Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。
【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【CODE/GATEWAYの通信トラブルを解決するには】

2022年1月26日 (水)

GRANRODEO LIVE 2022 G16 ROCK☆SHOW "RODEO-SOUNDS PARADE"<前編>

 
チョー久しぶりにやって来た「国立代々木競技場」。10_2 佐渡の金山のスッタモンダをヨソに、ココも「世界遺産」の登録を狙っているとは知らなんだ。
フランスのル・コルビュジエが設計した上野の「西洋美術館」が2016年に世界遺産となったけど、もしこの代々木競技場が登録されるとなると、日本人が設計した建造物では初の世界遺産登録になるそうだ。
ロンドンへ行くたびに悔しい思いをするんだけど、日本は関東大震災(来年で100年!)と太平洋戦争で古い建物が焼けてしまったので、こういうことをして文化的な遺産を後世に伝えるのは大変いいことだと思う。
でもね…この設備は1964年の東京オリンピックのために造った施設なワケだけど、実はその時、ヘタをするとこの体育館なんかよりよっぽど文化的に高価値だった都内の歴史的建造物を「オリンピックのためだから」と平気で破壊してしまったらしい。
それが今頃になって「世界遺産登録」の動きをするなんてなんて皮肉な話だろう。
イギリス人は絶対にそういうことをしないからね。
当時の日本は高度成長期の色々な事情があったにせよ、残念ながらこの辺りの民度に関しては今なお欧米とは大きな隔たりがあることを認めざるを得ない。
15さて、今日は待ちに待ったGRANRODEO。
久しぶりだ~…と思って過去のMarshall Blogを調べてみた。
LOUDNESSのイベントへの出演が何度かあってGRANRODEOのステージには接していたものの、「単独の公演」ということなると、ナント、2018年の十日町以来のことだった!
あの時も楽しかったな~。
730この時のようすはコチラね。
  ↓ ↓ ↓
GRANRODEO LIVE 2018 『e-ZUKA 十日町凱旋ロデオごったく:あさささ、ごーぎだども あちこたねぇすけこらっしゃい』~私の新潟<前編>
同<中編>
同<後編>
 
この時勉強したのが、冬の魚沼の暮らしを描いた江戸天保年間の大ベストセラー『北越雪譜(ほくえつせっぷ)』。
十日町のコンサートから帰って来てすぐにアマゾンにオーダーした。
全部は読んでいないが、雪道で遭難して凍死を覚悟したところ、偶然見つけた洞窟に逃げ込み、そこで冬眠していたクマに助けられて生き残った話…などなかなかにオモシロイ。
今年は寒さが厳しいので雪国の方々は大変な日々を送られていることと思う。
私も富山と長野の暮らしを通算約10年ほど経験したので、雪の苦労を少しは知っているつもり。0r4a0880_2そして、今回の代々木体育館は1月14日と15日の2日連続公演。
その2日目、『G16 ROCK☆SHOW』にお邪魔して来た。
 
久しぶりの代々木体育館だ~…と思って過去のMarshall Blogを調べてみた。
『G11 ROCK☆SHOW』以来5年ぶりのことだった。Img_0037 その時のようすはコチラね。
  ↓ ↓ ↓
GRANRODEO LIVE 2016 G11 ROCK☆SHOW -TRECAN ▶⦿◀ PARTY- <前編>
同<後編>
 
ま、こうして齢を重ねるとこうして過去を振りたがるモノなのよ。
しからば、私が初めてGRANRODEOのショウにお邪魔させて頂いたのはいつのことだったか…。
コレも調べてみると、2011年2月、今な無きZEPP TOKYOでの『LIVE TOUR 2011 REACH FOR THE BULLET』だった。
もう11年も前!
  
