Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。
【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【CODE/GATEWAYの通信トラブルを解決するには】

« 田川ヒロアキ~GUITAR STATION 2022 AUTUMNツアー・ファイナル<後編> | メイン | 極東Pop Culture 3~Wanna another drink? <後編> »

2023年1月19日 (木)

極東Pop Culture 3~Wanna another drink? <前編>

 
Superb Hop Band なるオーケストラの『極東Pop Culture 3』と題したコンサートにお邪魔して来た。
アニメの音楽をジャズのビッグ・バンド・サウンドでお届けする…という趣向。
私の場合、「アニメ」といえば『ひみつのアッコちゃん』や『あしたのジョー』とかの世代ですからね。
一番新しくて『ド根性ガエル』ってとこか?
『花のピュンピュン丸』と『ジャングル黒べえ』は好きだったナァ。
だから今のアニメのことはナニひとつ知りません。
でも、Marshall Blogで何度か触れて来た通り、私は大学の時にジャズのオーケストラ、つまりビッグ・バンドに所属してギターを弾いていたのでこういうライブは大歓迎なのだ。
早くもMarshall Blog2回目の登場となる天王洲アイルの「KIWA」さんからお送りします。10vサキソフォン×4
トロンボーン×2
トランペット×3
リズム隊×5
というフルのビッグ・バンドをほんの少し縮小した編成のオーケストラ。20率いるのはアレンジと指揮を担当する木原塁。
頂戴した名刺の肩書を拝見すると「作・編曲/トランペット」とある。
トランペットで「塁さん」とくれば、ご両親はルイ・アームストロングかルイ・プリマのファンでいらっしゃるに違いない…と思ってご本人にお尋ねしたところ、どうも「アームストロング」の方らしい。
イヤ、私はルイ・プリマがとても好きでしてね。
「♪ジャスタジゴロ」なんてとてもいい調子ですからね。
他にルイ・スミスなんてトランぺッターもいたけど、普通それはないだろう。
もしくは「野球ファン」ということもあり得たかな?30vさて、このコンサートにお邪魔させて頂いたのは、ショボンちゃんがドラムスを担当すると聞いたから。40vもちろんショボンちゃんはNATAL。
「NATAL」は「ナール」と「タ」に強勢を置いて発音してくださいねッ!
今回はCafe Racerシリーズの「TJ」というジャズ向けのキットに10"のタムを追加した布陣で臨んだ。
10"、12"、14"、18"というコンフィギュレーション。50スネアはメイプルの14"×5.5"。
ツイン・ペダルもNATALだ。
ショボンちゃんによると、NATALのペダルは群を抜いて踏みやすいとのこと。60定刻となり、木原さんの指揮で演奏はスタート。Img_2731 曲は「TANK!」。
コレは『カウボーイビバップ』というアニメのオープニング曲…で合ってますか?
元々ビッグ・バンド・アレンジなのね?
コレ、我々世代だと『妖怪人間ベム』ということになるな。70_tkソリストはピアノのはまだりゅうじ。70vやっぱりショボンちゃんのドラムスはいいナァ。
今回は「なるべく軽く叩いて欲しい」というリクエストを受けての演奏。Img_2507 もちろんリクエスト通りショボンちゃんは柔らかく叩いているんだけど、グイグイとドラムス音が前に出て来る。
音は大きくないんだけど、よくヌケるのね。
我ながら「いい音」だ!90vリズム隊は…ギターが佐々木正明。Img_2366 ベースが池尻晴乃介。
晴くんはその苗字でおわかりの通り、『Marshall GALA2』にSHOW-YAのsun-goさんのバンドで出演してくれた池尻喜子さんのご主人。
2人で「池尻家」というチームを組んでいらっしゃる。Img_2365 そして、パーカッションに岩月香央梨。Img_2707 さっそく木原さんからご挨拶。
「皆さん、ようこそお出でくださいました。
Superb Hop Bandでございます。
私たちはビックバンドよりも少し小さい編成でアニメとか、ゲームとか、そうしたいわゆる『サブカルチャー』の音楽をジャズ風にアレンジしたりして演奏しております。
将来的には他のジャンルの物にも挑戦したいと思っているんですけど、今のところそうした活動をメインに取り組んでおります」
100「今日の公演はだいたい1時間半くらい。
そんなに長くないステージにはなると思いますが最後まで楽しんで頂けたらうれしいです。
よろしくお願いします。
私がしゃべりますとチョット酸欠気味になってしまいますので、進行はカッコいい声の持ち主である篠宮くんにお任せしていきたいと思います」110v…と紹介されたのは観客瀬の後方に陣取って篠宮隆太。
ショウを通じて篠宮さんがすべてのMCを担当した。210v2曲目は「ペガサス幻想」。
「♪先生ヤ~」ってヤツね。
コレは知ってる。
アニソン系のバンドのライブで間違いなく取り上げられるもん。120_pgフルートからアルト・サックスに持ち替えた…0r4a0062 屋嘉一志のソロ。120vサックス・セクションは…
テナー・サックスの幸野あかね。0r4a0071 テナー・サックス、阿部力太。0r4a0068そして、バリトン・サックスが渡辺将也。0r4a0069 続いてのトランペット・ソロは…130Marshall Blogではもうおなじみの古屋ひろこ。
私が属していたオーケストラの後輩。
つまり同窓。
140vサックス・ソリもバッチリきまった!150『ふしぎの海のナディア』から「ブルーウォーター」。Img_2731_2 トランペットからフリューゲルホーンに持ち替えた松木理三郎のソロ。160_bwトランペット・セクションは村上泰平。Img_2444 そしてこの曲では手拍子を打って盛り上げたひろこちゃん…の3人。170v佐々木さんのギター・ソロに続いて…180v再び屋嘉さんのアルト。ソロ!190ココで篠宮さんのMCでメンバー紹介。
この日、幸野さんはお誕生日~!Img_2486 ショボンちゃんのドラムスからスタートしたのは…220v_gk『涼宮ハルヒの憂鬱』から「God Knows…」。
あ、ビーチボーイズかと思った!…ってゴメンね、こんなことぐらいしか書けないの。
ビーチボーイズは「God Only Knows」です。
200クラリネットに持ち替えた幸野さんのソロ。
幸野さんのパートはやたらと持ち替えが多くて、テナーサックス、フルート、クラリネット、バスクラリネットをとっかえひっかえやってた。230vひろこちゃんはバケット・ミュートを付けてのソロ。
240v続くピアノから始まるのは「帰らざる日々」は『紅の豚』から。
正しいですか?
260メンバーの出す音をひとつたりとも聞き逃さず厳しい表情でバンドを操る木原さん。
Img_2685 幸野さんはバスクラ。
バスクラリネットの音なんて普段聞くことないもんナァ。
吹く内容にようっては結構コワい音色だけど、コレって高い楽器なんだゼ~。250v_kzh幸野さん、チータ(立って)でクラリネット・ソロ。
お誕生日なんですから思いっきりやっちゃいな!Img_2496 トロンボーンのソロは島田直道。290vトロンボーン・セクションにはもうひとり、志賀健輔がテナー・バスを担当した。Img_2442劇場版『ONE PIECE』のオープニング・テーマ「ウィーアー!」。
篠宮さんのMCによると、デビッド・マシューズがこのバンドのためにペンを執ったそうだ。
Img_2662 デビッド・マシューズといえば…ちょうど私が大学のオーケストラにいた時に『Manhattan Jazz Quintetのファースト・アルバムが出てね、みんな夢中になってたよ。
特にラッパの連中はルー・ソロフにヤラれちゃってたっけナァ。
このクインテットにはギターがいないので、私は特段気にかけなかったが、ジョージ・ヤングのサックスのストラップだけは気になったことを覚えている。
このアルバムは1984年のリリースだっていうから…アレから39年も経ったのかよ!
Mjq 岩月さんのパーカッションが大活躍!310v_wa晴くんも何度かベースを持ち替えての大熱演。
さすがの技巧派…ドリムシとかけ離れた演奏もバッチリだ!320vトランペット・セクションは今度はハーマン・ミュート、トロンボーン・セクションはバケット・ミュートを取り付けてのプレイ。
いつも思うんだけど、金管の人たちのミュートの管理もなかなかに忙しいよな。
「1音だけカップ・ミュート」とかいう時もあるもんね?
270阿部さんのテナーのソロ。330vそして、お待ちかね…ショボンちゃんのソロ!340v軽~くね…。
でも、音はメッチャ熱い!
やっぱりショボンちゃんのドラムスは素晴らしい。350v「ありがとうございました!」
第1部終了。
 
