【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« 人間椅子 レコ発ツアー『萬燈籠』~おどろの日 | メイン | 人間椅子 レコ発ツアー『萬燈籠』~どろろの日 »

2013年11月27日 (水)

【緊急速報!!】奥田民生のMarshall~『奥田民生2013ツアー SPICE BOYS』から

Marshall Blog久しぶりの登場は奥田民生のMarshall。
民生さんは本日2013年11月27日ニューアルバム『O.T. Come Home』をリリース!
それに時期を合わせ『奥田民生2013ツアー SPICE BOYS』を敢行。
全国16公演。今日明日、東京は中野サンプラザホールでファイナルを迎える。
そして、今回のツアーもMarshallがお供させていただいた。
民生さんのMarshallをのぞいてみよう!

10メインの1974年製の1959と1960B。

50v基本的にこのスタックは常に鳴らされている。
リンクして使用。

60パワー管を2本抜いて出力をダウンさせている。マスター・ボリュームも追加されている。

70今回は常にこの1959スタックを鳴らし、他のアンプの音を混ぜる方式を採用している。どういう風にそれらを使い分けているのかというと…「気分」だそうだ。もちろん大体のことは曲に合わせて決めている。
キャビネットは2系統の信号を受けられるように改造してある。

80こちらは1973製のPA20のスタック。
ヘッドのモデル・ナンバーは1917。その名が示す通りPA用のアンプで、元来このヘッドは細長いコラム・スピーjカーと組み合わせで販売されていた。

このキャビネットは元々18インチのスピーカーが搭載されていたベース用のものとされている。
Marshallのスピーカー・キャビネットの歴史は古く(なにしろ最初はスピーカー・キャビネット屋)、モノスゴイ多くのモデルが過去に存在していたことに加え、確固たる資料が残されていない。
それゆえ過去のモデルの調査をする時に苦労するのはいつもスピーカー・キャビネットに関して。
18インチのスピーカーを搭載していたのは1980と1988というモデルだったようだ。

そして、この民生さんのキャビネットは、18インチのスピーカーを取り払い12インチ・スピーカーを2台搭載している。

20v見た目はHandwiredシリーズで復活を遂げた2061Xと同じ。詳細は拙著『Marshall Chronicle』をご参照あれ。

3020Wとは思えない音圧!

2台とも「コレコレ!」と思わず声を出したくなるような絶妙なMarshallトーンだった。

40やっぱり民生さんにはMarshallが良く似合う。

これが本日発売のニュー・アルバム『O.T. Come Home』。
レコーディングでは上のPA20も大活躍したとのこと。

奥田民生の詳しい情報はコチラ⇒OKUDA TAMIO OFFICIAL WEBSITE

Cd(一部敬称略 2013年11月27日中野サンプラザホールにて撮影)