Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。
【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【CODE/GATEWAYの通信トラブルを解決するには】

« 【NAONのYAON 2016】 vol.2:Gacharic Spin、BAND-MAID & Cyntia登場! | メイン | 【NAONのYAON 2016】 vol.4 : 岡本真夜、水谷千重子登場! »

2016年7月27日 (水)

【NAONのYAON 2016】 vol.3:Mary's Blood、Zwei & Charisma.com登場!

SAKIちゃん、転換中のステージ上からのコルナ。
勝手ながら前回よりルーティンのつもりで撮らせて頂いております。
SAKIちゃん、ありがとう。

20v背後にはSAKIちゃんのトレード・マーク、JVM410Hと1960AのTattooシリーズ。

30v4番手、Mary's Bloodの登場だ!

40EYE

50vSAKI

60vRIO

70vMARI

80vそして、社。
社ちゃんは今日2回目のステージ。

85v「若手トップ・メタル・ガール・バンド」の呼び声も高いMary's Bloodだけあって、このシーンを楽しみにして野音に来たお客さんも多い。
1曲目は最近作『Bloody Palace』のリード・チューン「Bite the Bullet」。

90大きな歓声にメンバーも高いテンションで呼応する。

110vSAKIちゃんのギター・ソロにも熱が入る!

100

今日のギターはこっち、「墓石」。
ダメダメ!ギターに爪を立てちゃ!

120

前回に引き続いての登場。
何倍もビッグになって帰ってきた!

140Maryファンだけでなく、野音にいるお客さん全員を揺さぶるド迫力のパフォーマンス。

150v2曲目は「Shall We Dance?」。
比較的新しい曲を持ってきた。
通常のライブでも人気のある曲だ。

160vNAONのYAONの持ち時間は2~3曲が目イッパイ。
当然、各バンドともイチオシの曲を持ってくる。
自分たちの音楽をアッピールする最高の機会だからね。

130v

よって、仕上がりも最高になるというワケ。
自信作を気合の入った演奏で聴かせてくれる。そんな場所が「NAONのYAON」なのだ。

170SAKIちゃんの鬼気迫るシュレッディング。
ウラ若い女性に「鬼気」なんて形容は失礼かも知れないが、それしか言いようがない!
Marshallがサポートしているのだ。

180v見慣れている人には「バッチリ」、初めての人には「ビックリ」の超へヴィ級のパフォーマンスを見せてくれた!

190vトーク・コーナーでは、Mary's BloodがSHOW-YAと同じマネージメント・オフィス、マスターワークスに異動したことが発表された。
ホンマもんのSHOW-YAの妹バンドだ。

200マァ、やられるだろうな…と思ってたけどヤッパリ。
「アレ?今回SAKIは泣かないの?」と恵子さんに突っ込まれてしまった!
220

SAKIちゃんはギタリストとして以前からNAONのYAONのステージに立っていたが、前回Mary's  Bloodとして初めてステージに立った。
その時、感極まってトーク・コーナーで泣いてしまったのだ!
「泣きませんよ~!」とSAKIちゃん。
涙が引っ込んだ代わりに貫禄が出てきたということよ!

210v「ハイハイハイハイ!」とステージ下手から現れたのは時の番人たち。

230トーク半ば、EYEちゃんを軽々と持ち上げて連れ去ってしまった!

Mary's Bloodの詳しい情報はコチラ⇒Mary's Blood Official Site

240場面が転換して登場したのはZwei。

250ZweiはMeguと…
310v
Ayumuのデュオ・チーム。
「Zwei」だからね、「2」だ。

260vそのふたりをサポートするのはLoVendoЯの魚住有希。

280vドラムはASUKA。

290vMeguさんはベーシストとして何回かこのステージに立っているが…
270
Zweiとしての登場はこれが2回目となる。

300v今回も爆発的なパワーでイキのいいパフォーマンスを見せてくれた。
とにかくAYUMUさんのパワーに圧倒される。見た目通りの重機感!

