Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。
【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【CODE/GATEWAYの通信トラブルを解決するには】

« Marshall読み方教室 | メイン | MOBOアウォーズのMarshall »

2021年11月13日 (土)

BMWとMarshall~Marshallサウンドでブッ飛ばせ!


「BMW」というと、以前は「ベンベ、ベンベ」と呼ばれていたように記憶しているが、最近はパタリと聞かなくなった。
今は「ビーエム」と呼ばれるのが普通なのかな?
BMWとMarshallがコラボレーションしてオートバイにMarshallのサウンドを搭載した…ということで、本国のウェブサイトをご紹介。
 
BMW R 18 BとR 18 Transcontinental
 

ゴージャスな旅はMarshallのサウンドシステムで完璧にしよう!
 

The R 18 BとR 18 Transcontinental(トランスコンチネンタル)が他にはない贅沢な旅を提案します。
R 18ファミリーはBMWモトラッドの伝統を象徴するモデルです。
今この時点であれば、R 18 BとR 18 Transcontinentalには特別仕様のMarshallのサウンド・システムが標準装備となっています。
背高のウインドスクリーンを備えた他とは見紛うことのないフロントと無敵のBig Boxer(エンジンの名称)が快適で力強い長距離走行をお約束します。
車体にかかる荷重に応じてシャシを正確に適合させる自動調節機能も装備。
カスタマイズにも対応する準備も整えられていますので、お客様のニーズや目的にピッタリのR 18 BとR 18 Transcontinentalに仕立て上げて頂くことも可能です。

Bm5

クラシックMarshall道中
Marshallは1962年からロックを象徴するサウンドを提供し続けています。
そして、今あなたはR 18 BとR 18 Transcontinentalと出るすべての旅においてそのサウンドを手に入れることができるのです。
BMWと共同で開発した我々の特製のサウンド・システムが標準装備されています。
または6つのスピーカーをドライブさせてパワフルな180Wのサウンドを得る「ゴールド・シリーズ・ステージ1」または「ステージ2」を選択することもできます。
それらは即座にMarshallとわかる他の追随を許さないサウンド・クォリティを誇っています。Bm1

あなただけの方法であなただけの旅を
The R 18 BとR 18 Transcontinentalは強靭なパワーを誇るにも関わらず、リラックスしたクルージングを提供します。
またそれだけでなく、あなたのスタイルに柔軟に適合させることができます。
アノダイズ処理のペイントワーク、より大きなウインドスクリーン、オリジナルのシート、オーダーメイドのエアロ・パッケージ等々、R 18シリーズはカスタム・メイドのリクエストに柔軟にお応えします。

Bm2
モダンなフィーチュアとクラシックなデザイン
BMWのR 18 BとR18 Transcontinentalは未来への思考と伝統的なデザインを組み合わせた、スタイルと素材の完璧な融合です。速度と車間距離を保つアクティブ・クルーズ・コントロール、10.25インチTFTディスプレイ、そしてもちろんMarshallのサウンド・システム等の最新の技術をフィーチュアします。
Bm3

実用のために作る
R 18シリーズは効率的に働きます。2,000回転から4,000回転の領域で最低でも150 Nmものトルクを引き出すことができ、乗り手は十分な手ごたえを得ることでしょう。
このバイクの背後のパワーはくつろぎの旅を提供しますが、決して退屈はさせません。Bm4Photo credit: Victor Jon Goico

以上…。
自慢じゃないけど、私は車やオートバイのことについては全くの門外漢。
「いい車やオートバイを欲しい」と思ったことが本当にないのね。
私にとって「いい車」とは、Marshallの1960やNATALのドラム・キットをラクに積むことができる車なのです。
そんなだから、タイトルにある「BMW R 18 Transcontinental」はマジで「BMWのオートバイに乗って国道18号線でアメリカ大陸を横断する!」みたいな意味かと思ったぐらいなのよ。
オートバイ用語の箇所の翻訳には少々苦労しました。
 
…ということで、ビデオをどうぞ!

本国Marshallウェブサイトの記事はコチラ⇒Marshall LIFESTYLE 

200