【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« Rock Beats Cancer vol.5 <DAY3>~ GRANRODEO | メイン | Rock Beats Cancer vol.5 <DAY5:最終回>~ LOUDNESS+LAZY+GRANRODEO+ゲスト! »

2017年3月 2日 (木)

Rock Beats Cancer vol.5 <DAY4>~ LOUDNESS

いよいよ『Rock Beats Cancer vol.5』も大詰め。
2014年のアルバム、『The Sun Will Rise Again』のオープナー、「Nourishment of the Mind」がオープングSEで流れる中、メンバー4人がステージに上がった。

10アルバムの進行通りそのまま「Got to be Strong」へ。
「Got to be Strong」、久しぶりだ!好き。

20高崎晃

30v二井原実

40v山下昌良

50鈴木政行

60Dチューニングの高崎さんのシャープなギター・リフに乗って爆発する胸のすくようなスピード・チューン!

70そして、高崎さんのソロ!
大歓声が沸きあがる!このシュンカンが大きなカイカン。

80毎回書いているけど、このサウンドこそ長年にわたって世界が憧れて来た「Takasaki Tone」。

90vいきなりの超重量級サウンドに会場の温度が上昇する。
続けて2012年のアルバム『2・0・1・2』から「The Stronger」。

100二井原さんもノリノリ!

110さらに続けて今度はLOUDNESSクラシック1981年の『THE BIRTHDAY EVE~誕生前夜~』から「The Street Woman」。
3/4が4つに4/4がひとつ…実にカッコいいリフ。

120v_swそして、最高にクールな三連のリズム。
「Heavy Chains」なんかもそうだけど、LOUDNESSの三連の曲っていいんだよね~。
今、若いバンドさんにブギをはじめとしたこうした三連の曲ってあるのかしらん?

130v

中間部のキメのパートも最高にスリリングなのだ!

Img_0673 ここまでアタマ3曲、「Strong」、「Stronger」、「Street」と、タイトルに全部「st」が入ってるの気が付いた?

140v「普段、LOUDNESSはメンバーではない人を入れて演奏することはないんですが、今日はイベントということでゲストを呼び込みたいと思います」と二井原さんの紹介でステージに現れたのGRANRODEOのe-ZUKAさん!
高崎さんと固い握手!

170e-ZUKAさん、緊張してるのかな~?

175曲は「Crazy Doctor」!

180いつもと違う雰囲気でコレもいいな~。イベントの楽しさココにありだ!

190ve-ZUKAさん、名曲での高崎さんとの共演にご満悦の様子。

200二井原さんも加わってLOUDRODEO!
楽しいなったら、楽しいな!

210もちろん期待のギター・バトルも!
炎のタッピング対決添えだ!

230山下さんとも合流!
にぎやかな「Crazy Doctor」だったね~。

240アンパンさんのドラムからつないだ「The Love of my Life」。

250_loml2006年の『Breaking the Taboo』から。
コレ、いい曲だな~。
260v
Frank Zappaにもまったく同じタイトルの曲があるけどゼンゼン違う。あっちはドゥー・ワップ・スタイルだから。
二井原さんの絶唱がすさまじい!
270

その叫びに呼応するかのような情熱的な高崎さんのソロ。
このイントロとアウトロのカッコ良さったらないよ。

280ギターを持ち替えた高崎さんが重苦しいリフを奏でるのは「The Sun will Rise Again」。

290v_swraLOUDNESSの出番ももう後半。
後半にしてドップリと密度の濃いナンバーの登場だ!

300地底を突っ走るかのような山下さんのベースがすごい迫力!

310vこの曲のタッピング・ソロも実に見事!高崎さんの名ソロのひとつに数えられてしかるべきだろう。

320v「2016年もアッという間でしたが皆さまの幸せをステージから祈っています」と二井原さんから〆のMCが入り最終セクションに突入した。

330アンパンさんのツーバスが炸裂!

S41a0579 曲は「King of Pain」だ!

340_kpここのところご無沙汰だったこの曲、久しぶりに聴くとスゲエな~。

350圧倒的なパフォーマンスに観客も押されっぱなしだ。

360閃光のようなギター・ソロ。いくら聴いても聴き足りない!

370vそして最後は定番の「S.D.I.」。
このワンツー・フィニッシュは強烈だった。

3802016年はLOUDNESSの35周年イヤーということで、テーマを設けたコンサートが続いたが、今日はイベントということで、新旧を大胆に取り混ぜたフレキシブルなセットリストが印象的だった。
この時、35周年イヤー終了まであと2日。
コレで終わると思ったら大間違い!
LOUDNESSはこの翌日にも同じ舞台に上がり豪華絢爛なヘヴィ・メタル・ショウをブチかましてくれたのだ。
この様子も近々Marshall Blogでレポートするので乞うご期待。

390v

420v

430v

440vLOUDNESSの詳しい情報はコチラ⇒LOUDNESS Official Website

450v<Rock Beats Cancer Fesについて>
2008年11月30日に肝臓がんで亡くなった樋口宗孝さんの偉業を後世に伝えるためにLAZYのメンバーである井上俊次、影山ヒロノブ、高崎晃各氏の理解と支援により設立されたのが「樋口宗孝がん研究基金(MHF)」。
そして、樋口さんが晩年に力を注いだ後身育成の意思を引き継ぎ、将来のある子供たち、そして、それらの年代でガンを体験した若者たちを音楽で勇気づけるために「樋口宗孝がん研究基金」が開催するチャリティー・コンサートが「Rock Beats Cancer FES」だ。

Rock Beats Cancerの詳しい情報はコチラ⇒公式ウェブサイト

400

つづく…明日は最終回のジャム・セッション!LOUDNESSとLAZYとGRANRODEOが合体だ!

460(一部敬称略 2016年12月29日 EX TEATER ROPPONGIにて撮影)