Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。
【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【CODE/GATEWAYの通信トラブルを解決するには】

« Music Jacket Gallery~日本独自ジャケットLPコレクション<中編> | メイン | マジで『バンドやろうよ!!』~SCANDAL編 <前編> »

2013年6月 5日 (水)

Music Jacket Gallery~日本独自ジャケットLPコレクション<後編>

Shige Blog 2012年7月25日 初出

今回のガラス・ケースの立体陳列は、欧米の歴史のあるレーベルから新興のレーベルまでを網羅したレーベル・ヒストリーCDボックスだ。

レコード会社の音楽性をシンボライズしたものがレーベルといえるワケだが、各CDボックスにはそれぞれのレーベルの特徴を集大成した数多くの音源やその沿革を記した豪華なブックレットが同梱されており、重量感に溢れたパッケージと共に、目と耳とで楽しむアーカイヴとしての付加価値が最大の魅力だ。むしろ音源はもう揃っているだろうから、この手のものは入れ物やブックレットが目当てだったりもする。と言うは易し、買い難し。

「箱」の形をしているCDをすべて自家薬籠に抱え込んでいる日本一のコレクター、植村氏のみが公開できる壮大なコレクションといえよう。

今回登場するレーベルは、アメリカから…

SONY(米COLUMBIA)100周年(26枚組)

CAPITOL 60周年(6枚組)

ATLANTIC 50周年(9枚組)

WARNER BROTHERS 50周年(10枚組)

CHESS (15枚組)

SUN (9枚組)

MERCURY (7枚組)などを展示。

イギリスからは、

HARVEST(5枚組)

CHARISMA(4枚組)

FACTORY(4枚組)

2 TONE(4枚組)など。

個性的なレーベル・ヒストリーCDボックスの魅力が堪能できるという仕組みだ。それではひとつずつ展示品を見てみよう!

● THE CHESS STORY 1947?1975 (CHESS 1996)
戦後、チェス兄弟によって設立されたチェス・レコードの音源を集大成した15枚組CDボックス。チェス・レーベルがブルース、ソウル、R&Bを中心にアメリカの音楽シーンを牽引してきた功績には大きなものがある。詳細な資料を掲載したブックレットも貴重だが、15枚目のCD-ROMにはチェスから発売された全カタログが網羅されている。

MjgIMG_0045

● THE FAMOUS CHARISMA BOX (VIRGIN CHARISMA 1993)
1968年にトニー・ストラットン=スミスによって創立されたカリスマは、その名にたがわず極めて先進的かつ個性的なレーベルだ。この4枚組CDボックスには、こうしたレーベル・ポリシーに賛同したユニークなアーティスト群の作品が網羅されている。「不思議の国のアリス」に登場するマッド・ハッターのデザイン・キャラも人気の的だ。

MjgIMG_0050

● 50 GOLDEN YEARS 1952?2002 / A COMMEMORATIVE COLLECTION (SUN 2002)
50年代中盤のロックンロールの黎明期に多大なる功績を残したサン・レコード設立50周年を記念して発売された8枚組のCDと7インチ・シングルの9枚組ボックス。

7インチ・シングルはエルヴィス・プレスリーの最初期の貴重な音源。パッケージは昔のファイル・カードを模したもので、CDの収納方法にもかなり工夫がなされている。

MjgIMG_0052

●CAPITOL RECORDS 60TH ANNIVERSARY 1942-2002 (CAPITOL 2002)
1942年に創立されたキャピトル・レコード60周年記念の6枚組CDボックス。40年代から2000年代までを網羅したCDは各年代ごとにデジ・パックに収められ、144ページに及ぶ写真集もパッケージと同様に豪華な布製で作成されている。見るからに高そうだニャ~!

