【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« Marshall GALA2オリジナル・グッズ情報 | メイン | 激音 – GEKi ON – vol.4 <前編>~ AZAZEL »

2019年11月 3日 (日)

CONCERTO MOON~OUROBOROS TOUR 2019千秋楽

 

6_marshall_gala_2_logo2_3新たに芳賀亘を迎えて制作したアルバム『OUROBOROS』のリリースを記念して行われたツアー『OUROBOROS TOUR 2019』の千秋楽のレポート。
7月20日には

10会場は目黒鹿鳴館。
CONCERTO MOONのホーム。
7月20日にも鹿鳴館のライブがツアーに組み込まれたが、Marshall Blogでレポートしたようにその時はイベントでの出演だった。
今回が本チャンの鹿鳴館でのステージとなる。30コレが『OUROBOROS』。
新しシンガーを迎えてのセルフ・カバー・アルバムだが、「声」が変わると「音楽」は別のモノの変わる…のいい例。

20cd島紀史、以下は「ノンちゃん」である。

40v芳賀亘

50v三宅亮

60v中易繁治

70v河塚篤史

80vノンちゃんの背後はもちろんMarshall。

90やっぱりコレである。
こういう音楽にはこういう光景が不可欠なのだ。

100ノンちゃんの愛器MAJOR 1967。

8_110セッティングはこんな感じ。
PRESENEはわかるけど、BASSも「0」というのが意外じゃない?

8_120足元のようす。

130そのお隣のようす。

140千秋楽のオープナーは『OUROBOROS』収録の「Alone in Paradise」。

150芳賀ちゃん、今日も絶好調。
ス~っと声を出してくるからね、涼し気にス~っと。

160一方、コチラは鋼鉄よりも岩石よりもドシっと音を出してくるからね、重々しくドシっと!

170v2曲目も『OUROBOROS』から「Surrender」。

180_srステージ中央に出て猛然と島節を繰り出すノンちゃん。
「島節」…いいダシが出るぞ。

190「みんな大丈夫ですか?」
そうだ、この日は台風15号が関東に上陸してしまってそれこそ雲行きが怪しかったんだ。
「こんなにたくさんの人に集まってもらってとてもうれしいです。
イザ二を空けてみたら会場にはオレたちだけ…なんてことになったらイヤだからな!」
そんな、スパイナル・タップじゃあるまいし!
200mc「今日はツアー・ファイナル。台風で帰れなくなったらどうするか…みんなで白木屋へでも行くか?
最後まで楽しんでいってください」
こういう時、もうひとつの選択肢として「帰れなくなったらどうするか?朝まで演るか!」とお客さんを喜ばせるやり方があるが、私もこういう現場に出入りするようになってカレコレ45年近くになるけど、そう言ってお客さんを喜ばせておいて朝までライブを演り続けたバンドは見たことがない。
そこはさすがノンちゃん、できないことは言わないで「白木屋」で押さえ込んだところがニクイ。
しかし、調べてみると、同じ「白木屋」でも夜中の2時か3時までしか営業していない店舗もあってみんなで行くには下調べが必要のようだ。
260vMCに続いては「Fight to the Death」。

210_ftd惜しげもなく入魂のソロをキメまくるノンちゃん。
もちろんその度に大きな歓声が沸き上がる。

210v「Run to the Sky」、ここまで『OUROBOROS』の収録曲でつなげて来た。

220rts前回のイベントの時は結構出し惜しみしていたからね。
今日は自分の声でレコーディングしたアルバムの曲が大放出だからね、芳賀ちゃんのハジけようが見ていて気持ちいい!

230v_oaoココでニューアルバムから離れて「Over and Over」。

240もちろん旧作のネタもバッチリだ。

250「ニューアルバム以外からの曲を演ります」という短いMCをはさんで「The Last Betting」。

270_tlb1998年のセカンド・アルバム『From Father to Son』から。

280もう1曲は「Tears of Messiah」。

290tom本編のこの2曲では白いストラトを使用。
ギターが変わっても当然ノンちゃんサウンドは変わらない。
いわゆる「島音」だ。
この場合、沖縄は関係ない。

300ココで亮くんのキーボード・ソロ。
340いいよね~、キーボーズ。
SHOW-YAとか、APHRODITEとか、BLINDMANとか、Marshall Blog的には比較的頻繁に出て来るキーボード・ソロだけど、若いバンドさんなんかのコンサートでこういうシーンを見ることはできなんでしょうナァ。
このハードロックの一種の様式美を未来に伝承したいものです。

S41a0488 ところで亮くん、今日お誕生日なんですって!
おめでとう!
ということでもう1枚、バースデイ記念で写真追加!

