Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。
【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【CODE/GATEWAYの通信トラブルを解決するには】

« ライブイコーゼ Presents 「Amplifier vol.5」 <前編>~犬神サアカス團 | メイン | 【NAMM速報】 BREAK THE CODE!~その暗号を解け!<前編> »

2016年1月21日 (木)

ライブイコーゼ Presents 「Amplifier vol.5」 <後編>+α~サイバーニュウニュウ

ライブイコーゼ Presents 「Amplifier vol.5」、トリで登場したのは23年ぶりに完全復活を遂げたサイバーニュウニュウ。

10メカ・エルビス

20vレプリ・シン

30vそして、セミメタルA太郎。

40vA太郎さんといえばNATAL。
そう、昨日も登場したこのアッシュのキットはA太郎さん所有のものだったのだ。
コンフィギュレーションは10"、12"、16"、22"。

50スネアはアッシュのステイヴ、14"x6.5"。
NATALのステイヴは各方面で非常に高い評価を頂戴している。

601曲目はキラー・チューンの「ひねりつぶせ」。

70ボ・ディドリー・ビートから、「♪ひねりつぶせ!」とパンキッシュに展開する曲調が印象的だ。

80vあのね、この曲の「♪ひねりつぶせ」という言葉が気持ちいいの。
この日は演らなかったけど、「♪チンツーザイデポン!」とか、実際に口に出してみると語調が実にリズミックだ。
サイバーニュウニュウの曲の魅力のひとつと見た!

90忍者コールで登場したのは…

100サポート・メンバーの忍者ボーイヒデ。
パートはメカ・エルビスの操演。
「操演」だなんて、よ~考えるな~。つまりメカさんのスモークやネオンを操作するのが忍者ボーイのメインのタスクだ。

110vこの日はサイバーニュウニュウの人気レパートリーをなぞる構成。

120曲順はランダムなれど、いわば「ベスト・オブ・サイバーニュウニュウ」という構成で集まったファンをよろこばせた。

130vベスト5には入っていない曲ももちろん演奏。
150
「ベガスのエルビスになりたい」

140vボーカルはメカさんにスイッチ。
ベスト4に喰い込んでいる「キ印」。
このタイトルはOKなのか?

160vやはり何回見てもこの異様な出で立ちには圧倒される。

170このバンドも実に音楽のタイプの幅が広い。色んな音楽を聴き込んでいる証拠だ。
200v
昨日レポートした犬神サアカス團の凶子姉さんのMCじゃないが、確かにヘンではあるが、曲といい、歌詞といい、誰にも邪魔されそうにないワン・アンド・オンリーの世界を堅持している。

180その幅広い音楽性をガッチリとバックアップしているのがA太郎さんとNATALのコンビ。

190vこの日はドラムじゃないNATALも登場してA太郎さんとタッグを組んだ。

210それはNATALのカホン。
おかげさまでコレも大変評判がよろしゅうございます。

220vNATALのカホンはラージ(スタンダード・サイズ)とエキストラ・ラージの二種類。
フィニッシュはA太郎さんが使っているブラックの他に、
ナチュラルと…

C_cjan_lxl_swbnダーク・レッドがラインナップされている。
C_cjan_lxl_swbrアコースティック・セットの中の1曲は第二位に選ばれた「せめてつばを吐いて」をプレイ。

230vメカさん、しょうゆチュルチュルで給油中!

240レプリさんはハーモニカもプレイ。

250vシットリと雰囲気もなかなかにいいものだ。

270v

カホンが大活躍なのよ!

260vサイバーニュウニュウのステージも終盤にさしかかる。
曲は第一位に選ばれた「キリコ」。

300

「Roxanne」のようなマイナー・コードの四つ切りに乗せたメロディはサイバーニュウニュウならではのもの。

290

そして、最後は「アシッド・キングに捧げるうた」で全11曲のステージを締めくくった。

ライブイコーゼのウェブサイトはコチラ

280vそして、このイベントから約二か月。
2015年のクリスマス・イブにリリースされたのが『20世紀→21世紀 サイバーニュウニュウ復活祭』と題されたライブDVD。
その発売を記念するイベントが暮れもいよいよ押し迫った12月30日に渋谷のHMVで開催された。

320コレがそのDVD。
Marshall Blogでもレポートした8月30日の復活記念ライブの模様が収録されている。
スリーヴに使われているライブ写真はすべて私が撮影したものだ。
ニュウニュウさん、ありがとう!
410dvd
この日はレコード店内での音出しということもあって、いつもとはチョイと異なる楽器編成。というか、アコギセット。

350vベースは抜きでレプリさんはアコギを演奏。

360vA太郎さんはカホン。
NATALカホンここでも大活躍だ!

370vもちろん忍者ボーイさんもステージに上がったが、さすがスモークの操演はなし!
火災報知器が作動しちゃうからね。

380vそしてスペシャル・ゲストでアマデウスさん。
実はこの方、大分以前にMarshall Blogにご登場頂いたことがある。

390vDVDの売り上げも好調。
お買い上げ頂いたお客様にはメンバーからサインがプレゼントされた。

330

インストア・イベントとはいえ、タ~ップリ一時間、全力投球の熱演で見る人たちを大いによろこばせた。

サイバーニュウニュウの詳しい情報はコチラ⇒CYBER NEW NEW OFFICIAL SITE

400

1965年創業のNATAL(ナタール)はMarshallのドラム・ブランドです。

M_natal_square

★NATALの詳しい情報はコチラ⇒NATAL Drums Official Web Site(英語版:現在日本語版作ってます。)
★NATAL製品は全国有名楽器店にてお求めください。
★NATALドラムは高田馬場バズーカスタジオでお試しになれます。バーチ、メイプル、そしてアッシュのキットの他、各種スネアドラムも用意しています。ドラマーの方、「NATALの部屋」ご指名でお出かけください。
詳しくはコチラ⇒バズーカスタジオ公式ウェブサイト


(一部敬称略 2015年11月1日 ①池袋手刀②渋谷HMVにて撮影)