【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【梅村デザイン研究所】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« 塚本"JOE"旭 Presents 平成カレー大戦ぽんぽこ Z | メイン | 16th 真夏のJazz葉山~杉本篤彦グループ »

2016年9月27日 (火)

KAMIJO生誕祭 Rose Fes~Kelly SIMONZ'S BAD TRIBE編

『KAMIJO生誕祭 Rose Fes』の後半に入ってステージに上がったのはKelly SIMONZ。
やっぱり慣れ親しんだバンドが登場すると何ともいえない安心感があるね。
言葉の通じない外国へ来て「アレ、日本の方ですか?」と声をかけられたという感じ…を経験したことはないが、恐らくこういう気持ちなのではないか?

10今回Kellyさんが率いたのはBLIND FAITHではなくBAD TRIBE。
すなわち…Kelly SIMONZ

20vTim Miller

30vYosuke Yamada…のトリオ。
Marshall Blogには久しぶりの登場となる。

40v今日は持ち時間が少ないからな~。
果たしてナニを演るか…。

50vオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ~、「Opus #1」じゃ~!
怒涛の弾きまくり!

60vお客さんは今までの出演者の音楽とあまりも趣向が違っているんでビックリした感じだったな~。
そうです、コレがへヴィ・メタルです。

70久しぶりのキネマ倶楽部にTimさんも気合が入る!
ベースで始まるのは「Time」。

80Kellyさんのレパートリーではファンク色の濃い異色のナンバー。

90徹底的に他の出演バンドと一線を画そうって魂胆だな?

100うねるバンド・サウンドでKellyさんの思惑はバッチリ遂行されたのではなかろうか?

190v

ダイナミックにバンドを揺さぶるYosuke!

110vそして、ソロ。

170
弾くわ、弾きまくるわの大騒動!

115vそのままの流れで三曲目に突入。
イケイケ~!

120「I am Your Judgement Day」…コレは絶対演ると思っていた。

150v

70年代のロックの黄金期の香りただよう正統派ハード・チューン。
160v
かえってのこの場にふさわしい。

130vレコーディングではドラムに特に凝ったという曲でもある。
トラディショナルなロックの魅力をまき散らして早くも最後の曲となった。

140v
最後は「Flyaway」。

200

時間は短かったが、三人が一丸となった圧倒的な演奏は「Rose Fes」のひとつの大きな見せ場になったハズだ。

210v

220

230vさて、そのKellyさん、またもうすぐここキネマ倶楽部へ帰ってくる。
昨年開催して好評だったトモ藤田さんとの『ギター・アカデミー』の再演だ。
私の個人的な希望としては、今年はクリニック・パートにジックリ時間をかけてもらいたい…なんて思っているんだ~。
前回おもしろかったからね。
10月7日は東京キネマ倶楽部でお会いしましょう!


関連のMarshall Blogの記事はコチラ⇒Tomo & Kelly Guitar Academy 2015 <前編>

250v

Kelly SIMONZの詳しい情報はコチラ⇒Kelly SIMONZ Official Website

240v(2016年7月18日 東京キネマ倶楽部にて撮影 ※協力&写真提供:東京キネマ倶楽部)