【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【梅村デザイン研究所】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« gift to you~DIRTY OLD MEN登場! | メイン | SHOW-YA 『V.S. MYSELF~熟女なめんなよ!歳忘れ暴れ倒しGIG~』<後編> »

2014年3月 4日 (火)

SHOW-YA 『V.S. MYSELF~熟女なめんなよ!歳忘れ暴れ倒しGIG~』<前編>

以前にも何度か書いたが、昨年Marshallの社長夫妻が来日した時、Marshallを愛用してくださっているミュージシャンにご参集いただきパーティを催した。
もちろんsun-goさんをはじめ、数人の女性ギタリストやドラマーも参加してくれた。それを見て社長夫人は、「日本にはこんなにシリアスな (「ちゃんと楽器が弾ける」という意味)ガール・ミュージシャンがいるのね。イギリスにはカワイコちゃん歌手はいるけど、ミュージシャンはいないのよ。これぞガール・パワー!」とよろこんでいた。
ロックはイギリスの主要輸出産業のひとつだ。そのロック王国が生んだMarshallの社長の奥様を驚かすほどのパワーを持っているのが日本のガール・バンド。
特に昨今のガール・バンドの隆盛と浸透ぶりは、アニメやゲームと並んで、もはや今や日本が誇るオリジナルの文化とみなしていいのではなかろうか?
そして、その先駆者のひとつであり、革新者であり、女王である存在がSHOW-YAであることに異論を唱える者はなかろう。

それなのに昨年末に開催されたコンサートのタイトルといったら…『V.S. MYSELF~熟女なめんなよ!歳忘れ暴れ倒しGIG~』…コレがいい!エエイ、最高にカッコよかったゼイ!

10会場ロビーにズラリと並んだ花たち。

30オリジナルTシャツも好評だ。「熟女ナメんなよ!!」って誰もなめませんからッ!

40豪華コンサート・プログラム。スッカリ売り切れになっちゃってたけど、コレがまた素晴らしい!

50中は私が撮らせていただいた写真がギッシリ満載なのだ!家宝、家宝。

60今回は「飲み放題席」というスペースが設けられ、グデングデンになりながら、SHOW-YAを見て暴れ倒そう!という凄まじい企画。この専用入り口から酒豪達が「元を取らん」と意気揚々と階段を上がって行った。

20いよいよショウがスタート。

70寺田恵子

80v五十嵐sun-go美貴

90v中村美紀

100v仙波さとみ

110v角田mittan美喜

120vいつもの5人。ああ、このホーム感がタマらない!
そしてこのゴージャスなステージセットが何とも素晴らしい。

170いつも通りsun-goさんの機材を紹介しておく。ゴメンね~、仕事だから許してね~。

130愛用のアンプ・ヘッドはMarshall JVM410H。

140キャビネットはMarshall初のシグネチャー・キャビネット、1960BDM。MegadethのDave Mustineのモデルだ。

150足元のようす。左はJVM4に付属している専用フットコントローラーだ。

160オープニングは「奪い取れ」。

180ドワ~、すごい音圧!

190vいきなりのスロットル全開。これぞロックの迫力だ!

200v2曲目は「流星少女~Shooting Star 196X~」。

210コレは個人的にも印象深い曲。カメラがなかったらアタシもタオル振り回すんだけどな~。

2203曲目は「Look at Me」。
80キタ、キタ~!sun-goさん、ソロ炸裂!
270v「年末だよ、全員集合!」と恵子さん。「今年(2013年)は29年目、普通は30周年にシングルを発売したりするけど、29年目にやっちゃいました!」
2013年は『NAONのYAON』の復活や23年ぶりのシングル「V.S. MYSELF」を発表するなど、にぎやかな一年だった。
全員集合してこうして年末に騒ぐなんて実に素晴らしいことだ。

240しかも、今回はただ騒ぐだけではなく、SHOW-YAが発表した古今東西のシングル曲をすべて演っちゃおうというオールド・ファンならうれしすぎて座りションベン(下品でスミマセン!寅さん観てると思って許してくだセイ)しても無理ないという超絶企画!

250vそのシングル・コーナーの最初は「ONE WAY HEART」。
1986年発表。とんねるずのテレビ番組のテーマ・ソングになった曲。
2902013年7月のBLITZの『QUEENS BIRTHDAY』でも演奏した。ポップなメロディが魅力的だ。
70v続いて「しどけなくエモーション」。
これも1986年の発表。
作詞は湯川れい子さん。作曲はキャプテンだ。

260
「しどけない」って使わない言葉だよね。私も人生いい加減長いことやってるけど、「あ~、彼女ってシドケナイよね~!」なんて言ったこともなければ、聞いたこともない。
意味を正確にとらえている人はいるかな?いない?じゃ、ここで勉強しとこう。「しどけない」とは「身なりが乱雑でしまりがない」こと。または「分別のない」という意味。
「しどけなくエモーション」…か。いいタイトルだよね。曲ももちろん最高!

300vまだまだ続くシングル・コーナー。

310v続いては「素敵にダンシング (Coke is it)」。
20v1985年のSHOW-YAのデビュー曲だ。
ロンドンはSt. John's Woodのおなじみ「Abbey Road Studio」でミックスダウンされ、12”(30cm)のシングル盤として発売された。
このあたりの話しは別の切り口でまたそのうち「名所めぐり」で紹介するつもり。

90サブタイトルに「Coke is it」とある通り、コカ・コーラのCMソングだった。SHOW-YAのメンバーもCMに登場していたらしいが、まったく覚えがないな…1985年と言うと…就職して、いきなりドサで富山にいたわ。富山ではきっと放映されてなかったんだろうな。見たいナ。

110自販機にもSHOW-YAの皆さんのポスターが貼ってあったんだって!またそういうのやって欲しいナ~。

130v…とこの曲を終了したところで、さとみさんが発見!

132 ステージそでのスタッフがコーラを手にしている!スゴイ!ナント言うか10cc的楽屋落ちの演出。歴史がなきゃこんなことできませんゼ!

Cc…と、ここまで超なつかしのナンバーを3曲プレイ。
プレス・ピットからフト、後ろの客席を見ると、熱心なファンの皆様の目がもうウルウル…。

280まだ、ショウは前半だというのにオッソロしいまでの充実感。今日もいいコンサートになること間違いない!
150v

そうそう、明日、3月5日は「sun-goの日」なのだ!

SHOW-YAの詳しい情報はコチラ⇒SHOW-YA OFFICIAl SITE

320v<後編>に続く

(一部敬称略 2013年12月28日 ZEPP DYBER CITyにて撮影)