Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。
【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【CODE/GATEWAYの通信トラブルを解決するには】

« 2020年5月 | メイン | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月 2日 (火)

本家ウェブサイトがやってるぞ(マーガラ野郎イギリスへ飛ぶ)

 
「ここまでの道のりは長かった…」
1963年、『野のユリ(Lilies in the Field)』でシドニー・ポワチエが黒人として史上初めてアカデミー賞主演男優賞を獲得した時の授賞式でのセリフ…だったハズ。
もちろんポワチエは自分の役者としてのキャリアの道のりについて言ったのではなく、アメリカの黒人の歴史を背負ってこう発言した。
この『野のユリ』という人種問題を扱った作品、メチャクチャいいからチャンスがあれば是非ご覧になって頂きたい。
それなのにまたアメリカはおかしなことになってしまっているネェ…ホントにどうしようもない国だ。
イギリスはイギリスで、「イギリスのラスプーチン」と言われているカミングスってのがヒドイし…。
ま、日本がヨソの国のことは言えた義理ではござんせんが…。

Liliesさて、ココまでの道のりは長かった!
というのは、先日紹介した『Marshall GALA2』のダイジェスト版がイギリス本国のウェブサイトで公開されたのだ!
Marshallが日本に入って来て約50年。
私がMarshallの仕事に関わるようになって22年。
ま、昔はウェブサイトなんてなかったけど、どんな形にせよ私が知る限り、これまでMarshall宗家が直接日本人のアーティストを大体的に取り扱うことなんてなかったのね。
こんなこと初めてなの。
だから今はもうポワチエ気分で「♪エーメン」なのです。
 
さて、それではお手元にインターネットが見れるディバイスをご用意ください。
そして、「Marshall.com」で検索してください。
すると下のような画面になります。
そして、右上のメニューをクリックすると…12mwtピラーリ…プルダウン・メニューが出て来るので、後は「Marshall GALA2」のところをクリックするだけ。
 
もし、プルダウン・メニューに「Marshall GALA2」が出ていなかったら、「Marshall.com」のトップ・ページに戻って右上の「世界」マークを押してみてください。
「言語」と「地域」を選ぶようになっていますので、「日本語」と「Japan」を選んで、もう一度トップ・ページからメニューを押してプルダウン・メニューをチェックしてみてください。

12mwp『Marshall GALA2』の本編のビデオは明日から公開する予定で、イギリスのウェブサイトでも世界に向けて順次公開されていくことになっております。
お楽しみに!

Index 

200_2

田川ヒロアキの裏面をチェック!

 
最近D_DriveのYukiちゃんやヒロアキくんのNHKの番組への出演が続き、毎月Marshallに提出しているレポートに「NHK」という3つのアルファベットからなる固有名詞がちょくちょく出て来るようになった。
色々細かいことは別にしておいて、その時に枕詞として「Japanese BBC」なんて書いてNHKの説明するワケ。
すると、「What does 'NHK' stand for?('NHK'とはナンの省略ですか?)」ということになる。
略号の成り立ちとして全く「BBC(British Broadcasting Corporation)」と違うでしょう?
「Nippon Hoso Kyokai」なんて説明しても当然通じるワケがない。
スゴイよな~、日本人と日本語って。
「JBC」かなんかだったら意味はわかるが、こんな略称を「エネーチケー」と渡り音まで使って平気で口にしちゃう。それって日本語だもんね。
「DHC」なんてのもなかなかにスゴイよね。
もはやノリはウィッシュだよ。
 
私は英語がスキだし、上達しないながらも細々と勉強続けているんだけど、何でもアルファベットにすればいいってもんじゃない…という派。
だから最近の「東京アラート」だとか「ウィズ・コロナ」とか、ああいうのは本当にヤダね。
いいよ、じゃ、やってみようか?
 
ディス・タイム田川ヒロアキがラスト・タイムにベリー・アクセプタブルだったエネーチケーのトーク・ショウのプログラムにアゲインでアピアすることなった。
アンフォーチュネートリーなことにディス・タイムはコロナのインフル―エンスのサーカムスタンシズだからティーヴィー・ステーションにパネラーがギャザーすることがワズント・エイブル・トゥ。
インステッド・オブ・ザットでヒロアキくんのホームからリモートでプログラムをシュート
 
ミスターかっ!?
でも、欧米人にコレが通用すればラクでいいな~。
ま、コレなら本式の英語を勉強した方がゼンゼン有益だと思うけど。
でも、「東京アラート」はコレに近いモノがあると思うよ。
日本人も少しは自国の言葉の保存に務めているフランス人や北欧の人を見習った方がいい。
「言霊の国」なんだからサ。
でも、私は心配しているのはもっと深刻なことで、不慣れな英単語を使って本来の意味をゴマカシたり薄めたりすることだ。
前にも書いたけど、将来「ドラフテッド・ボーイズ」だとか「スーパー・ヴォランティアーズ」なんて言葉が出て来たらご注意あれ!
 
ハイ、以上は全部忘れて…
 
前回メッチャ好評だったNHK教育…じゃない、Eテレのトーク番組『B面談義』に再び田川ヒロアキが登場することになった!
下はMarshall Blogでもレポートした前回の収録の時の風景。

10コレを収録したのは3月の下旬のこと。
この頃って館内のアチコチに消毒液が据え置かれていたのは覚えているけど、まだまだコロナは大人しかったんだね。
そういえば社員食堂なんかパンパンだったもんね。
この後、アッという間に世の中が変わっちゃった。
オソロしいもんだ。

30今ならもうバラしてしてもいいかな?
50当日の収録ではホントにヒロアキくんのトークがタップリだったのね。
で、こちとら番組の時間枠のことをスッカリ忘れて、Marshall Blogに「主役級扱い」なんて書いちゃったけど、そこはテレビですから…ズッパズッパとハサミが入れられちゃった。
そのカットされたシーンの中に、司会の千原Jr.さんが興味を示し、ヒロアキくんが身に付けている時計に話が飛んだ。
コレも時折Marshall Blogに書いていることなんだけど、ヒロアキくんは非常に「Punctual(パンクチュアル='時間厳守の'という意味…ここは英語でいかせて頂きます)な人で、時間配分にすごく気を遣うステージに私はすごく好感を持っているのね。
だから話題が彼の時計に及んで喜んでいたのです。
ホラ!ヒロアキくんがパカッとフタを明けて時計を見せてくれた。
カメラさん、こんなにアップで抜いてくれたのよ!
丸々カット。40今回もMarshallでサポートできればヨカッタんだけど、冒頭に書いた通り、自宅からのリモート出演ということに相成った。

20ところが!
さすがヒロアキくん。
自宅でもMarshallの壁で臨んでくれたのだ!
上からMG2FX、CODE25、JVM210Hと1936V。
ホントは他にかつての愛器、JMD501を持っているんだけど、今ウチの事務所に来ちゃっているので今回は欠席。

2ht1 もちろん、自宅で大爆音で鳴らしたことは言うまでもない…なワケない。70放映は…

6月8日 20:00~20:30
NHK Eテレ
 
です。
お見逃しなく!2ht3  200