【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« FoZZtone 『Pageant : Keller Water 完成披露会』 | メイン | 【歳末SCANDALスペシャル!】 『QUEENS ARE TRUMPS ―切り札はクイーン― 』 <前編> »

2012年12月26日 (水)

【50 YEARS OF LOUD LIVE】vol.2~Doug Aldrich, Tim "Ripper" Owens, Nicko McBrain

Vol.1よりつづく>

2番手のギタリストはDoug Aldrich!ハウス・バンドはそのまま居残りでフロントが入れ替わる「マーシャル祭り方式」。(あ、この名称は勝手に自分で言っているだけです…。知ってる人にはこの方が早い)

50_2_img_0294

Doug Aldrich(ダグ・アルドリッチ)

50_2_img_0211

ボーカルはTim "Ripper" Owens(ティム・リッパー・オーウェンズ)。
50_2_img_0158

やっぱりカッコいいダグ!
50_2_img_0331

もちろん、出演するギタリスト全員がこのコンサートに一方ならぬ思い入れがあるハズだが、ダグのそれは特に熱いものだったようだ。

50_2_img_0153

以前マーブロで紹介した、このコンサートに寄せたダグの言葉を見るとそう思わざるにはいられない。
50_2_img_0248

ダグのマーシャル。キャビネットは両方1960BX。ヘッドはYJM100とJVM410H。主にYJM100を使用していたようだ。

Img_8586

1曲目はBlack Sabbathの「Heaven and Hell」。

50_2_img_0242

「♪Sing me a song, you're a singer」…以前にも書いたけど、昨日のリハーサルで聴いた時からこれがもう頭にコビリ付いちゃって!

リハをいっしょに見ていたサンチャゴも同様で、気が付いてみるとお互いコレを歌っている。何とか断ち切ろうとして歌わないようにして忘れていると、サンチャゴが歌っていてまたこっちも歌いだす…というピンポン感染状態で、もう苦しいやら、おかしいやら…。やっぱり名曲というものは恐ろしいパワーを持っているものだ。

50_2_img_0155

実は私はブラック・サバスに夢中になったことがなくて、極初期の作品しか耳にしたことがなかった。

50_2_img_0170

恥ずかしながら初めて聴いたのが2010年にロンドンで開催された「High Voltage」というロック・フェスでのこと。すでにハイ・ボルテージのことは新旧マーブロで何回か触れているが、これは初めて書く。

50_2_img_0160

このフェスは「ロニー・ジェイムス・ディオに捧げる」と副題され、出演したHeaven & Hellが大きな喝采を浴びていた。

50_2_img_0172

そこでこの曲が演奏されたのだが、会場にいた数万人の観客があのリフを大合唱したのだ。それが印象的でまずはリフが頭に叩き込まれてしまったというワケ。

50_2_img_0326

もちろん、ダグも当のロニーとこの曲を演奏していたワケだから、感情の込め方たるや尋常ではなかろう。

そういえば、来日したZappa Plays Zappaの女性マネージャーが「この日本のツアーでZPZは終わりなの。次はHeaven & Hellにつくのよ」なんて話していたのを思い出すな。
50_2_img_0205

相変わらず素晴らしいダグの情感豊かなプレイ。

50_2_img_0218

感極まってブチかますオーバーベンドがタマらない。

50_2_img_0250

「I can't hear you!!」と観客をあおるリッパー。

50_2_img_0141

普段着姿の昨日のリハとはエライ違いだ!ものスゴイ声!

50_2_img_0229

2曲目はWhitesnakeの「Slide it in」。
50_2_img_0259

ノリのいいストレートな曲調で会場も一層盛り上がる!
50_2_img_0244

ここでドラムがニコに替わる。
50_2_img_0265

3曲目はIron Maidenの「Flight of Icarus」。ホンモノのドラムだ~!1983年のシングル。PVではニコが顔を青く塗ったグリム・リーパー(死神)に扮している。

50_2_img_0268

演奏に加わるNick Bowcott。こっちはホンモノのグリム・リーパーだ!

50_2_img_0302

ハウス・バンドとして、ステージ総監督としてほとんど出ずっぱりのChris George。
50_2_img_0293

ここに再びCorey Taylorが登場!

50_2_img_0300

4曲目がJudas Priestの「Living After Midnight」。

50_2_img_0315
こちらもホンモノのジューダス!

50_2_img_0311

もくもくと仕事をこなすマーシャル・ギター陣。

50_2_img_0319

やっぱダグってストラトよりレス・ポールの方がいいね。音もそうだけど、見た目もダグにシックリくる。
50_2_img_0334

盛り上がる観客を目の前に楽しそうなふたり。そう、全員がこのお祭りを心から楽しんでいる!
50_2_img_0330

それにしても完璧なダグのプレイ。歌を歌うかのようなフレーズと独特な美しいフィンガリング・フォーム、図太いマーシャル+レス・ポール・サウンドでロック・ギターかくあるべし!を見せてくれた。

50_2_img_0324

今後のダグの活動がますます楽しみになった!

50_2_img_0338

つづく

(敬称略 2012年9月22日London Wembley Arenaにて撮影)