Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。
【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【CODE/GATEWAYの通信トラブルを解決するには】

« LIVE ROKUGENSHIN~ROCK DAY <前編> | メイン | LIVE ROKUGENSHIN~ROCK DAY <後編> »

2013年11月 1日 (金)

LIVE ROKUGENSHIN~ROCK DAY <中編>

続いての六弦心プレイヤーは横関敦

10vD_DriveのSeijiさんと組んでCozy Powellの「The Blister」。Wes Montgomeryの「Unit Seven」みたいなAABAのサビつき変則ブルーなのね?

20_2「Jet Finger」の異名をとる横関さん。この曲がピッタルやね。

30v対するSeijiさん。「胸を借りるつもり」なんて言ってたけど、トンデモナイ!思う存分の弾き倒し&弾き倒しっぷりで一歩を引けをとらないっての!

40v横関さんはVintageModernが発売された時、YOUNG GUITAR誌の付録DVDで2466を弾いてくれた。
あの時もギター・バトルだったナァ。

50_2他を寄せ付けない、見るからにバトル向きのギタリストだ。

60vイヤもう、2人とも弾くわ弾くわ…。

65様々なテクニックを臨機応変に繰り出して応戦するSeijiさん。

70_2指の回り具合もスゴイが、ヌケのよい音がまた素晴らしい!

80v後ろに見えるのがそのギター・サウンドをクリエイトしているSeijiさんの相棒DSL100EC。

90vスカっと会心のソロを弾き上げたSeijiさん。
ギターの凶暴な一面を見たド迫力のセットだった!

95さて、この超高速ブギを完璧にバックアップしたバック陣を今日も紹介しておこう。

キーボード、石黒彰

101vベース、二家本亮介

102vそしてドラムは山本真央樹

103vセッション曲の後は横関さんの「六弦心」曲、「ずいずいずっころばし」。

110vここは山本恭司さんも加わって、横関さんまたぞろバトル状態!

120さすが恭司さん、激しくもメロディックに切り込んでくる!

130vここもスゴイバトルになっちゃってるにゃ~。でも音楽を重視した華麗なテクニックのぶつかり合いはいくら見てても飽きない。

140そこへ原田喧太さんが合流!オイオイ、「火に油を注ぎ込む」とはこのこっちゃないのかい?!

160…と、ここは意外にも歌モノ。おなじみT-Rexの「20 Century Boy」。
3人で一斉に♪ジョコジョーンとかますイントロがすごい!
150_2喧ちゃんの歌もフィーチュアされてうれしいなっと!

210v_2ところでみなさん、T.RexっていうとMark Bolanのばっかり名前が出て来るけど、このグループはボーカル&ギターのBolanとMicky Finnというパーカッショニストふたりのユニットなんよ(元々はSteve Tookという人がパーカッションを担当していた)。ま、頭脳警察みたいなスタイルだね。その後、ベースとドラムが加入して4人編成のバンドになった。

で、このMicky Finnが使っていたパーカッションのブランドがNATAL(ナタール)。Deep Purpleの『Made in Japan』のジャケットに写っているIan GillanのコンガもNATAL製だ。

Natal_power こんな感じ。
そのNATALはドラム・メーカーとして今ではMarshallの傘下に入っている。
すみませんが、NATAL、覚えておいていただけますか?これからしょっちゅう出て来ますんで…。

NATALの詳しい情報はコチラ⇒NATAL Official Website(英語版でゴメンね)

Kit 観客をあおる喧ちゃん。一気に盛り上がる!

170これだけ濃い3人のギタリストが同時にステージに立てば自然にバリバリ弾いちゃうのが人情ってもん。

200v_2もちろんお客さんも大喜びだ。みんなギター聴きに来てるんだし!それにバッチリと応えてくれる3人の至芸!

190「もっと!」と横関さんを焚きつける恭司さん!

220_2それに応える横関さん。ここも見逃せない前半の重要なシーンのひとつとなった。

180_2前半を終了して、休憩的にはさまれた抽選会コーナー。

230今日の出演者のサイン入りのパネルをプレゼントしちゃうというもの。そして、当選者は打ち上げにも参加できるという特典付き。

240クジを引く恭司さん。

245vYukiちゃんも。
ちなみにSeijiさんとYukiちゃんのパネルの写真はワタクシメが撮影したものです。あ、サイン入れ忘れちゃった!要らないね、ハイ。

250…と、なごやかな雰囲気で抽選会を終了。
コンサートは後半へと突入する。

260後半のトップバッターは青木秀一

280vまずは背比べ。
ES335がこんなに小さく見える人も珍しい。
昔、Night Hawksのツアーで地方のライブハウスで演奏した時、頭が天井につかえて、青木さんが入りきらずステージを取っ払って演奏したとか…。

285v「体は音を表す」
スケールの大きなギター・サウンドで六弦心CD収録の「おぼろ月夜」をプレイ。

290v渾身のプレイで名曲に命を吹き込む。

300_2青木さんに「おぼろ月夜」という組み合わせの妙を楽しむ場面。

310v_2六弦心レパートリーの演奏はどれが素晴らしい演奏で、プレイヤーの個性を味わう格好の材料となったね。

320ここで田川ヒロアキが登場。

330vヒロアキくんはC残念ながらまだCDには参加していないので、「ゲスト・ギタリスト」という位置づけで出演してくれた。

340v恭司さん、青木さんに交じって演奏したのは「Black Night」。

350日本人離れした青木さんのボーカル!これも楽しみにしていた。

360_2このシーンだけサポートで参加してくれた河村さん。

380v_2股間に見えるのは愛用のJMD501。
考えてみると今日唯一のMarshallコンボだわ。
420vスタックに負けないパワフルなプレイで切り込んでくるヒロアキ君!

385vそれにしても素晴らしい青木さんのボーカル。声がもうMarshall!

390_2当然ここでもソロ回しだよ。

370正統派フレーズでガッチリと六する青木さん。

400あ、弾き方がおかしいぞ!左手が反対になってる。あなたそれじゃダメでしょうよ!
ヒロアキ君はキテレツなフレーズで応戦。こういうところが彼のおもしろいところだ。

410_2物販も大盛況!

430_2六弦心の詳しい情報はコチラ⇒六弦心Official Website

連休明けの<ROCK DAY後編>につづく


(一部敬称略 2013年9月21日 東京キネマ倶楽部にて撮影)