仕掛けやトリックは一回使ってしまうと転用が利かない。
「あのパターンのヤツや!」ってなっちゃうからね。
そこがシンドイって言ってた。----そうなの~?
鮭って白身魚だって知ってた?----そうなの~?
海水って太平洋より大西洋の方がしょっぱいって知ってた?----そうなの~?
Marshall Blogって盆暮れ土日を除いて毎日更新してるって知ってた?----うん、毎日更新するのは本当に大変だってマーブロのオジイちゃんが言ってた!
…このCMがテレビで放映されていない地域にお住いの方、スミマセン。
一応コチラをリンクしておきます。

260続いてはセカンド・アルバム、『Accelerator』から「Unkind Rain」。

30v

ホントに頭にくる雨ってあるんだよな~。
何だって、よりによってこんな時に降るんだよ~ってヤツ。たいてい海に行く日。
そんな曲。
ジト~っと重苦しいバラードもいいもんだ。
なんとなく「No Quarter」みたいな感じだ。
そうそう、みんなあの「晴れ男」とか「雨女」とか言うの好きだよね~。私はアレ、言ったことないな。「枯れ男」だから。
「雪女」ってのはいないのかね?
1965年の小林正樹の『怪談』で雪女を演じたのは私の親戚なんだけど、それよりあの映画、音楽が武満徹なんだよね。
また観たいな~。

190

ところで、スゴイ話がある。
Yukiちゃんが以前からやっていたブログ、「Lady Blue Rose and Me」。
コレがですね、厳しい審査を経て、晴れてアメブロの「芸能人有名人ブログ」に認定されたのだ!
ちょっとやそっとじゃ達成できない偉業なのだそうですよ。
アクセス件数はもちろん、普段の素行から、箸と茶碗の持ち方、靴を脱いだ時にちゃんと揃えているか、普段「ツーマン」という言葉を使ってやしないか(Seijiさんはココが弱点だ。まだつい言ってしまう時がある)…等々の審査を潜り抜けてようやく認められるという権威あるものなのだ。
おめでとうYukiちゃん!
そして!
そのバナーに使われているのがこの日のライブで私が撮った「おさしん」なの。
どうもありがとう!
お願いだからどしどしマーブロにリンクして!
  

Yukiちゃんのブログはコチラ⇒Lady Blue Rose and Me
  
コレがそのバナー。

1_aby_2

続けて「Lost Block」。
ワルツのキメが轟わたる人気曲。
290
Chiikoちゃんの暴れようがスゴイ!
今日は4バンド中2バンドが女性ドラマーだね。
すごいな~、女性。

280_lbもう一度MCが入って、後はもう最終セクション。
おなじみの曲が並んだ。
まずはYukiちゃん作の「Among the Distraction」。

300v_2
ノリやすいヘヴィなエイト・ビートでまず盛り上げておいて…

290_adスリルに満点の「Russian Roulette」。
この辺りは『R』からのチョイスね。

310v_rr_2何でもありのスペクタキュラー。
興奮が最高潮に達する!

320そして最後はピョンピョン跳ねて「Screw Driver」!

340_sd全9曲。今日もアクセルベタ踏みの4人なのであった!

350v

1_img_0178

380v

390vD_Driveの詳しい情報はコチラ⇒D_Drive Official Web Site

400おしまい

(一部敬称略 2016年12月10日 Thunder Snake ATSUGIにて撮影)