【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【梅村デザイン研究所】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« 【NAONのYAON 2015~SUMMER~】 vol.3:GO-BANG'S、Gacharic Spin、アコースティック・コーナー登場! | メイン | 【NAONのYAON 2015~SUMMER~】 vol.5:八神純子、SHOW-YA登場! »

2015年10月13日 (火)

【NAONのYAON 2015~SUMMER~】 vol.4:中川翔子、渡瀬マキ登場!

まだまだ続くよ『NAONのYAON 2015~SUMMER~』レポート。
後半、二番目に登場したのは…

10中川翔子!

20vココから先はソロ・アーティストが登場する。
バック・バンド陣も豪華!

130v
Gacharic SpinからTOMO-ZO
60v
CyntiaからYUI。

50vオオ!ドラムにはSatoko

70LoVendoЯから宮澤茉凜。

80vKiLLKiLLSのERY。

90vそして、我らがキャプテン。
カメラのファインダー越しから浴びるこのホーム感。わっかるかな~?わっかんねーだろうな~?
「ようやく会えた~!」みたいな。

100vさっきの浴衣コーナーのシットリ感をすべて拭い去る嵐のようなステージ。

110v歌に入る前のに怒涛のようなしょこたんのアオリが素晴らしい!こんなにアオられてはノッちゃわないとモッタイナイ!

120曲はスマホ・アプリ『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』と『白猫プロジェクト』のコラボレーション企画としてテーマ曲に使用された「LUCKY DIP」。
急速調のドライビング・チューンで一気に最高潮。

150v

二曲目は「ドリドリ」。
『ポケットモンスターXY』のエンディング・テーマに起用されたしょこたんの18枚目のシングルだ。

140コレもアップ・テンポのエナジェティック・チューン。
サビの「♪ドリドリドリームパワー」のくだりが可愛いらしくてしょこたんにピッタリ!
ドラムはホンモノの「ドリ」だし。

160vココで恵子登場!

175v

「どうしたんですか、そのお胸のトゲトゲは?!」としょこたん。
そのしょこたんのアタマにはセミの抜け殻がッ!ホンモノだそうです。恵子さん、虫は苦手。
ちなみにセミは英語で「死刑だ!」といいます。つまり「cicada」と書いて「シケイダ」と読む。

170さ~て、恵子さんが加わってパワー倍増!

1802007年の「空色DAYS」。

190恵子さんもトゲトゲで熱唱!

195

しかし、ココのコーナーは出し物といい、パフォーマンスといい、本公演でももっと激しいハードなパートになった。
バック・バンドの激演がまたスゴかった!

200vERYちゃんのアタマにもシケイダが!

210vSatoちゃん、久しぶり~。相変わらず凄まじいお手前で…。昔はよく仕事に付き合ってもらったんよ~、Satoちゃん。
渋谷のタワレコの地下でのMarshallのイベントなんか懐かしい。
そして、浴衣姿のドラミングが可愛らしい!

220vギター陣も立て続けのハード・ナンバーに熱が入る!

230v

240v波長もテンションもガッツも近いおふたり。「さすがッ!」のパフォーマンス!

250中川翔子の詳しい情報はコチラ⇒しょこたんねっと

260vハイ、マーシャル・コマーシャル。
今日はMarshallブランド製品を二種類。
ひとつはMarshallのスマートホン、LONDON。

163_2もう各所で細かいことまでレビューされているが、それでも先日Marshall Blogでご紹介したところドエライ反響だった。
「いつどこで買えますか?」よいうご質問も頂戴したが、まだ今のところハッキリした情報はなし。

235ゴメンね。
ま、こういうものがある…ということで。

175そして、コチラは先日のあるギグ・レポートでシレっとふれたMarshall Eyewear。

E2要するにメガネの類。

E1サングラス各種。
以前にも触れたけど、コレね、スウェーデンの高級メガネ・フレームだけあって、ものすごくかけ心地がいいのですよ。
もちろん自分に合ったサイズを選ぶ必要はあるけど、我々「平たい顔族」の骨格にもピタッ~とハマる。
そして、フレームにさりげなく刻まれたMarshallスクリプト・ロゴ。
ク~カッケェ~!
車に乗る時はもちろん、いつも愛用してます。
N_me

E3

E4

E5

E6

 

メガネ用のフレームも用意されている。
サングラス同様、各モデルにはインスピレーションを得たミュージシャンの名前が付けられている。

E8

E9

E10

E11コチラもこれからの発売。
もっと商品について細かいことを書きたいんだけど、発売になったところでコレを話題に一本記事を仕立てようと思っているので寸止めしておくわ。
メガネに関しては検眼やレンズ製作の都合があるので、その辺りを含めてただいま輸入代理店の方で現在鋭意発売準備中。
詳細が決まり次第Marshall Blogでもお知らせします。
Marshall Eyewear(マーシャル・アイウェア)…よろしくお願いします。

E7

さて、野音の大ステージに次に上がったのは、渡瀬マキ。
275

最近は、マキさんをテレビで見ない日はもうないぐらいの活躍ぶりだ。
当日はノリノリのステージングで本職のロック・シンガーぶりをタップリ見せてくれた。

270バンドもガラリと替わっちゃうよ~!
Gacharic Spinからオレオレオナ。

280vギターに安達久美が入る。

290vドラムは小林香織。着用のサングラスはMarshall Eyewearではない。香織さん、出たらよろしく!

300vもうひとりのギターはLoVendoЯの魚住有希。

310vああ~またホーム感。さとみさん!

320v一曲目はLINDBERG時代の曲、「Believe in Love」。明るく可愛い失恋の歌。
お~、コレは本当の偶然。書いた時はまったく気が付かなかったけど、本シリーズのVol.1(オープニング・アクト編)でAniie Haslamの超名曲、「I Never Believed in Love」について触れたばかり!
ビックリしたわ~。
でもAnnieの方は正反対に恋に目覚めた幸せを歌ったものだ。

330vこういうのこそ「溌剌」というんだろうな~。
マキさんのそんな雰囲気を盛り立てるバンド陣。しょこたんの時と同じようなこと書いてるけど、
今回のこのバンドがガラリと替わっていくシステムもおもしろい。

335v

336v

337キャプテン、さとさん…とジワリ、ジワリとSHOW-YAのメンバーがステージに上がり出してきた。
クライマックスが近づいてきているという感じ?

370v二曲目は「Over the Top」。

380コチラも元気あふれるストレートなナンバー。

390そして、最後はSilent Sirenのすぅちゃんを呼び込んでの~…

410「今すぐKISS ME」!
やっぱいい曲だね~。大ヒット・ナンバーってのは作る側も演る側も、すべてにおいてよくできてる。
そして、背後にはMarshall。ロック・フィ―リング満点のステージだ!
400v
ウワッ!テレビ見ているみたい。もちろん恵子さんとのトークもバッチリ!

430渡瀬マキの詳しい情報はコチラ⇒オフィシャル・ブログ

420v
SHOW-YAの詳しい情報はコチラ⇒SHOW-YAオフィシャル・サイト

まだまだつづく。今回は長いよ!

(一部敬称略 2015年8月23日 日比谷野外大音楽堂にて撮影)