S41a0020 ショウは後半。
また『OUROBOROS』に戻って「Holy Child」。

350_hc芳賀ちゃんはお召替えして再登場。
全く汗ひとつ流さなかった前半に引き続き相変わらず涼しそう!

360vこちらは熱血ギターで汗みどろ。
同じステージに立っているとは思えない。
しかし、Marshallを背中にしたギタリストはこうなるのが当たり前なのだ!…ホンマか?

370さらに「Into the Fire」。

380_itf今日も几帳面で折り目正しいドラミングが魅力的な河塚さん。
絶対にミスをしない…ように見えるし、実際そうなのだろう。
間違いなく机の引き出しの中がキチンとしているタイプだ。
私もそういう人になりたかった。
390どんなことがあっても自らの道を突き進む鉄人、島紀史。
私にとっての「鉄人」は28号でもなく、ルー・テーズでもなく、衣笠祥雄でもなく…島紀史なのだ。

400v「5月にアルバムを発売して、ツアーが6月から始まり今日でファイナル。
これからは新しいアルバムの制作に入ります。
来年の5月、6月、7月………6月をメドにこのツアーで得た経験とモチベーションを詰め込みます。
期待して待っていてください。
さぁ、ここからはより一層激しく行きますよ!」
480キラー・チューンのひとつ「Savior Never Cry」。

420_snc人気曲だけに一層の盛り上がりを見せる!

430ノンちゃんと芳賀ちゃんを容赦なくプッシュする3人!

440

450v

460v続けて「Noah's Ark」。

470_na再度ノンちゃんから台風の日に集まってくれたファンにお礼の言葉が贈られて本編の最終セクションへ。

490_inoまずは「It's not Over」。

500最後の最後までスロットル全開の鉄人のソロ!

S41a0723 そして最後は「Dream Chaser」。
このコンビネーションもスッカリ板について来た!

515そしてエンディング!
本編終了…外の様子はどうなってるんだ?

520アンコールの1曲目は「Father to Son」。

530_ftsこの表情!
アンコールでも渾身のプレイで観客を圧倒!

540vさらにもう1曲!
この盛り上がりようを見よ!

550その大きな歓声にガッツリと応えた5人!

560v

570v

580v

590

600そして、ノンちゃん…

610ルーティンで完全燃焼!
でも台風のライブはコレだけでは終わらなかった。
620「OUROBOROS」シャツを身にまとって再び登場!
大丈夫なのか…外は。
「こんな嵐の日はパーティなんだよ…ってブラックモアズ・ナイトのベースの人が言ってた。
ツアーを終えて来てこんなに素晴らしい夜を迎えることができました。
これからのアルバム制作に勇気を頂きました!
最後にもう1曲演ります!」

625vファンが狂気乱舞する中、文字通り「嵐のライブ」は幕と閉じた。

630v

640v

650v

S41a1009

660vCONCERTO MOONの詳しい情報はコチラ⇒CONCERTO MOON Official Site

670vさて、島紀史が出演する『Marshall GALA2』…おかげさまですべてのチケットを販売し終わりました。
正直、ホッとしました。
チケットをお買い上げの皆さま、本当にありがとうございます。楽しんでいらしてくださいね~!

6_marshall_gala_2_logo2…ということで、ノンちゃんが出演するのは『GOTWEE3 with KAZUE AKAO』。
「Marshall=ブリティッシュ・ロック」の権化のようなネタをご披露頂きます。
Non小笠原義弘

Ogan山口PON昌人

Ponそして赤尾和重。

CazGALAグッズもよろしく。
会場限定発売です。

今回初登場のトートバッグ。
幅34.5cm×高さ37cm。
ん~、大き過ぎず、小さ過ぎず、実にいいサイズで1,500円(税込)。

0r4a0518もうひとつは、『Marshall GALA2』シャツと…

0r4a0539

0r4a0541ランヤード…。
パスは付いていません。0r4a0532それがMarshallメッセンジャー・バッグに入って3,000円。
コレは前回と同じですな。
前回、アッという間に売り切れてしまったので、お買い逃がしになられた方、今回是非ゲットしてくださいませ。

0r4a0074

Mblogo 

(一部敬称略 2019年9月8日 目黒鹿鳴館にて撮影)