【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« SHOW-YA メタメイカン~METALLIC 鹿鳴館~ DAY2 <前編> | メイン | 1000のMarshall Blog! <Day1> »

2016年10月21日 (金)

SHOW-YA メタメイカン~METALLIC 鹿鳴館~ DAY2 <後編>

さて、『メタメイカン~METALLIC 鹿鳴館~ DAY2 』の<後編>。

440ショウの後半に入る前にお楽しみのMCコ~ナ~!
90v
いつも通りまずはドラマー。
角田mittan美喜

10早口に挑戦するというmittan。
この時はリオの直後だったので話題はオリンピック。
「美しい柔道、美しい水泳…鬼のようなトレーニングをして美しさを追求する日本人に感動。
そして、忍耐力。
コレはご先祖様に感謝しなければいけません。
SHOW-YAも31周年。
戦いながらここまで来ました。
これからも安心してライブに来てください!」
アレ?早口だった?

20vつづいてベース、仙波さとみ

30「元気ですか~?ホント、mittanってかわいいよね~。」とmittanが巻き起こすお笑いエピソードを披露。
さとさんは後ほど大フィーチュアする。

40v_3キーボード、中村美紀

50「爆笑、爆笑の後でやりづらい!
昨日、こうしてしゃべろうと思っていたことを忘れてしまって…。今日も思い出せなかった!
段々覚える能力が衰えていくのを実感しています。sun-goがmittanに向かって『さとチャン!』って話しかけてたけど…。
色々あるけど、この五人でしかできないSHOW-YAをこれからもよろしくお願いします!」
ホント、何かを覚えることが大変になってきた。
特に困るのがコンピュータの操作。ほんの数分前にしたことをしようとしても、もう忘れてる!

60v_2ギター、五十嵐sun-go美貴

70「このメンバーになったSHOW-YAが初めて演ったのがこの鹿鳴館だった。」…と切り出し、先ごろお亡くなりになったった鹿鳴館の社長に弔意を表した。
続けて、「ミキちゃんはあと三年で還暦。他のメンバーも五十台半ばになってきた。
この先何が起こるかわからないのでライブは一本も逃さず観に来てくださ~い!」
そして、昨日sun-goさんが歌った八代亜紀の「舟歌」のバトンを今日はキャプテンに渡した。

80v「♪お酒はぬるめの燗がいい~、お酒はぬるめの燗がいい~、お酒はぬるめの燗がいい~、お酒はぬるめの燗がいい~、」…いつも恵子さんがやってるヤツね。

100v_fuいつもは恵子さんのア・カペラだけど、今日はハードにバンドで演奏。
ムムム、カッコいい!

120_wll
キャプテンの大熱唱に客席から惜しみない大喝采が贈られた。

110ハイ、ここで脱線。
冒頭、私はmittanのことを「ドラマー」とお呼びしましたね?
「ドラマー」とか「ゴルファー」とか、名詞を変形させてその動作をする人を表す言葉を確か「動作主名詞」って言った気がするんだけど、楽器を弾く人で「-er」を付けて動作主名詞を作れるのは、パッと思いつくのはdrumとtrumpetだけなんだよね。
すなわちドラマーにトランぺッター。
トランペットは「トランペッティスト」という呼び名もあるようだが、楽器の場合は「~イスト」が普通でしょ?
コレには、「一音節の動詞は動作主名詞にしてもよい」という基本的なルールがあって、例を挙げると、スイマーとかスキーヤーみたいなヤツ。
これらは「swim」、「ski」といった一音節の動詞が元になっているからそういう形をとる。
「バスケット・ボーラー」とか「アーチャラー」とか言わないでしょ?「バスケット・ボール・プレイヤー」とか「アーチェリスト」と呼ぶハズだ。
一方、楽器はどうかというと、楽器名そのものが動詞になっていることはまずないので、一音節の名詞でも「~イスト」となる、と考えてもよさそうだ。
「guitar」は二音節だから「ギタラー」にはしない。
でも「bass」は一音節だから「ベーサー」でもよさそうなもんだけど「ベーシスト」っていうでしょ?
コレは「bass」という動詞がないから。
さて、この辺りでタネ明かしをすると…「drum」という言葉には「太鼓を打つ」という動詞があるんですよ。
だから「-er」を付けて「ドラマー」という呼び方ができるワケ。
おもしろいでしょ~?
それじゃトランペットは?
そう!トランペットもナント動詞がある。
「トランペットで~を知らせる」という意味になる。おそらく太古の軍事用語だったんじゃないかね?
だから「-er」を付けて「トランぺッター」と言える。
…ってんで、他の楽器についても調べてみると、「チューパ」は何というか…「チューバー」?
いいえ、「tuba」には動詞がないので「tubaist(チューバイスト)」となる。
同様に「オーボイスト」、「クラリネッティスト」、「ピッコロイスト」等になる。
ユーフォニウムはチョット例外で「ユーフォニウミスト」と言わずに「ユーフォ二スト」となるらしい。
ところで、「キーボーディスト」なんていうのを時々見かけるけどアレって何か座りが悪い言葉だよね?「キーボード・プレイヤー」の方がいい。
そう、このようにどう呼んでいいのかわからない場合は「~・プレイヤー」としておくのが安全。
「チューバ・プレイヤー」とか言っても何ら問題なし。
こういう話はまだあるんよ、「ボーカル」と「シンガー」の違いとかね…コレはまた別の機会に…。
ハイ、脱線終わり!

