Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。
【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【CODE/GATEWAYの通信トラブルを解決するには】

« SHOW-YA 35th Anniversary Live『組曲』~SHOW 1 <前編> | メイン | SHOW-YA 35th Anniversary Live『組曲』~SHOW2 <前編> »

2021年1月26日 (火)

SHOW-YA 35th Anniversary Live『組曲』~SHOW 1 <後編>

   
「今日のライブはSHOW-YA 35周年ライブ『組曲』です。
いつものライブとはチョット趣向を変えて何かできないかな?と思って色んなことを企画したんだけど、一切できなくなってしまいました。
それで、35年間ずっとSHOW-YAと歩んでいない人もいるでしょ?」10_2そこで、今日はタイトルにあるようにSHOW-YAの35年を『組曲』にしました。
聴いてください…。
SHOW-YAの35年の歴史を!
SHOW-YAの35年の軌跡を!」

20_2壮大な序曲が流れる中、暗転するステージのスクリーンに35年のSHOW-YAの歴史を伝える映像が投影される。25そして、いよいよ演奏に入った。30_2『組曲』の1曲目は1987年のシングル、「水の中の逃亡者」。

40v_mntsun-go☆さんのギターから…
40v勇ましく「BATTLE EXPRESS」!

50_be今でもSHOW-YAのステージに欠かすことのできないドライビング・チューン。

60続けて「Outsider」。

70_os順調、順調!
何せ20分のメドレーだからね、まだまだゴールは遠いぞ!80時代がグッと下って「兵士の肖像」。90v_hs当然、全曲暗譜。
自分たちの長年の愛奏曲とはいえ大変なことですよ。100vココでガラっと雰囲気を変えて…110_nz「何故」。
こうした曲調の大きな変化もメドレーの楽しみのひとつ。120_2欲しいモノは…「奪い取れ」!130_ubtsun-go☆ギター、猛ドライブ!140v1988年のアルバム『Glamour』のオープナー「I Gotta Your Love」。150v_igylこの曲は普段あんまり演らないね。
カッコいい曲だ。160vココでまた時代がドーンと下って『Genuine Diamond』から「Rolling Planet」。170_rpアラ!sun-go☆さんの衣装、こんなに☆だらけだったのね?
髪の毛で気が付かなかった!180vまだまだ突っ走って「ギャンブリング」。190v_gbまだ半分来てないからね。200v_2スクリーンに現れたのは青いバラ一輪…会場が即座に静まり返る。
もちろん場面は「Bles Rose Blues」。210vグッ~と歌い込む恵子さん。
ここまでが前半。
220vそのままおとなしめに「愛さずにいられない」。
ココから後半ね。230v_asi1987年の『Trade Last』から「その後で殺したい」。
260vこの辺りになると「アッラ~、私の好きな曲がなかなか出て来ないな~」なんて心配しながら聴いていたファンもいるんだろうな。
35年もの歴史があるんだから、好きな曲が出てこなくてもガマンガマン。250v_sak1990年の『Hard Way』のクローザー「叫び」。

240_2緩急自在にタイプの異なる曲をいくつも叩き続けるmittan。280v_2ココでまた時代が思いっきり下って「限りなくはるかな自由へ」。
収録アルバムは『Progress』。
ついこないだリリースしたアルバムって感じだけど、オイオイ、もう6年も経ってんのかよ!270_skbもう1曲『Progress』から…キャプテンのオルガンとともに…310v_aoys「Always on Your Side」。

300次で16曲目。
いよいよ「組曲」もフィナーレに近づいてきた!330v_wa「私は嵐」で爆発しておいて…
380v「流星少女」へとつないだ。335この曲もつい先日お披露目した感じだけど、もう「SHOW-YAの歴史」に組み込まれる存在なのね。340_2この日のオープニングを飾った「Fairy」をもう一度。

0r4a0421 「SHOW-YAの歴史」だからして、この曲は『組曲』からハズせないでしょう。360vサービス満点の恵子さん。365大変なさなかにステージに腰を掛けての熱唱。366vこのままブッちぎるのかと思いきやココで今一度バラード。

375v_inrsun-goさんはアコギをプレイ。

390v_inr曲は『Outerlimits』から「祈り」。
しかしこの『Outerlimits』というアルバムからのセレクトが多いね~。
まさにSHOW-YAのマスターピースだね、このアルバムは。400v20曲目!フィナーレ!
「組曲」を締めくくったのはやっぱり「限界LOVERS」!420v_21人の脱落者も出さず(当たり前だ!)20曲マラソンを見事に完走しきった5人!430v_2

440v

450v_2

460v「イッチョ、あがり~!」
イヤイヤ、すさまじい演奏でした!0r4a0429 「どうもありがとう!本当にありがとう!
『組曲』をアレンジしてくれたプロデューサーを紹介します…

470v_2笹路正徳!
笹路さんで~す!」
客席後方に座っていた笹路さんは立ち上がって会釈。
恵子さんが続ける。
「本当に大変だったと思います。
SHOW-YAの35年の歴史をコンパクトにまとめてくださいました…といっても20分だからね~!
これからもよろしくお願いします!」480v_2「ハイ、注目~!」
…と、ココで告知コーナー。
それは1月30日のこと。
まだ先のことだと思っていたけど、今週末じゃん!
30年前、第1期SHOW-YA最後のツアー『HARD WAY TOUR 1991』を再現したライブ。
題して『SHOW-YA 35th Anniversary Live 「HARD WAY TOUR 1991 in武道館 AGAIN」』。
場所はメルパルクホール(東京郵便貯金ホール)。
 
「待ってますよ!
来ない人?! 正直に手を挙げてごらん!
みんな来るよね?…コレはパワハラではございません。
言っておきますけど、私たちは活動を続けることで皆と"共にある"と思っています。
最後にパーっと熱くなりたいよね?…やっぱこの曲でしょ!
この曲でドカーンと終わろう!」S41a0527ドカーンとやったのは「限界LOVERS」!500v_2文字通り「限界」まで激しいパフォーマンス!510_2

520_2そしてサオ回し!

540_2

550_2今日もバッチリ!

560_2「SHOW-YAの35年史」に組み込まれるべき感動のライブが終了した。
530v今日の締めくくりの♪ジャンジャンは当然35回!

S41a0089お疲れさまでした~!
今日はこの後もう1回ありますからね。

580「みんな愛してるよ~!」

600vSHOW-YAの詳しい情報はコチラ⇒SHOW-YAオフィシャルサイト
 

200 
(一部敬称略 2020年12月13日 SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて撮影)