幸運にもそんな長いお付き合いをさせて頂いているものだから、今回スタッフの皆さんと久しぶりにお会いした時に色んなことを思い出して、抱き合いはしなかったものの、ホロっと来てしまったよ。
さながらパニック映画でよく見かける大災害の生存者同氏の思いがけない再会の場面のような気分。
「い、生きていたのか…ヨカッタ!」みたいな。
GRANRODEOの現場はそんなウォームなところなのだ。
16開場前のようす。
今回はアリーナ中央に舞台を設営した全方位スタイルを採った。20舞台の上からの景色。
あの一番奥には、かつて高飛び込みの台があった。
私は小学校6年生の時にココの「飛び込み教室」に参加して、ひと夏の間、週に1回通っていた。
今となってはココがプールだったことを知らない人がいるとことを知って驚いた。
戦前は陸軍の練兵場(兵隊を訓練するところ)だったんだよ…自分で見たワケじゃないけど。
すぐ隣のかつて渋谷公会堂があったところには「衛戍監獄(えいじゅかんごく)」という陸軍の刑務所があって、昭和11年に勃発した「二・二六事件」の首謀者たちはそこで処刑された。
敗戦後、この体育館の場所には「ワシントンハイツ」というアメリカ軍の兵舎並びにその家族用の居住宿舎が建てられた。
だからココは戦後のある期間、「アメリカ」だったんよ。30今回、ステージの上にはMarshallの壁が見当たらない。
90下手に設置されたハーフ・スタックがひとつ。
コレはサポート・ギタリスト、藤沢健至さんのJVM410と1960B。
115v(尾崎放哉風)Marshallのうらに廻る。
予備のJVM410Hが控えていた。
プロは大事なステージでは必ずスペアを用意する。
エアロスミスは「スペアのスペア」まで準備しておかないと気が済まないらしい。
116vステージの下には健至さんが使用するギターがズラリ。
117下手側(KISHOWさん側)の花道。
写真の左下に赤く見えているのはe-ZUKAさんの機材群。
40こんな感じ。
110e-ZUKAさんはもちろんMarshall。
長年愛用しているJCM2000 DSL50が2台。
120スピーカー・キャビネットは1960BV。130そして、e-ZUKAさんの愛竿がズラリ。140コッチにも。

150v今回は全方位型ステージということでGRANRODEOのコンサートのシンボル「Marshallの壁」はなし。
チョット寂しいナ…と思ったらトンデモない!
見たまえキミ!…ステージの下を!
80ズラリとMarshallがハメこまれている!60スピーカー・キャビネットだけでなくアンプ・ヘッドも!70それが照明に照らされて実にいい感じ!
私も仕事柄色んなMarshallの設置パターンを見て来たけど、こんなの初めて!
やっぱりGRANRODEOのコンサートには「Marshallズラリ」がつきものなのさ!50コレが本番ではどうなるかとワクワクしながら開演を待つ。
客電が落ちて、お客さんが振るペンライトが一面に広がって「キレイだな~」とボケっとしていたら…バンッ!

突然規格外の爆発音!
コレには驚いたゼ~。
155そして、GRANRODEOの2人が姿を現した。160ますはアコースティックで「welcome to the world」。170そして、バンドが加わって「BEFORE THE DAWN」。180KISHOW(谷山紀章)190e-ZUKA(飯塚昌明)200v瀧田イサム210vSHiN

220…といういつものメンバーに加えて…
 
藤澤健至230vパーカッションの山下由紀子。240v三管編成のホーン・セクションは「りょうちゃんホーンズ」。250そしてヴァイオリンの星野沙織と佐野まゆみのチェロが加わった。
何たる豪華な布陣。
GRANRODEOの大きなステージにはよくホーン・セクションが加わるが今回はストリングスまで!
もうこうなるとチョットした管弦楽団よ。
尚、この編成は2日目の『G16』だけ。260まるでクラシックのコンサートで、演奏の直前に指揮者がオーケストラの面々に向かってコンタクトを取っているかのようなe-ZUKAさんのしぐさ。
「よろしく頼むゼイ!」というところ。Granrodeos41a0085 久しぶりのe-ZUKAさんの生のギター。
いつもは「Marshall」のロゴが後ろに観ているんだけど、今回は下。
今日もたくさんカッコいいフレーズを弾いてくれることであろう。430v すごい歓声!…と言いたいところだけど、声はダメよ、ダメダメ。
溜まりに溜まったお客さんの興奮は大きな拍手と熱気になってステージのメンバーに届けられた。
300曲は続けて「We wanna R&R SHOW 2022」へ。
生配信用のカメラ・クレーン2台がブインブイン動き回る。270やっぱりKISHOWさんの声はいいナァ~!280v盛り上がること必至のストレートなエイト・ビート・ナンバー。290v早速ゴキゲンなギター・ソロいただきました!410v瀧田さんも冒頭から猛ハッスル!440v健ちゃんもステージ下手の奥の方でギンギンにノリまくってる!
e-ZUKAさんと瀧田さんと健ちゃんの3人が織りなすこの光景…450そうだ『おれパラ』の富士急ハイランド以来だ!
アレももう5年前か~!
あの時はGRANRODEOのおかげで「富士講」を勉強することができた。
「吉田うどん」はアレから一度も食べていない。
  