MjgIMG_0054

●REVOLUTIONS IN SOUND WARNER BROS. THE FIRST FIFTY YEARS (WARNER BROS. 2008)
1957年に創立されたワーナー・ブラザーズ・レコード50周年記念の10枚組CDボックス。レコードを模したレーベル・デザインや各種の傘下レーベルのデザインも見る目に楽しいパッケージだ。68ページのブックレットにはレーベルの沿革はもとより、詳細な資料が述されており、まさにアーカイヴ・ボックスのお手本となるものと言えよう。これも高そうだニャ~。

MjgIMG_0055

● PALATINE / THE FACTORY STORY 1979?1990 (FACTORY 1991)
70年代末期に創立されたファクトリー・レーベルは、マンチェスター・サウンドというジャンルを形成させたばかりでなく、ジョイ・ディヴィジョンという不世出のグループを輩出させた点でもその功績は大きなものがある。LPサイズのCDボックスは、ブックレットも大判のため、高齢者には読みやすさこのうえなし!ありがとう!

MjgIMG_0057

● BLUES, BOOGIE, AND BOP : THE BEST OF THE 1940’S MERCURY SESSIONS (MERCURY 1995)
40年代のマーキュリー・レコード黄金期のブルース、ブギ、ジャズなどを集大成した7枚組CDボックス。戦前の貴重なSP音源の収録はまさにアーカイヴ・ボックスならではのもだが、何よりも目をひくのが当時のラジオを模したレトロ感に溢れたパッケージ・デザインだろう。

MjgIMG_0059
● FOREVER CHANGING : THE GOLDEN AGE OF ELEKTRA RECORDS?1963 TO 1973 (ELEKTRA 1996)
1963年の創立から1973年までのエレクトラ・レコードの黄金期を集大成した5枚組CDボックス。この限定版ボックスにはポスト・カードやピンバッチなどのオマケも同梱されており、見る目の楽しさも倍加されている。CD-ROMにはエレクトラから発売された全ディスコグラフィーと、プロデューサーのインタヴューも収められており、貴重な資料となっている。

MjgIMG_0066

● SONY MUSIC 100 YEARS : SOUNDTRACK FOR A CENTURY (SONY 1999)
米コロンビア・レコード(現ソニー・ミュージック)設立100周年を記念して発売された26枚組CDボックス。クラシックからジャズまでの全てのジャンルの中から各アーティストの作品を1曲ずつ合計548曲という膨大な音源を収録している。100年という歴史の重みを感じさせる重厚で壮大なパッケージと共に詳細な資料を満載したブックレットも貴重なものだ。

MjgIMG_0068

● HARVEST FESTIVAL (HARVEST 1999)
1969年にEMIレコードの中に設立された先進的なレーベル、ハーヴェスト創立30周年の集大成である5枚組CDボックス。レーベルの沿革を詳細に述したアート感覚に溢れたブックレット型のパッケージが秀逸だ。Barclay James Harvestがフィーチュアされているのが見える。このグループ、70年代にはチャーター・ジェット機でツアーしてたのよん!オール・カラーのブックレットの巻末に載せられた全ディスコグラフィーは資料的に重要なものだ。

MjgIMG_0070

● BEARSVILLE BOX (BEARSVILLE 1996)
聖地ウッドストックで1969年に設立された名門ベアズヴィル・レーベルの作品を網羅した4枚組CDボックス。単行本型の独創的なパッケージは、CDの収納トレイや腰巻き帯にまで工夫がなされ、デザイナーのクリエイティヴィティが遺憾なく発揮されている。シリアル・ナンバー・カード封入の完全限定版で、日本のみの企画・発売だ。
MjgIMG_0072

このカード欲しいナァ~。

MjgIMG_0074

● THE COMPACT 2 TONE STORY (2 TONE 1993)
70年代後半に設立されて以来今日に至るまで「スカ」というジャンルを定着させた功績も大きい2トーン・レーベルの作品を集大成させた4枚組CDボックス。白と黒との市松模様が特徴的なレーベル・ロゴを始め、パッケージ・デザイン全体がこうした2トーン・カラーに統一されており、レーベルの特色をうまくデザイン処理している。

MjgIMG_0077

ミュージック・ジャケット・ギャラリーの詳しい情報はコチラ⇒金羊社公式ウェブサイト

(テキスト原文執筆:植村和紀氏)