【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« 【訃報】内田裕也さんのこと | メイン | SOUL OF ROCK Vol.37 <後編>~ Strange,Beautiful and LoudとHARD ROCK SYNDICATE »

2019年3月19日 (火)

SOUL OF ROCK Vol.37 <前編>~ D_DriveとTAGAWA


今日は1月に開催したシリーズ・イベント『SOUL OF ROCK』のレポート。
Marshall Blogでレポートするのは今回で2回目。
まさにMarshall Blogの譜代大名のようなバンドがゾロリと登場する楽しみなステージ。

10vもちろんバックラインもMarshallファミリーが勢揃い。

20会場はもうパンパン!
まずは主催者の'はらやん'からご挨拶。

30一番上の看板の写真…『SOUL OF ROCK vol.3☆』とボードが反射してしまっていて「31」か「37」か読み取れないでいた。
調べてみると、答えは「vol.37」。
前回Marshall Blogでレポートしたのは「vol.23」で、開催は2017年6月のこと。
すると、18ヶ月の間にこのイベントを14回も開催しているのだ!
スゴイな~、はらやん。
何事も続けるってことは大変だからね~。
40さて、「vol.37」のオープナーはD_Drive。

50Seiji

60vいつものDSL100ECと1960AX。

70vYuki

80vいつものTSL100と1960A。

90vToshi

100vいつものEDEN…じゃなくてイードゥンのWT-800とキャビネットはD210XSTとD410XSTのワンハーフ。

110vChiiko

120vいつもと同じではないけど、NATALは同じ。
今回はバーチのキットを皆さんで使い回して頂いた。

1301曲目は珍しく「M16」。
ちなみにヒースロー空港からMarshallの工場に行く時は「M1」というフリーウェイを使う。

140何と言っても「M16」の見せどころはSeijiさんと…

150Yukiちゃんのコール&レスポンスと一糸乱れぬギター・アンサンブル。

160v今日もバッチリとキマりました~!

2002曲目は「Cassis Orange」。
D_Driveのキラーチューン。

190ブッチギリの「Fireball Rhythm Section(←D_Driveを紹介する海外のウェブサイトでも採用されこの表現を我ながらとても気に入っているのだ)」!

180MCをはさんでYukiちゃんフィーチュアのバラード「Unkind Rain」。

210vそして新曲の「Begin Again」。

170このバンドは新曲を下ろすのが大変だからね~。
360v曲を作って、アレンジして、練習して…ココまではどのバンドでも同じだけど、D_Driveは歌詞に頼ることが一切できないからね~。
その分、「仕掛け」に頼ることになる。

230vその「仕掛け」を作るのがヤケクソにムズカシイと来てる。
それでもこうしてシレっと演奏しちゃうところがクールなのだ。

240v5曲目はChiikoちゃんのドラムスがリードして…
220v「Lost Block」。
D_Driveのヘヴィ・ワルツ。

250ん?コレ、Yukiちゃんのソロのパートは4/4と5/4のコンビネーションになっているのか…。

260vスケールの大きなテーマのサウンドを分厚くするToshiくんのベース!
イードゥンとの相性もバッチリだ!

280「Drive in the Starry Night」が続く。S41a0140 フォーメーションもバッチリだ~!

165最後はSeijiさんのシンプルながら印象的なリフでスタートして…

300「The Last Revenge」!

310うん、今日は珍しい曲順ですな。

320全7曲と短い持ち時間ではあったがD_DriveとMarshallファミリー・プロダクツの魅力が爆発した!

330v

340v

350v_2

290vさて、3月30日はD_Driveの10周年を記念する単独コンサート。
会場は大阪十三のGABU。
この日はですね~、D_Drive史上最初で最後となるであろうことをお見せしますからね。
奮ってのご参集をお待ちしております!
 
D_Driveの詳しい情報はコチラ⇒D_Drive Official Web Site

3_30今ね、海外からまたおもしろそうな話が来てるんですよ、まだチョット秘密…。
おっとその前に6月1日のMarshall LIVE!!
D_Driveと一緒にMarshall ARENAでお待ちしています!
 
Marshall LIVEのチケットのお求めはコチラ⇒Marshall LIVE特設サイト

1d_drive_social_image続いてはTAGAWA。

370田川ヒロアキ

380v寺沢功一

390v長谷川浩二S41a0467 ヒロアキくんはMarshall JVM210Hと今日のキャビネットは1960BV。

400いつもはバッキングトラックを使った「Seascape」のギター・ソロでスタートするTAGAWAのステージだけど、今回は完全にア・カペラのソロで爆発!
爆発してもきれいな音だニャ~。

0r4a0427 そしてドヘヴィなリフから「Stranger Destroys Arms」。

450「三すくみ」って知ってる?
ヘビとナメクジとカエルの関係を「三すくみ」なんて言うんだけど、ヘビはカエルをひと飲みにすることができる。一方、カエルはナメクジをひと舐めにすることができる。さらにナメクジにはヘビが持っている毒が効かず、身体についているネバネバでヘビを溶かしてしまう。
でもそのナメクジはカエルには弱い、そのカエルはヘビには弱い、そのヘビはナメクジに弱い…と、グルグル回っちゃって、結局三者ともお互いに手を出すことができないワケ。

460vTAGAWAを見ると時々この「三すくみ」を思い出してしまうのね。
もちろん、誰がヘビで誰がナメクジか…なんて話ではないよ。

470壊れそうで絶対に壊れない絶妙なバランスを三者が保っている…ということ。
そしてそのバランスが大きな緊張感を生むのだ。

480続いてはヒロアキくんのテーマ・ソング「My Eternal Dream」。

490vやっぱりTAGWAのステージでもこの曲はハズせない!

500続いては浩二さんの作品「Running Light」

S41a0366 やっぱりいい音!
ヒロアキくんは歪み系のエフェクターを一切使わない、空間系だけ。
つまりディストーション・サウンドは100%Marshallで作られているのだ。Marshallが聞いたら喜ぶぞ!

510v続いて「Spacecraft」。

520vTAGAWAのステージの見せどころのひとつ「That's Over」。

Img_0048 てらちんのソロ!

540vタッピングからスラップから、盛りだくさんのプレイ!

530低音暴力団の組長として思う存分暴れて頂きました。

550続いては浩二さんのソロ。580vこの音!
デカいけど全くうるさくない。
コレぞ達人のワザ!

570vお客さんの目と耳を釘づけにするエキサイティングなソロだった!

560v続いてもてらちんフィーチュアで「Crazy Gun」。

590_2当然のことながらココも盛り上がったね~。

600ガラっと雰囲気が変わってヒロアキくんのバラード「平和の風」。

S41a0480 最後を「キミを乗せて」で締めくくった。

620ご存知の方も多いであろうが、ヒロアキくんはオリンピック/パラリンピックのウエルカム・ソングを現地のミュージシャンを起用してLAで制作することになり、クラウドファンディングでその資金を募った。
支援者も多く、今日現在で募集終了まで12日を残し目標金額を大きく上回ることができた。
しかし、あり過ぎても困らないのは資金ちゃん。
ご興味のある方は専用ウェブサイトをご覧のうえ、奮ってご参加くださいますようマーブロからもお願い申し上げます。
 
詳しくはコチラ⇒全盲のギタリスト田川ヒロアキ 2020年に向けてロサンジェルスレコーディングへ!

Nkimg_3218 田川ヒロアキの詳しい情報はコチラ⇒FretPiano

630v<後編>につづく

200_3 

(一部敬称略 2019年1月19日 吉祥寺シルバーエレファントにて撮影)