Superb Hop Bandの詳しい情報はコチラ

Twitter
Facebook
YouTube
Superb Hop Band Suporter's Garden
Img_2782 ココで15分の休憩が入った。
 
#歴史好きの皆さんへ!#
ひろこちゃんのイベントのレポートに会場周辺の「歴史散歩」を掲載しています。
「品川」ってのはスゴイところです。
興味のある方はゼヒご覧あれ!
THE OMATSURIES 秋の大感謝祭 <前編>~私の品川宿
THE OMATSURIES 秋の大感謝祭 <後編>~私の品川富士と鈴ヶ森

360<後編>につづく
 

☆☆☆Marshall Music Store Japanからのお知らせ☆☆☆
 
今日のバンドのテーマはアニメ・ミュージック。
『ルパン三世のテーマ』を華麗に弾きこなすMarshallの女性ギタリストYuki。

このYukiちゃんが所属しているのがD_Drive。
日本のアニメやゲームが世界的に浸透している昨今、海外で活躍するバンドも珍しくなくなりましたが、D_Driveはアニメともゲームとも隔絶した自分たちが作った音楽だけで世界デビューしたバンドです。
今日のライブもインストゥルメンタル。
D_Driveもインストルメンタル。
「インストルメンタル」に何の違いがありましょうや?
是非、D_Driveの世界をご賞味くださいませ。
 
<だるまさんは転ばない(Red Light, Green Light)>

コチラはYukiちゃんがアンバサダーを務めるSONY Xperiaとのコラボレーションで制作した最新ビデオ<Wings>。

<Thmbs Up>

<Begin Again>

Marshall Recordsが世界にリリースするセカンドアルバム『DYNAMOTIVE』絶賛発売中!

9dynaMarshall Music Store Japanでお買い上げのお客様にはMarshall特製スクエア・ロゴ・ステッカーを3枚プレゼント!
 
お求めはコチラ⇒Marshall Music Store Japan

9img_9727 

200 (一部敬称略 2022年12月12日 天王洲アイルKIWAにて撮影)