【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【梅村デザイン研究所】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« The Amazing Uemura Collection~Music Jacket Galleryの源 | メイン | Speak of the Devil ~ ビックリしたな~モウ! »

2013年4月10日 (水)

Plastic Tree 東京キネマ倶楽部一週間公演「裏インク」

黄色いライトに染まった観客で立錐の余地がまったくないある日の東京キネマ倶楽部。

Plastic Treeが7日間連続のライブを敢行した。もちろん連日この通りの超満員。

日替わりでテーマとする「色」が決められており、取材に訪れた3日目は「黄色」。そのため、客電も写真の通り黄色にセットされているのだ。

10

Plastic Treeは1993年結成。マーシャル・ブログ初登場である。

20

ボーカル&ギター、有村竜太朗。

30v

ギター&キーボード、ナカヤマアキラ。

40v

ベース、長谷川正。

50v

ドラム、佐藤ケンケン。

60v

マーブロ初登場というぐらいなので、私も今回初めてPlastic Treeのショウを拝見した。

80

もちろん人気の高いバンドなのでその名前は十分に認識していた。しかしこの日が私にとって初プラトゥリ・ステージ。実は結構以前から関わりがあったのだ。その関わりについては後に記す。

105

見た目から想像するにPlastic Treeはボーカル&ギターの竜太朗さんの個性がかなり前面に出ているバンドと思われるであろう。

90v

事実そういう部分も大きいのだが、バンド全体ではこれがなかなか一筋縄でいかない独特の雰囲気とサウンドを持っているのだ。

100

けだるそうなキャラクターの竜太朗さんは何とも言えない魅力があって…

110

このバンドのフロントマンとしての役割を完璧に演じている。

120

さらに、このバンドをこのバンドたらしめているのは、ギターのアキラさんであろう。

130

先に書いた以前からの関わりというのは、実はアキラさんは2007年初頭ぐらいからのJVMプレイヤーなのだ。長いことJVMを使っていただいているギタリストの方はもちろんまだいらっしゃるが、2007年の初頭というのはJVMが発表になってすぐのこと。その発売になったばかりのJVMを引っ提げてPlastic Treeが武道館公演に臨んでいただいたのがものすごく印象に残っていたのだ。

140v

今日は改造版のJVMとMFキャビをメインに使っていたが、予備にはしっかりと通常のJVM410Hがスタンバイされていた。

Pt_img_7360

アキラさんのギター・プレイはヌーノ・ベッテンコートのシグネチャー・モデルから想像されるサウンドとはほど遠く、まったく独創的なものだ。

ディレイを多用したそのプレイはまるでデヴィッド・トーンのような幻想的なサウンドをクリエイトする。

150v

その独特なギター・プレイが同期のサウンドと絶妙にマッチしているのだ。そして、至極ポップな歌メロとイビツにも美しく絡み合う…というところがPlastic Treeの私流の味わい方だ。

160v

同期の操作の他、キーボードも担当している、アキラさんはまさにこのバンドのサウンドの核なのだ。

165

その独創性をガッチリとバック・アップするリズム隊も魅力的だ。

170v

アキラさんの繊細なギター・プレイと好対照なワイルドなプレイを見せるベースの正さん。

180

アクションも派手で目を惹く存在だ。

190v

クリスピーなドラミングでバンドをプッシュするケンケン。

200

同期のサウンドと寸分のズレも見せずに正確なビートをたたき出す。

210v

このシンプルでストレートなドライブ感もこのバンドの人気の的だ。

220v

もちろん幻想的な雰囲気の曲ばかりではまったくない。そもそも、「幻想的」みたいに感じているのは私ぐらいなのかもしれないな。だいたい私みたいなオッサンもひとりだけだし…。

240

でも感じ方は人それぞれ。すごくよかった。

250v

で、エキサイティングなドライビング・チューンも数多く用意されていて観ているものを飽きさせない。

230

ショウの後半はこの通りのノリノリ状態なのだ!

260

もちろんそんな時はアキラさんもガシガシ弾きまくる。

285

でも、どこか、こう、なんか違うんだよな。趣味ガラ、仕事ガラ、ずいぶんと色んなギタリストを見てきたが、アキラさんはかなり独特な方に入るな~。

280v

竜太朗さんも、やたらめったら観客を煽ることはせず…

255

あくまでも歌で観客をエキサイトさせようという感じ。

270

こうして熱狂のうちに本編が終了。

290

アンコールにはアコギを携えて竜太朗さんがサブ・ステージに登場。しっとり感満点だ。

300v

最後はおそろいのTシャツに着替えて登場!

310

「プラトゥリのライブ、いつノルの?」、「今でしょ!」みたいな盛り上がり感。もちろんステージもお客さんもずっとノッてるんだけどね!

320v

キネマ倶楽部からは、残り4回4日間、この調子でブっちぎったやに聞いた。さすがPlastic Tree。また是非観たいバンドだ。ますますの活躍を期待して止まない。

330v

Plastic Treeの詳しい情報はコチラ⇒Plastic Tree Website

340

(一部敬称略 2013年3月13日 東京キネマ倶楽部にて撮影)