【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【梅村デザイン研究所】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« MEJIBRAY at 日比谷野音~盲目の猫を殺した猛毒 | メイン | 【Music Jacket Gallery】サウンドトラック盤ジャケット特集<中編> »

2015年10月21日 (水)

スポーツ・オブ・ハートの田川ヒロアキ

スポーツの秋か…。
スポーツはダメだナァ…。
これでも水泳とスキーは得意なんだけどね…。
この二つの種目にしたって小さい頃から親がやらせてくれていたからナントカなっているだけの話しで、スポーツ全般、見るのもやるのも消極的だ。
部屋で音楽を聴きながら本を読むか、Marshall Blogの『イギリス-ロック名所めぐり』や『ミュージック・ジャケット・ギャラリー』の記事を書いている方がいいな。
昔は中古レコード屋でLPをガサガサめくる速さは誰にも負けなかったけどな。そんな機会もなくなっちゃった。だいたい「中古レコード探し」はスポーツじゃないか…。

そんな運動に縁遠いヤツが来ているのは代々木の第一体育館。
ここで10月17~18日の二日間にかけて『SPORTS OF HEART 2015』というイベントが開催された。
プログラムから主旨をそのまま引く…「障がい者スポーツ、アスリート達とふれあい、応援し、感動を共に分かち合う。健常者と障がい者の枠を超え、豊かな未来の日本を創造するためにスポーツ選手、アーティスト、文化人たちと一緒に応援しよう」。
ストレートに言えば、「障がい者スポーツの普及」を目的とした国レベルのイベントだ。

A10体育館の中では色んなミュージシャンや芸能人が登場するステージが展開した。
若い人は昔ここがプールで、オリンピックを開催したということを知らない人も多いらしい。
私は小学校6年生の時に、ここの「高飛び込みの教室」に通っていたし、夏になるとよく今の家内と泳ぎに来ていたものだよ。
このステージに田川ヒロアキが登場するのだ。

120ウワッ!お客さんがいない!日にち間違えたか?

130…なんてことはなくてコレは本番前日のリハーサル。

140ヒロアキくんのお供はもちろんMarshall。
185

最近完全導入したヘッド、JVM210Hと1936V。それに1960Bを付け加えてすべてのスピーカーを鳴らした。複合インピーダンスってヤツやね。
どうよ、Marshallのワンハーフ。なかなかカッコいいべ?モノスゴイ音圧!

160v横から見るとこんな感じ。1936の方が1960よりチョット奥行きが浅い。
ヒロアキくんは今のところJVMの四連のフットスイッチに三種類のトーンをメモリーさせて、残りのひとつにループのオン/オフをアサインしている。
ループはディレイをパラレルに接続…という超シンプルなセッティング。

170vリハーサルが始まった。

170共演するのは大鼓(おおづつみ)の大倉正之助
能楽囃子大倉流大鼓 重要無形文化財総合認定保持者にして日本能楽会会員、能楽ユネスコ世界無形文化遺産だ。

180v方や、山口県下関出身、山口ふるさと大使にしてビールが大スキな田川ヒロアキ!それとMarshall!
150

大倉先生、とにかくスゴイ!
能楽囃子というのは例の「イヨ~、ポン!」だ。その声と音のヌケが尋常じゃない。
スゲエ迫力!
とにかくこの乾ききった大鼓の音のハイが凄まじい。もはや1959のトレブルとプレゼンスをフルテンにしてもまだ足りない位のハイの出ようなのだ。しかも完全クリーンなので、おっそろしく音が抜けまくる。ヘタするとMarshallより音がデカいのでは?って感じ。
伝統芸能恐るべし。
しかしさ、このMarshall Blogで「四人囃子」以外に「囃子」という字を使う時が来るなんて夢にも思わなかった。
ヒロアキくんの他流試合ぶりにはまったく脱帽だ!

190出番はオープニング・セレモニーの一曲。

200リハーサルはバッチリうまくいった!

