Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。
【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【CODE/GATEWAYの通信トラブルを解決するには】

« 本家ウェブサイトがやってるぞ(マーガラ野郎イギリスへ飛ぶ) | メイン | チェリーを三つ入れてください。<前編>~私の新開地(上) »

2020年6月 3日 (水)

Marshall GALA2ビデオ公開!vol.1~THE CORAL CANDIES

お待たせしました!
いよいよ『Marshall GALA2』のパフォーマンス・ビデオを公開しま~す。
当日の登場順に、チビチビと出し惜しみしつつの公開。
 
色々な事情があって、丸々全てをお見せすることはできないことを予めご了承くださいね。
転換時のインタビューもズバっと切らせてもらいました。
 
また書いちゃうけど、イヤ~、もうとにかく編集の作業が大変だったわ。
割愛したパフォーマンスやインタビューのパートも含めると、カット数は全部で4,000を優に超えたのではないかしら?
前にも書いたけど、私も凝り性なもんだから、やり始めるとスッカリ気分は「黒澤明」で1小節進めるのに何回も何回もカットし直したり、差し替えたり…。
SPIN OFF四人囃子#1のところなんか、変拍子を数えるところから始めたよ。
 
そして、やっとできたと思ったら、今度は英語の字幕入れでしょう。
マァ、内容はメンバー紹介と「Thank you very much」ばっかりなんだけど、それでもそれっぽく翻訳するのは結構骨の折れる作業だった。
 
翻訳が終わったら今度はそれを画面に打ち込んでタイミングを調整しなきゃならない。
ビデオに日本語字幕を入れる場合は、「平均的な日本人が1秒間に読めるのは6文字まで」と「字幕は一行に14文字まで」を考慮するべし…と教わったことがあるんだけど、英語の場合はわからんわな~。
せっかく世界に向けてリリースするつもりなので、「なるべくラクに読んでもらいたい」という願いを込めて文字を割りつけた…つもり。
実際は字幕を入れた私でも読むのが間に合わない箇所が数カ所あったけんだど、英語圏の皆さん、ゴメンね。

11_0r4a0292 英訳に関してはかなり意訳しているところもあるけれど、それはカンベンね。
添削はMarshallのマーケティング・チームのフィリッパ・ニースにお願いした。
コレがまた、私に気を遣ってくれたのか、私の英語力が優れているのか(←コレはない)、全編を通じて4つか5つしか訂正箇所を指摘されなかったのです。
実はもっとたくさん指摘されていい勉強になる…と期待していたんだけどね。
また後日出て来るけど、犬神サアカス團は1曲だけ歌詞に英訳をつけてみた。
だって犬神さんのことを知らないでいきなりあの姿を見たら一体どんなことを歌っているのか誰でも気になるでしょ?
で、挑戦してみた。
コレに対するフィリッパの反応がケッサクだった!
 
そんなこんなで、おかげさまで通りいっぺんのビデオの編集作業はできるようになった…かな?
そしてナンダカンダで、この作業を楽しんじゃったかな?
ビデオでコレだもん、脚本を書いて、演技をつけて、自分の意思で撮影をして、音楽をつけて…なんてやって映画を作ったらオモシロイにキマってるよね。
でも、返す返すも思うのは、やっぱり一番大切なのは最初の「台本」や「脚本」だわ。
やっぱりすべての元となる重要な「設計図」だからね。
コレが狂っているとどんなに優れた出演者を擁してもいいモノを作ることは不可能だ。
 
ということで、今日は当日のオープナー、sun-go☆さん率いるTHE CORAL CANDIESのご登場!

3メンバーは、まず五十嵐sun-go☆美貴。
 
GALAのライブ・レポートでも書いたけど、このチームを一番最初に出演させたのはsun-go☆さんのアイデアであり、リクエストだった。
台本を書き直すのに少々知恵を絞ったけど、結果大オーライ!
かなりインパクトのあるスタートになったと思う。

Sungoさてsun-go☆さん、ナント、SHOW-YAがもうすぐ史上初の無観客生配信ライブをするのだ!
GALA2のMCでも触れた通り、2020年はSHOW-YAのデビュー35周年。
現在の礎を築いたデビューから5年の間にリリースした曲のみでセットリストを構成するそうだ。
楽しみだね!
取材したい~!
 
SHOW-YA 配信ライブ『BACK TO SHOW-YA』
6月14日(日) 17:00~19:30
 
詳しい情報はコチラ⇒SHOW-YAオフィシャル・サイト

11_0r4a0241_2 ボーカルズは大山まき。
もうまきちゃんの活躍はコロナなんか簡単に吹っ飛ばす勢いだ。
彼女は初めて見た時からこうなると思ったわ。
そして、いつかはリジー・ヘイルと歌のバトルをしてもらいたいとまで思ってる。Maki2まきちゃんは『BREAK THROUGH』と題したソロ・コンサートが10月と11月に控えてる。
コレは5月に予定されていた公演の振り替え。
今度は必ず実現しますように…。
ちなみにThe Doorsnの「Break on Trough (to the other Side)」って曲にはジム・モリソンが何度か「シゲ!」って私のことを呼ぶパートがあるんだゼ。
 
大山まきの詳しい情報はコチラ⇒大山まきオフィシャル・ウェブサイトMoキーボーズは池尻喜子。
 
5月23日に予定していた「結婚記念日ライブ」が配信になって残念!
でもドンマイドンマイ、結婚記念日は毎年回って来ます。
来年、楽しみにしています!

Yoshiko喜子さんは矢田景子さんの『Lost Spring~灰色の春~』というリレー小説×音楽のツイッター・プロジェクトに音楽を提供した。
 
池尻喜子の詳しい情報はコチラ⇒池尻家Official Website

Yi_2ベースはAzu。
 
Azuちゃんが参加するLAZY guns BRISKYは今年1月から3か月連続で新曲リリース。
ああ、いつかスタジオでバッタリ会った時はコレを撮っていたのね?

Azuそして、LAZYの「Hello, again!」という曲がBSフジの『ESPRIT JAPON』という番組のエンディング・テーマで流れるのだそうだ。

 
LAZY guns BRISKYの詳しい情報はコチラ⇒official website

HaドラムスはMayo。
 
最高にダイナミックなMayoちゃんがビデオで見れますからね、ご注目!MayoMayoちゃんにはこの半年で大きな変化があった。
一昨日の夜に発表されたばかりのホット・ニュースなんだけど、MayoちゃんJEKYLLl★RONOVEに正式加入しちゃった!
コレはマーブロ的にとてもうれしゅうございましてね。
残念ながらまだお披露目の目途が立っていないんだけど、早く観たい!
MarshallだけでなくNATALも活躍する新しいジキロノ…メッチャ楽しみにしています!
 
JEKYLL★RONOVEの詳しい情報はコチラ⇒JEKYLL★RONOVE

Jr…と、コロナ真っ最中でも元気に音楽活動に勤しむTHE CORAL CANDIESのメンバー紹介が終わったところで、『Marshall GALA2』のビデオをどうぞ~!

今後もMarshall Blogにてビデオ公開をお知らせします。
次回はHELL FREEZES OVER。
スゴイよ…乞うご期待!
 
(一部敬称略 Special thanks: Philippa-san, thank you very much!  I really appreciate your generous support)