320v何しろこの有様だからね。

330v地上の3人も負けてない!

340ローリング・タワー上の熱唱なんて久しぶりに見たぞ!
昔はこういう高いところに上る施設があると、たいてい誰かよじ登ったものだ。
着地に失敗して足を骨折するつわものもいた。
タワーに上らなくても。ヒールが高すぎて足の骨を折ったThe Tubesなんていうサンフランシスコのバンドもいたね。

350曲は最初が「Red Zone」。

3602曲目が「恋ガレヨ」というナンバー。
400
コレがロックロックしてて実に気持ちのいい曲!
380
ベース・ラインがメッチャかっこいいな~。
超重量級な音の連なりがなんともゴキゲン!

390vまたメロディがAyumuさんの声にピッタリなのだ。

S41a0635

有希ちゃんのギターもバッチリ!
これはウルサ方の往年のロック・ファンもシビれちゃうに違いない。

370v
最後まで暴れまくりのAyumuさん。
大ジャンプで出番を締めくくった。

410「Meguのベースの弾き方が大好きなんだよ!」と恵子さん。
前回より格段に印象の強いパフォーマンス見せてくれた。

Zweiの詳しい情報はコチラ⇒Official Web Site

4206番目の出演はCharisma.comという初登場のチーム。

430MC Itsuka

440vMC Gonchi

450v1曲目は「HATE~お局ロック」。
こういうのはヒップホップっていうの?ラップか?
ふたりとも現役のOLさんなのだそうだ。
誰が選んだのか知らないけど、こういうのが出て来るのがまたNAONのYAONのおもしろいところじゃないの!

460この手の音楽は私は全くの門外漢だけど、NAONのYAON 2016の大きなアクセントになった。

470vステージ中央には脚立が用意され、ダンサーも登場。

4802曲目は「サブリミナル・ダイエット」。
脚立に乗って歌うItsukaちゃんがキマってる~。

490v4人でグルグルとEXILEのヤツも!

500SHOW-YAのメンバーも合流。
540v
ラップとは縁もゆかりもなさそうなSHOW-YAのヒップホップ・ダンス?
ナンカ皆さん楽しそうだな~。
520
みんなお揃いの特製のウチワを持っているんだけど、ナゼかsun-goさんだけジュリ扇!
510
誰が考えるんだか…メッチャおもしろい!
黙って従うsun-goさんもsun-goさんだけど!

Img_0447 もしかしたら2016年のNAONのYAONの最大の発見はこのシーンだったかも?
さとさんがケタはずれにノリノリなのだ!
ラップ好きなのかナァ?

530v

さとみさんだけじゃなく、野音全体がラップのリズムで盛り上がった!

525vイヤ~、NAONのYAONで今までに見たことのない展開でおもしろかった!

550引き続いてのトークも大ウケだったよ。

560SHOW-YAの皆さんが持っていたウチワには「腰掛」、「お局」なんて書かれていたが…

560v全員ヘッチャラ!いいナァ~、SHOW-YAの皆さんは!

570NAONのYAONにある種新しい風を吹き込んでくれたCharisma.comなのであった。
なんか、チーム名はJethro Tullを思い出すね。
ちなみに美容師かなんかで有名になった「カリスマ」という言葉、このままでは英語圏の人には通じません。
「キャリーズマ」と発音します。
カリスマ美容師ならいいけど、カリマス美容師は危険だよ。お客さんのリクエストを受け付けないで何でも刈っちゃうの。(コレはギタリスト稲葉雅裕さんの受け売り)

Charisma.comの詳しい情報はコチラ⇒Official Web Site

580それにしても、さとみさん、ウチワを持って何であんなにハッスルしてたんだろう…。本当に楽しそうだった。

590v<つづく>


(一部敬称略 2016年6月12日 日比谷野外大音楽堂にて撮影)