楽しいMCコーナーの次はコピー・コーナー!

05_2

まずは「Whole Lotta Love」。
「胸いっぱいの愛を」はいい訳だ。

130_2Led Zeppelinが立った同じMarqueeのステージでギターを弾くことができて最高にうれしかったというsun-goさん。
そりゃそうだ!
とくれば一層気合が入る!

★sun-goさんとのMarqueeのインタビューはコチラ⇒【イギリス-ロック名所めぐり】vol.20~Marquee物語 <後編>

140v続いて「Burn」。

150_b恵子さんが歌詞を読むのが大変だ…という話をしていたけど、ホント、日に日に細かい字やインクが薄い文字、黒字に赤い文字とか読めなくなってくるんだよ。
皆さん、名刺にメールアドレスを印刷するときはフォントの級数をガツンと上げて頂きたい!
フォントが小さいと「i」「l」「1」や「6」「8」「9」が解読できないので~す!
アタシャ、Marshall Blogをやるようになって飛躍的に目が悪くなったわ。
朝から晩まで写真を見て、文字を打ってりゃ仕方ないよね。
一方では、あの老眼鏡の快適さはなんだ!クッキリときて気持ちいのなんのって!
今度の免許の更新は間違いなく「眼鏡等」の条件が付くわ。

170v_mcさて、SHOW-YAの鹿鳴館もいよいよ最終コーナーだぞ!

180_gamまずは「ギャンブリング」。

190_2この辺りからは瞬きもできないからね。
脚立から落ちないように気をつけなきゃ!
そういえば昨日の記事、「脚立」を「三脚」って書いてたでしょ?三脚にはさすがに乗れません。訂正しておきました。

続いて「私は嵐」。

230v

ライト・ハンドをフィーチュアしたギター・ソロがさく裂!
それにしても何とヌケのいい音!

2_s41a0897 オラオラ、さとさんのベース・ソロを喰らいやがれッ!

235vちょっとコピーしてみた!
♪ゲゲゲゲゲゲゲゲゲゴゴゲゴゴゲゴ、ゲゲゲゲゲゲゲゲゲゴゴゲゴゴゲゴ!

240vそしていつもの「嵐」ポーズ。

250_2キマった~!

260v_2みんなで合唱「♪私は嵐、私は炎」…楽しいね~「嵐」は!

P

矢継ぎ早に「FAIRY」だよ!

270_frいつ聴いても名曲だね~。

280フェアリー・ポーズ!
コレね、おふたりをうまく撮るのが実に難しい。

290激演による汗で濡れた髪をかき上げお客さんを見つめる恵子さん。

300vキーボーダー、キャプテンのソロ!
470
そして興奮のフォーメーション。

320いつも通り、それこそ「嵐」のようなパフォーマンスで本編の幕を降ろした。

330本編14曲。
いつもとは異なるセットリストにお客さんも大よろこび!
心配していた室温も何ともなくてカメラの動きも絶好調。私も大よろこび!