205後は仕上げを御覧じろというワケでツーショット。

210そして本番当日。
10

会場は大いに盛り上がってる。

05スゴイよ、こんなに協賛がついてる。
主賓には国会議員も列席するぐらいの大イベントなのだ。

30会場内には様々な出店が設置されている。
コレは足湯だって。

40外のスペースにもステージが設けられアイドルグループが出演して大騒ぎになっていた。

50
70
もちろんバラエティに富んだ食べ物の売店も数多く出店されていた。

60アメリカン・フットボールをやっているウチの子たちが以前から騒いでいたので名前は知っていたけど、このアンダー・アーマーってのは躍進が著しいね。
私もアウトレットでバッグを二つほど買って使っているけど実にいい感じ。

80会場入り口にはイベント出演者を紹介するパネルがズラリ。

90おお!ヒロアキくんのパネルも!

 100v
ハイ、この写真は私が撮りました。宣伝、宣伝…と!
何ともうれしいもんですな、大勢の人に自分の作品を見てもらえるのは。
ヒロアキくんのアルバム『Ave Maria』のジャケットを撮影する時に写したものね。

Cd_img_3247

体育館の入り口には有名運動選手の「商売道具」、イヤイヤ、何ていうの?靴とかバットとかの愛用グッズ…も飾ってある。
好きな人にはタマらんのでしょうな。

105いよいよ本場だよ~!
ヒロアキくんたちの出番は一番最初のオープニング・セレモニーだ。

510_2大イベントの開会セレモニーとあって「君が代」を演奏するのだ。

520_2田川ヒロアキ…もうわかってるか。

530大倉正之助…先生もバッチリ着替えてカッコいい!

540バッキング・トラックが流れ出す。
おお、何とヒロアキくん作の「Seascape」!
よくコンサートのオープニングに演ってるヤツね。もうおなじみの曲だ。コレが君が代?

550と思ったら、絶妙に「君が代」のメロディを突っ込んで来た!「♪千代に、八千代に」だ!
ウマい、ウマいぞ、田川!
…って昨日リハで聴いたどころか、事前に音源送ってもらってるじゃねーかってか?

560先生がまた絶妙な間で合いの手を入れる。実にスリリング!

570ほとんどルパートのようなスローテンポなので合わせるのが難しそうだが、そこは阿吽の呼吸だ。
音楽に洋の東西の別がないことを示しているかのようだ。ホントはあるが。

575それにしてもこのギターの音!タマらんわ~!
程よい中域感が聴く者をウットリさせる。コレが「いいギターの音」だ。
音色もグレードアップしたが、JMDの時よりも押し出しが強く、ピッキングのニュアンスがより一層鮮明に出るようになった。

Cd_s41a4755 やはりJVMと1936Vの組み合わせは抜群だ。
クッソ~、やっぱり真空管のアンプの音っていいナァ~。

610

国歌だろうが、オリジナルだろうが、弾くところはシッカリ弾きまくる!
初めてヒロアキくんを見た会場の人たちは完全にジョウ・ドロッピング!

585誰が考えたか知らないけど、大倉先生の大鼓とのコンビネーションも音楽的に実に素晴らしいものであった。

580

こないだのボーイ・スカウトは暑くて死ぬかと思ったけど、ヒロアキくんにくっついてるとホント面白い仕事に関ることができる。Marshallもいろんなところで活躍できるというものです。

Cd_img_3183 世界広しといえども鼓と共演しているMarshallが他にあるかッ?!
イヤ~、今回もいいものを見せて頂きました!
ありがとうヒロアキくん、美瑞穂さん!

590田川ヒロアキの詳しい情報はコチラ⇒fretpiano

515

終演後、私の写真と記念撮影。イヤ、ヒロアキくんの写真だ。
会場内を歩いていても「すごかったです!」、「感動しました!」と多くの人から激励のお言葉を頂戴したヒロアキくんなのであった。

600(一部敬称略 2015年10月17日 国立代々木第一体育館にて撮影)