【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【梅村デザイン研究所】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« SHOW-YA 30th Anniversary CLUB CIRCUIT 『PROGRESS』 Release Tour <前編> | メイン | 【後日譚】 『アンプ大名鑑 [Marshall編]』のこと~あらためましてのありがとう!~ »

2015年12月14日 (月)

SHOW-YA 30th Anniversary CLUB CIRCUIT 『PROGRESS』 Release Tour <後編>

TSUTAYA O-WESTのSHOW-YAの<後編>。

10中盤にはSHOW-YA名物のメンバー自己紹介。「自己紹介」ってのもヘンか…?でもメンバーの横顔を見ることが出来る貴重な機会。
まずは、恵子さんにステージ前方まで押されるmittan。

20v角田mittan美喜

「渋谷は昔、地味な街だったよね~」…そう、なんであんなんなっちゃったんだろうね~。私もmittanが言う地味な渋谷に育った世代だ。
何しろ、宮下公園の方の出口の駅前には養鶏場があったらしいからね。さすがにそれは私より大分前の世代の話しだけど。

30この時のドラムは寺田恵子

40v

続いて、仙波さとみ。
70v
「渋谷といえばmittanが酔っぱらってベロンベロンになって私がオンブして帰ったことがあったよね~」

80v

続いては…
「見えますか~?キャプテンで~す!」

1_img_0363中村美紀

「今年は30周年イヤー。アルバムを出して、『NAONのYAON』も二回やって、すごく幸せです!今までとても大変だったけど、このメンバーでやってこれて幸せです」

60vさらに…今日も楽しみな五十嵐sun-go美貴コーナー。

90v「今年の目標は『かわいいsun-go』だったのね!」というsun-goさんに対し、ステージ下手はこんな感じ。

100vあ~あ~あ~。
ま、撮る方も撮る方なんだけど…でも、おもしろいから撮っちゃうよ~。

110デビュー前の84年11月にSHOW-YAに加入して早30年。メンバーや関係者、そしてファンに対して御礼の言葉が述べられた。

M_s41a7799 楽しいメンバー紹介の後は、引き続きニュー・アルバム『PROGRESS』からの曲をプレイ。

120cdこのアルバム、30年の重みを感じさせるSHOW-YAらしさに溢れた曲もさることながら、sun-goさんのギター・サウンドがまた素晴らしい。
今日のライブで使用しているMarshallをギンギンに鳴らして録音してくれた。
さすがsun-goさん、やっぱりロック・ギターの録音はそうあるべし!

130ファンならギターをやらない人でもsun-goさんが使っているMarshallのモデル名を知ってるよね?
今度、上手の最前列の人はテストするよ!
ヘッドはJVM410H。

140スピーカー・キャビネットは1960BDM。
「B」は「Base」の頭文字。DMはMegadethのDave Mustaineのイニシャルね。

150sun-goさんと…

2_s41a8039キャプテンのカラミのイントロが魅力的な「Always On You Side」。

2_s41a7820ジックリと歌い込む恵子さん。

2_s41a7675 「We are SHOW-YA!」のセリフが誇らしい…

200vバンド名を頂いた「Show-yA」。

210ピュアなヘヴィ・ナンバーはSHOW-YAの真骨頂。

220飾らないシンプルな曲調が一層SHOW-YAらしさを醸し出す。「タイトル=バンド名=曲調」のトリプレット。

M_s41a7545 ここでひとまず『PROGRESS』の曲はおしまい。
最終コーナーはおなじみののナンバーが怒涛のごとく繰り出される。

240x「OUTSIDER」。

250もうこのあたりはスゴイよね。演る方も観る方もノリの波長はまったく変わらない。

260vキャプテンのキーボードが導く…

270v「流星少女」。
すっかりSHOW-YAスタンダードの仲間入りを果たしたこの曲の正式な名前は「流星少女~Shooting Star 196X~」。

280後半に入ってまずますさえるsun-goトーン。Marshallと一体化している!

「BATTLE EXPRESS」。

310ここで、シカと恵子さんから今月27日の東京フォーラム公演『SHOW-YA BIG 30』の案内があった。

M_s41a7500 SHOW-YAの30周年となった2015年の総決算だからね~。SHOW-YA史に残るであろう最強のライブがもうすぐ開催なのよ。コレは見ておいて方がいい!
んでもって、この公演、WOWOWで生放送するんだゼ。私も後頭部ぐらい映るかな?

詳しい情報はコチラ⇒SHOW-YA 30周年特設サイト

320本編最後は「私は嵐」。

330v

当然大合唱ね。まさに生の醍醐味!

345観客の熱気を浴び、燃えるような熱唱を続ける恵子さん。
450v
リフにソロにバッキングにコーラスにイジられ役にひとりで何役も演じたsun-goさん。
290v
キャプテンは今回はひときわ楽しそうに鍵盤を叩いていたように見えた。何たって30周年ですもんね!

370v今回はドラム・ソロはなかったけど、MCソロと素晴らしいドライブで超満員の観客を魅了したmittan。
390v
「嵐」のひとつのハイライト。炸裂するさとみさんのベースソロ!

M_img_0551 キメ・ポーズもバッチリ。今回は正面からお邪魔してます。

360
本編14曲。一分のスキもない完璧なロック・ステージ!これはあまりにも見事だ!

400ハイハイ、即座にアンコール。

405アンコールの前にコマーシャル。「コマーシャル」ったって小さいMarshallじゃないよ~、カレンダー。
2016年のSHOW-YAカレンダー好評発売中!
今回も私が撮った写真をたくさん使って頂きました。
だから…安心してください、。カッコいいですから。

530

アンコールは恵子さんとsun-goさんがアコギを手にする「限りなくはるかな自由へ~go again~」。

410vフィナーレを前にシットリとバラードを愉しむ。
曲中でエレクトリックに持ち替えるsun-goさん。新しシグネチャー・モデルだ。

420さとみさんもこの曲ではサオを交換した。

430そして最後!

440v「FAIRY」~~~!!!

1_img_0828 フロント陣全員が「あばれる君」と化す白熱の演奏!

470当然サオ回しもバッチリとキマる。

480しっかし、問答無用でカッコいいね。ウン、カッコいいよ。何の不満も文句もない。あるのは「ロックの塊り」を見た感動だけだ。

490新旧取り混ぜて全16曲を全力投球した五人。
変化球なしの直球勝負。

500そのすべてをグローブなしで身体で受け止めてくれたお客さんに感謝!

510次回は今月末、東京フォーラムでお会いしましょう!

520SHOW-YAの詳しい情報はコチラ⇒SHOW-YA オフィシャルサイト

525(一部敬称略 2015年10月30日 渋谷TSUTAYA O-WESTにて撮影)