340_3さて、アンコール。
恵子さんから物販の紹介。
今回、目を引いたのは…

350_mcコレ。
ネギを入れる袋で「ネギ袋」。
SHOW-YAのロゴ入りだぜ!

Photoネギは大層身体によい…と恵子さんのご推奨で、以前「SHOW-YA」と呑み屋の「庄や」のコラボレーション企画の時に、恵子さんが「SHOW-YAなべ」というネギとショウガをタップリ使った鍋料理を紹介してくれたことがあった。
コレがものすごくおいしくて、コピーさせて頂いた。今でも頻繁にウチの食卓に上がっている。
自然農法のショウガを取り寄せて(香りも触感も色もスーパーのヤツとは全く違う!)、五、六本の長ネギを全部白髪ネギにして、ダシを入れた鍋に豚のバラ肉とともに入れ、ラー油をチョット足して頂く。
これがバカうま!
うちでは豆腐を入れたり、時々くずきりを入れたりしてアレンジをして楽しんでいるが、何でもかんでも入れちゃって最終的に「寄せ鍋」になっちゃわないように気をつけている。
私が撮った恵子さんの写真を使って作られたこの大きなキャンペーン・ポスターもうれしかったけど、このSHOW-YAナベも大ヒットだった。
恵子さん、ありがとうございました~!

370vさて、ステージ。
♪ハッピバースデイトゥ~ユ~…。
そう、この日はさとみさんのお誕生日だったのだ!

380恵子さんがケーキを持ち込んで、フゥ~。
でも、何か様子が変だ…。

390「あのケーキ、ヤキソバなんだよ~!」

400vこんなの!
何でさとさんの時はやきそばなの?
でも干支のウサちゃんがかわいくウインクしてるよ。
…っていうか、コレ完全にケーキじゃないじゃん!
誰がこんなこと考えたの?メッチャおもしろい!

420

でもさとみさん、うれしそう!

410_2…ということで記念撮影。
ヤキソバ手にして記念撮影なんて…コレ、ローソクがささってなかったら、さとみさんがお好み焼き屋さんでも始めたのかと思っちゃうじゃん?
「祝開店!SHOW-YAのお好み焼きとヤキソバ!…限界まで食べて!その後に殺しちゃうよ~!」…みたいな。
店名は「五三」?ウチの近所に「七五三」っていうお好み焼き屋が本当にあるけどね。

430_2さて、ヤキソバは後で頂くことにして…アンコールは「限界LOVERS」!

440大歓声にこたえて最後まで激演を繰り広げた五人!

450

460

160v_2

490さとみさん、お誕生日おめでとう!

480

楽器が当たっちゃうと危ないので、竿回しはひとりずつ回す。

1_img_0245_2 mittanの顔!スッカリ見慣れていると思うんですけど…。

9_img_0247 sun-goさんも!

9_img_0243 竿もスムーズに回って無事フィニッシュ!
500SHOW-YAの詳しい情報はコチラ⇒SHOW-YAオフィシャルサイト

510お客さんとの別れを惜しむメンバー。
サービス満点だよ!

520

530v

540

550こうして二日間にわたるSHOW-YAの熱狂の鹿鳴館が幕を閉じたのであった。

次は12月4日の六本木EXシアターの『メタロッポン~METALLIC ROPPONGI~』。
今年最後のコンサート。
お見逃しのないように!

560vところで恵子さん、一昨日、13年ぶりに7枚目のソロ・アルバム『PIECE OF MY HEART』を発表した。
今、それを記念したツアーを敢行中。
22日の東京公演が千秋楽となる。
ギターは原田喧太。
私もお邪魔してきます。楽しみ!

寺田恵子の詳しい情報はコチラ⇒KEIKO TERADA OFFICIAL SITE

570cdまた来年もSHOW-YAが鹿鳴館に帰って来てくれますように…。

580P.S. 実は、この記事、Marshall Blog的にすごいタイミングで掲載させて頂きました。
そのココロは…月曜日をお楽しみに!

(一部敬称略 2016年8月28日 目黒鹿鳴館にて撮影)