【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【梅村デザイン研究所】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« 【NAONのYAON 2015~SUMMER~】 vol.4:中川翔子、渡瀬マキ登場! | メイン | 【NAONのYAON 2015~SUMMER~】 vol.6:SHOW-YA with ALL STARS <前編>! »

2015年10月14日 (水)

【NAONのYAON 2015~SUMMER~】 vol.5:八神純子、SHOW-YA登場!

永遠に続くと思われそうな今回の『NAONのYAON』もいよいよ佳境だってばょ。
でも、まだまだレポートは続くよ。
あ~あ~、客席はこんなに盛り上がっちゃってるってばょ。
つぎはJILLさんの登場だ。
まず演奏したのは杏子さんを迎えての「DEAR FRIENDS」。
バンド・メンバーががまたここでガラリと替わる。

Img_0075まずはアコギを手にしたsun-go!

10vキーボードはCyntiaからAYANO。

20vギターは引き続き久美さん

30vベースに入ったのは山田直子

40vドラムはmittan。

50二曲目で電気ギターに持ち替えたsun-goさん。

60ああ、ここでようやくsun-goさんのMarshallが紹介できる。
ここまで長かった~!
…といっても、いつもと同じの安定のバックライン。
ヘッドはJVM410H。

70キャビネットは1960BDM。

80実はワタシ、イギリスつながりで直子さんとは仲良しなのだ~。
だから、今回久しぶりに「NAONのYAON」に直子さんが出演したのはよろこびのひとつ。

S41a5613 そんな関係なもんだから、数年前に直子さんが渡英した際、Marshallの工場に遊びに行ってもらったんよ。
130v
杏子さんが退場しての二曲目は「Maybe Crazee」。
2013年以来の出演となった久美さん、今回も存在感にあふれたギター・プレイで名シーンを演出してくれた。
110
AYANOさんはこの後のセットでも活躍。

120v

そして、リズム隊。
直子さんとmittanはかつてeha!というグループのバンド・メイト…

90vそれだけにイキのあったこのセットのリズム隊は聴きごたえ満点だった!

100v10番目のステージは八神純子!

140vここでもバンド・メンバーが入れ替える。最後の最後まで緻密な演出だ!…まだ全然最後じゃないけど。
ギターにYUIちゃん。

150vYUIちゃんのバンド・メイトのAYANOちゃんはそのまま。
250v
ベースは渡辺敦子
170v
そのパートナーの富田京子
ウマいことラインナップするな~。

160vこのセットはツイン・ドラムで香織さんが再びドラム・スローンに座る。

175vさらにシンガーがふたり。
石田ミホコと…

180v稚菜

190v曲は1981年にリリースされた「I'm a woman」。

200稚菜ちゃんはかつてオープニング・アクトでピアノの弾き語りを披露した。
今日は大先輩との共演!

210さすがの存在感。伸びやかで美しい声は健在!

220vココも盛り上がったよ~!

225曲は「パープルタウン」。
この曲が大ヒットしたのは1980年。私はプロ・ギタリストになりたくて三文役者に混ぜてもらっていた頃だった。すなわちドロッドロのロック・バカだった。
でも、この曲が大スキで超珍しくロック以外のシングル盤を買った。
「トーホー堂」のビニール袋がなつかしい。
今は無き「トーホー堂」は新小岩びあった小さなレコード屋さんだ。滅多にそこで買ったことはなかったが、チャクラのファーストアルバムとYMOの『パブリック・プレッシャー』を買ったのを覚えてるナ。
このトーホー堂、後で知って驚いたのだが、演歌歌手の聖地だったらしい。間口二間ほどの小さなレコード屋さんの店先に立って歌ってプロモーションをしないと売れない…というジンクスが演歌界にあったんだってサ。
で、それとは関係なしに「パープルタウン」。
この曲はRay KennedyやらDavid Fosterの「You Oughta know by Now」という曲が元曲で、それに八神さんが「♪パープルタウン」のサビを付け足してできている。
私は原曲の部分より、八神さんが作ったパートが断然好きだった。
その時から15年ぐらい経って初めてニューヨークへ行った。
ブロードウェイもフィフス・アヴェニューもレキシントン・アヴェニューも、歩く時に口ずさんだのは「パープルタウン」のサビだった。コロンバス・サークルからバッテリー・パークまでブロードウェイを歩いてみたけど、メッチャおもしろかったナ。足は死んだけど。
そんなだから今回はシャッターを切りながら八神さんと一緒に歌わせて頂きました!
(ちなみに「oughta」というのは「ought to」の短縮形で意味は「=should」。でも、私はこの「ought to」という表現をネイティブ・スピーカーから聞いたことは今までただの一度もない)

230_2
バック・バンドの演奏も非の打ち所のない素晴らしさ!

240_2♪もしかしてだけど(もしかしてだけど)、もしかしてだけど(もしかしてだけど)、みんなこの曲大好きなんじゃないの?

260v…というぐらいの充実したパフォーマンス。

270vツイン・ドラムで迫力満点だしね!

280vYUIちゃんが生まれる前の曲だもんね。
スゴイなNAONのYAONの出演者の幅は!

290v八神純子の詳しい情報はコチラ⇒オフィシャルウェブサイト

300チョット順序が後先になってしまって申し訳ないんだけど、当日の暑さ対策にこんな企画もお目見えした。
神取さん井上さん遠藤さんの女子プロ・チームが登場。

310水分補給も大切だけど、塩分の摂取もお忘れなく…ということで三人から塩アメのプレゼント!

320さて!
ゲストのステージをすべて終了し、いよいよSHOW-YAが登場だ!

330もうお気づきだとは思うが、いつもはゲストのステージにSHOW-YAのメンバーが合流して演奏を繰り広げたが、今回はその反対の企画となった。
つまりSHOW-YAのステージにゲストを迎え入れるというスタイルだ。

340でも、その前にSHOW-YA単体で一曲。
「私は嵐」!

350

360v

365v

370v

390やっぱ最高のホーム感。シャッターを切る人差し指が実に軽やか!

410「待ってました!」とばかりに客席も盛り上がってますな~。

9_img_0081 ん~、ダイナミック!さとさんのピックアップ・ソロ!

420「嵐」ポーズもバッチリきまった!

Img_0804 You ain't heard nothing yet!(お楽しみはこれからだ!) by Al Jolson

440vSHOW-YAの詳しい情報はコチラ⇒SHOW-YAオフィシャル・サイト

S41a6307 (一部敬称略 2015年8月23日 日比谷野外大音楽堂にて撮影)