Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。
【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【CODE/GATEWAYの通信トラブルを解決するには】

« Living Room Live "NO GUITAR, NO LIFE" vol.02<後編>~マーティ・フリードマン、井草聖二 & D_Drive Yuki | メイン | REACTION~FAREWELL 2 days : Last Night <前編> »

2021年11月29日 (月)

NEMOPHILA無観客配信ライヴ ~ 2nd Anniversary Live 離れていてもミライは1つ!

 
『NAONのYAON 2021』以来のご登場となるNEMOPHILA。
も~、スゴイ人気だもんね~!
今回、無観客配信ライブにお邪魔させて頂いてその人気の理由をつぶさに拝見して来た。
この日のライブは2部構成で、第1部が無料、第2部から先が有料。
NEMOPHILAを知らない人でも第1部をご覧になった方はかなりの確率で第2部も観てしまったに違いない。10第1部のオープニングは「MONSTERS」。
「♪今から始まるRock'n Party Night」という歌詞がまさに今!20v2曲目は「雷霆-RAIREI-」。
「霆」は「いかずち」。
「雷霆」とはすなわち「激しい雷」という意味。
確かに雷が落ちんばかりのサウンドだ。30vSAKIちゃんはもちろんJVM410のハーフ・スタックのタトゥー・モデル。
デザインを担当したのはロンドンに隣接するサーリー(エリック・クラプトンやジェフ・ベックの地元)のエミリー・ウッドというタトゥー・アーティスト。
もう、「このMarshallを見たらSAKIちゃんと思え!」ぐらいのトレード・マークですから。

40vmayuちゃんのご挨拶があって3曲目の「REVIVE」に続く。
60Vサインを掲げる葉月ちゃん。
このチームは「ツイン・ギター」というフォーマットを実に上手に活用している。
それがWishbone AshやThin Lizzy由来のようなモノではなくて、現世代の音楽にピッタリとマッチするやり方なのだ。50たむちゃんのタイトなドラムスとハラグチサンのベースのコンビネーションでスタートする「Fighter」。
「♪飛ばせ、飛ばせ」がとても印象的だ。
続けて「DISSENSION」。
も~ゼンゼン異議なし!
問答無用でカッコいいわ~。
 
これにて第1部終了。
冒頭にも書いたけど、NEMOPHILAを知らずに偶然観た人でもココまで観ちゃったら第2部もイッちゃうでしょ~!
S41a0191そして間髪入れず第2部がスタート。
1曲目は「SORAI」。
これまたゴキゲンなヘヴィ・チューン!
歌詞もオモシロイ。
「SORAI」は「爽籟」か…。
何でも「籟」は穴が3つ空いた笛のことで、心地よい秋風の音を笛の音に喩えた言葉が「爽籟」だそうで。
このチームは勉強になるな。80そして、たむちゃんが歌う「Breaking Out」につなげた。
70vmayuちゃんのご挨拶。
「ありがとうございます!改めましてNEMOPHILAです!」
ココから観た人もいるかも知れないからね。
周年のライブってことですよね!
新曲メチャクチャ演ります。
今日は歴史に残りますよ!
最後までよろしくお願いします!」
と叫んだ次の曲のタイトルは「Blooming」。90そして、葉月ちゃん作詞、ハラグチサン作曲の新しいナンバー「Hypnosis(ヒプノシス)」。
11月16日にデジタル・リリースされたシングル曲。
我々の世代(要するにおジイちゃんのこと)のロック・ファンで「ヒプノシス」というと、100%イギリスのデザイン集団「Hipgnosis」を連想してしまうが、こちらは「催眠術」の方の「ヒプノシス」。
この曲、いいな~。
アラビック・ロックとでも言えばよいのか、エジプシャン・ロックとでも言えばよいのか…日本のバンドはドンドンこういうことをして欲しい。
カッコいいことこの上なし!
アラビア文字風のジャケットもいい感じ。
ところで…絵文字を使う時って英語でも日本語でも文章の最後、すなわち右側に来るでしょ?
例えば日本語なら…
「どうもありがとうheart01winkgood
みたいな…ところがアラビア語って右から読むので絵文字が右端に来るんだよ。
heart01winkgoodشكرا كتير
どうでもいいことでスミマセン!
145_cd先日公開されたこの曲のMVがコレ。


ハラグチさんの家に飾ってあるエジプト風の絵のポーズのモノマネ・コーナーがあって、ゆったりナンバーの「Game Over」から、
130_2たむちゃんのドラムスでスタートする「Creature」へとつなげた。

100v「時の中で私たちは何をするために生まれて来たのだろう…。
みんな…自分と向き合っていますか?
人間、考えることを止めてしまったら、そこでその人の人としてのストーリーが終わってしまうのです。
記憶の中で歩き続けることで意味のあるものになります
自分のライフを続けていきましょう」
と、ハラグチサンの詩の朗読のようなMCから「Life」という曲を披露。
告知コーナーを経て、今度はそのハラグチサンのベースフィーチュアで「Rollin' Rollin'」。
110そして「鬼灯」。
やっぱりいいな、Marshallサウンド。
音ヌケがスゴイ!
140
ショウはクライマックスへ!
「まだまだブッ飛ばして行くぞ~!」
とアオリが入って、第2部でも「REVIVE」。120vそして最後をNEMOPHILAのキラー・チューン「OIRAN」で飾った。S41a0185凄まじいまでの激音と熱情パフォーマンスでこの歴史に残る配信ライブの幕を降ろした。 125NEMOPHILAは12月15日にファースト・アルバム『REVIVE』をリリースする。
今日の配信ライブで演奏した曲はすべてこのアルバムに収録されている。
だからとても楽しみだ!
左がCD+DVD仕様の初回限定盤。
右がCDのみの通常盤だ。

7revive_limited

7revive

今回2回目に拝見したNEMOPHILA…イヤ~、メチャクチャよかったわ~。
 
NEMOPHILAの詳しい情報はコチラ⇒NEMOPHILA Official Website

150 

 ■□■□■□■□■□お知らせ■□■□■□■□■□■□
Marshall Music Store Japan

Marshallのレコード屋さん「マーシャル・ミュージック・ストア・ジャパン」営業中です!
Marshall Recordsのバンドの作品を販売するお店。Canterbury こんな商品を扱っています。

Rews_pyroREWS(リュウズ)!


Marshall Music Store Japanはコチラ
  ↓   ↓   ↓
Marshall Music Store Japan

 200(一部敬称略 2021年10月17日 GARDEN 三宿BRANCHにて撮影)