この時のようすはコチラね。
  ↓ ↓ ↓
-おれパラ- 10th Anniversary ORE!! SUMMER~私の富士山 <前編>
同<後編>

530 ココで2人のMC。
まずはKISHOWさん。
「皆さん、こんばんは!GRANRODEOです。
『G16』へようこそ!
ご覧の通り今回は『GRANRODEO LIVE 2022 G16 ROCK☆SHOW ”RODEO-SOUNDS PARADE”』ということで、“SOUNDS PARADE=サンパレ"…『サンパレ楽団』でございます。
勝手にボクが名付けさせて頂きました。
大所帯なもんですから、リハも重ねに重ね『よし行くぞ!』って感じで強烈な爆発音…割と段取りの記憶が飛んでしまったような?
客席の皆様におかれましては、死人とか出てないですかね?
大丈夫ですか?
最後までこのステージ上で楽しんでいきたいと思います。
皆さんも同じように楽しんで欲しいと思います」
爆発音、かなりスゴかったです。
「ココで鳴らす?」という想定外の演出もあいまって、皆さんマジでぶっタマげておいででしたよ。
そしてe-ZUKAさんのMCは定番の滑り出しで…。
「G16ベイビ―!こんばんは、e-ZUKAです!
”RODEO-SOUNDS PARADE=サンパレ"。
『サンパレ楽団』、あっぱれ!
うれしいです!
今日、残念ながらキーボードのMaoくんが不参加という形になったんですけど、昨日いろいろ協力してもらってデーターのやり取りをしました。
キーボードの音だけはマオくんの音が流れております。
だからマオくんだけ今日は間違えません!
後でお話ししますけど、症状も軽いということで…。
参加できないのは残念だということで。まぁ、今日はこのメンバーで楽しんでいきましょう!」
Maoくんとは9月に会ったばかりとはいえ、会えなくて残念!
そして、この日も生配信が行われていることについてKISHOWさんが説明した。Mc MCの後は「Treasure Pleasure」。
Granrodeo0r4a0061_2KISHOWさんも上着を脱いで「Punky Funky Love」。S41a0294 ステージ下手ではe-ZUKAさんが花道に出張。
周りのお客さん大喜び!Granrodeo0r4a0072続けておなじみ「バラライ」。Granrodeo0r4a0096ココで雰囲気がガラリと変わる。
ヴァイオリンの星野さんが有名なパガニーニの「24のカプリース」をシットリと弾いたのだ。
曲はそのまま「偏愛の輪舞曲」へ。460vチョットここで脱線。
Marshall Blogにパガニーニが出て来るなんてことはメッタにありませんからね。
ココはロンドンのマリルボンにある「王立音楽院(Royal Academy of Music)」。
エルトン・ジョンはココのOB。
リック・ウェイクマンは中退。
写真は同校の博物館で、ココがやたらとスゴイ。
ベートーヴェンが弾いていたピアノだの、ストラディバリウスやアマティなんかがゾロゾロ展示してある。
もちろん入館無料。Img_0601 そこに飾ってあるのがニコロ・パガニーニの肖像画。
パガニーニは超人的な演奏技巧…いわゆる「超絶」っていうヤツですな…を用いて数々の名曲を残したが、秘密主義者で誰にもわからないように暗号で楽譜を書いていた。
そんな行為に加え、身体が弱く不健康なルックスから「悪魔に魂を売ってその才能を手に入れた」という噂が立ったという。
その証拠にある時、コンサートの演奏中に弦が切れてしまった。
連続してまた1本切れ、さらにまた1本切れ、とうとう最後の1本まで切れてしまった…しかし、パガニーニのヴァイオリンからは音が出続けていた…という。
ウッソだろ~。
ま、あんなに美しい音楽とは対照的にそれだけ神秘的な音楽家だったらしい。
そこでこの肖像画をよく見てみると…Img_0582 ね、ヴァイオリンも弦が切れちゃってるの。
私はこの弦の話をかなり昔から知っていたので、この肖像画を目にした時は「やっぱり!」とうれしくなった。
脱線終わり。Img_0583 今度はヴァイオリンとパーカッションでアイリッシュ風味の「フォルテ」。S41a0445 星野さんの奏でる美しいヴァイオリン・ソロが会場に鳴り響いた。S41a0364 「Blue Pandra Box」ではジェット・スモークがドバーっと飛び出して雰囲気を盛り上げた。
この辺りは毛色の変わった曲が連なっていてまたオモシロかったね!Granrodeo0r4a0108 『カルマとラビリンス』と同じ曲順で「silence」。
e-ZUKAさんの弾くシャープなリフから猛烈に疾駆するドライビング・ナンバー。S41a0327「♪silence!」…今回はみんなで歌うことができなかったけど、きっともうチョットのガマンだよ。
S41a0493GRANRODEOの詳しい情報はコチラ⇒GRANRODEO Official Website

Granrodeo0r4a0116 <後編>につづく
 

 ■□■□■□■□■□お知らせ■□■□■□■□■□■□
Marshall Music Store Japan

Marshallのレコード屋さん「マーシャル・ミュージック・ストア・ジャパン」営業中です!
Marshall Recordsのバンドの作品を販売するお店。

Canterbury こんな商品を扱っています。

7keywest Keywest(キーウエスト)。


 
Marshall Music Store Japanはコチラ
  ↓   ↓   ↓
Marshall Music Store Japan

 200(一部敬称略 2022年1月15日 国立代々木競技場第一体育館にて撮影