Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。
【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【CODE/GATEWAYの通信トラブルを解決するには】

« 【イギリス-ロック名所めぐり】vol.49 ~<オールド・ロック・ファンに捧ぐ>トライデント・スタジオとC.ベヒシュタインとデヴィッド・ボウイ | メイン | 【イギリス-ロック名所めぐり】vol.49~変わりゆくロンドン <その1> »

2020年7月28日 (火)

【BREAK the CODE】新シリーズスタート!~第1弾はD_Drive Yuki

D_Drive Yukiが愛用しているMarshallはJVM410H Blue Rose Special。

11_0r4a0236いつもこのMarshallをお供に日本国中で暴れまくっている…今チョットお休みしてるけど。

11_0r4a0517そのYukiちゃんのJVMサウンドが詰め込まれた新曲「Thumbs Up」は聴いて頂きました?
おかげさまで大好評!
特に海外でのウケがいいようなんですわ~。
日本のファンの皆さんからも絶大なるご支援を頂戴しています。
Seijiさんが「他にはない曲を!」というアーティスト精神を詰め込んで作った曲ですからね。
その思いと願いが世界に伝わったんだと思う。11_tu_sleeveサブスクはコチラ⇒fankink

11_fanlink_2さて、ステージやレコーディングではJVMをギンギンに鳴らすことはできてもさすがに家ではそれはムリ。
…ということでYukiちゃんは練習用に家ではMG15を愛用してくれていた。

12mg15 でも、今はコレ!
CODEシリーズの最も小さい25Wコンボ、CODE25。

Code25 そして、今日からスタートしましたシリーズ『BREAK the CODE』!
「Break the code」というのは「CODEをぶっ壊せ!」っていう意味じゃありませんからね。
ウチのCODEは放送局じゃないから。
「code」は「暗号」という意味。
「Break the code」で「暗号を解読しろ」という意味ね。
このシリーズをやるためにワザワザ前座の記事をいくつも書いたからね。
こんなヤツ…コレを読んでからこの先に進むと一層オモシロくなることは…ないので読まなくても別にいいです。
【イギリス-ロック名所めぐり】vol. 45 ~ ブレッチリー・パーク <その1>
【イギリス-ロック名所めぐり】vol. 46 ~ ブレッチリー・パーク <その2>

Btc『BREAK the CODE』はMarshallの総輸入販売元ヤマハミュージックジャパンさんとのコラボレーション企画。
そこでヤマハミュージックジャパンさんが副題をつけてくれた。
「アーティスト直伝のサウンド・メイキングをマスターしよう!」
どういうことかと言うと…そういうこと。
読んで字のごとし。
プロ・ギタリストが自分たちのオリジナル・サウンドを作ってCODEの魅力をビデオ…じゃない、動画でお伝えしようという企画が「BREAK the CODE」。
「CODEの魅力を読みほどこう!」ぐらいのイメージかな?

Code25_right正直に言いましょうか?
でもMarshallにはナイショだよ。
CODEがリリースされたのは数年前のNAMMのでのこと。
それ以来、おかげさまでヒット商品として世界中でよく売れているんだけど、それは「歴代のMarshllのサウンドが詰め込まれている」とか操作性によるモノかと思っていた。
それも間違いではないんだけど…コレ、ヤッパリ音がいいんですわ。
何年もの間CODEをナメてました、スミマセン。
今回のこの企画には何人ものMarshallプレイヤーが参加してくださったんだけど、「レコーディングに使います!」という人が続出!
正直想像以上の高評価に驚いているワケ。
 
ちなみに私はプリセットでは41番の「Bluesbreaker」が好き。
少しゲインを上げる一方、レスポールのボリュームを少し絞って弾いてやると実に小気味よいサウンドが飛び出して来る。
Code_familyそして、『BREAK the CODE』のトップバッターをD_DriveのYukiちゃんにお願いした。11_ycodejpgYukiちゃんからひとことご挨拶。
Yukiちゃんに最初に出てもらったのは、頼んでもいないのに、取説さながらにCODEの使い方を実演してくれましてね。
「もうコリャ最初に出てもらわないでどうすんねん!」ということで「1番センター柴田」役をお願いした。

11_2gw_yukiもちろんバリバリCODEを弾いてもらっています。

11_2btcykその『BREAK the CODE』がコチラ。

まだどんなギタリストが登場するかはナイショだけど、とにかくCODEの魅力が皆さんに伝わってご興味を持って頂けるとうれしく存じます!

D_Driveの詳しい情報はコチラ⇒D_Drive Official Web Site
 
CODEの詳しい情報はコチラ⇒ヤマハミュージックジャパンMarshallウエブサイト

 

Code_logo_blk_2 
 「Marshall Japan」チャンネルの登録をお願いします!⇒YouTube

200