Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。
【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【CODE/GATEWAYの通信トラブルを解決するには】

« CODEをBREAKして、CRASHして、そしてDECODEする! <動画つき> | メイン | 今日は少しNATALの話でもしようか »

2020年6月23日 (火)

Marshall GALA2ビデオ公開! vol.6~D_Drive

 
『Marshall GALA2』の6番手はD_Drive。

11_0r4a0318Seiji

SeijiYuki

YukiToshi

ToshiChiiko

ChiikoYOUNG GUITARの最新号見た?
『YGジャム・セッション』と銘打って読者参加型のヴァーチャル・ジャム・セッションがフィーチュアされている。Ygfそのジャム・セッション、ザック・ワイルド、ジョージ・リンチ、ダグ・アルドリッチらに混ざってSeijiさんとYukiちゃんが参加している。
誌面には2人インタビューやフレーズ解説を掲載。
すごいことができる時代になったもんスな~。
記事には昨年の『Marshall Live』の時の写真が使われている。11_yg1しかし!
あの『Marshall Live』からもう丸1年だよ!
チョット振り返ってみると…。

Marshall Live vol.1~ D_Drive<前編>

490Marshall Live vol.2 ~ D_Drive<後編>

120_co 演奏の後、Marshallビールも飲んだんだっけ。
多分、Marshallビールを最初に飲んだ日本人だぜ。

400_2たった1年なのにずいぶん忘れてるな。
このライブ・レポートも次の日からマンチェスターへ行くので、「その前に…」とMarshallの事務所でスティーブの隣でセッセと書いたんだわ。

11_img_0045それと、先日神戸の新開地で開催されたロックとダンスとマルチメディアの融合作品『チェリーを三つ入れてください。』のメンバーが、神戸市が主導する「STAY HOME」を喚起するビデオの制作に取り組み、見事D_Driveの作品が採用された。
それがコレ。


D_Driveは「47都道府県をめぐるツアー」の途上でコロナ禍に巻き込まれてしまい、残念ながら今のところ今後の予定が立てられない状態にあるが、大阪の方はライブ復活の兆しも見え始めた。
8月8日の『SUPER ROCK JAM』というイベントにAPHRODITEやALL IMAGES BLAZINGに混ざってD_Driveも出演する。11_ah一方、昨日もMarshall Recordsの連中と話をしたんだけど、レディングでコワイ事件が発生したモノの、イギリスも大分ロックダウンが解けて来て、陽気のよさも手伝って世の中の雰囲気が好転してきたようだ。
しかし、日本でも報道されているように、驚くことにロンドンのウエストエンドは、お芝居もミュージカルも年内の公演をすべて中止にしたと聞いた。
11_img_0046…となると、『THE MOUSETRAP』の記録も止まってしまうな…この話は今制作中の『イギリス-名所めぐり』でまたやらせて頂きます。  
とにかくウエスト・エンドはブロードウェイと並ぶ世界のショウ・ビジネスの中心だからね。
コロナの脅威とそれに対するイギリス人の慎重さが窺えるというモノだ。
日本のライブ・ビジネスもどうか無事に運営されることを祈っている。

11_2img_0419_2 はい、それではお待たせしました。
『Marshall GALA2』のD_Drive。
この日、初めてSeijiさんとYukiちゃんのJVMのフル・スタックがお披露目となった。

0r4a0037その辺りにも注目して欲しいです。

0r4a0120それでは、当日は3曲演奏してくれたんだけど、事情により今日は1曲だけお送り致しま~す!

200
(一部敬称略)