【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« 【NAONのYAON 2015】 vol.4 : シシド・カフカ、土屋アンナ、中村あゆみ登場! | メイン | 【NAONのYAON 2015】 vol.6 : SHOW-YAが〆てグランド・フィナーレ! »

2015年6月 5日 (金)

【NAONのYAON 2015】 vol.5 : 山下久美子、シークレット・ゲスト、YU-KI、杏子登場!

『NAONのYAON 2015』もいよいよ終盤に差し掛かる。

10山下久美子の登場だ。

20vサックスは才恵加。

30vギターは久美さん。

50v

リズム隊は敦子さんのベースと…

40富田京子さんのプリプリ組。
プラス、ドラムにGRACEさん、パーカッションがはたけやまさん、キーボードはAyanoちゃんという顔ぶれ。
要するにあゆみさんのセットに才恵加ちゃんが加わった格好だ。

S41a1205 そこに恵子さんが合流する。

60v一曲目は「So Young」。

70恵子さん、この日歌うのは意外にもまだ二曲目。

80才恵加ちゃんの豪快なブロウっぷりがタマらない!
こんなにテナーがシックリくる女子も珍しい。
100v
続いて「バスルームから愛を込めて」。
ああ、この曲を聴くと吉沢さん思い出すナァ。吉沢さんとはだいぶ前に務めていた会社の先輩。お堅い仕事でしてね…私もスーツを来て、毎日ネクタイを締めていた時代があったんよ。
サラリーマン・カラオケ全盛期でサ。
ものすごくまじめな吉沢先輩は、カラオケに行くとキマってこの曲を選び、どういうワケだか「♪お~と~こ~なんてシャボンだま~」といつもガナリ立てていた。
あゆみさんのところでも書いたけど、歌ってスゴイよね。
言葉にメロディがついただけのモノなのに、その時代の出来事を抱え込んでしまい、脳ミソのメモリーにデータを書き込んでくれる。そして、それをいつでも引き出してくれる。
名曲だけがなせるワザだ。

90v三曲目は「Lovin' You」。
ベテランの貫録を存分に発揮した充実の三曲だった。

山下久美子の詳しい情報はコチラ⇒山下久美子Live Club

110さぁて、恵子さんを先頭にステージ後方から歩み出て来るのは、『NAONのYAON』名物、シークレット・ゲスト!

110v今宵のシークレット・ゲストは未唯mie!
150v

それにピンク・レディ装束で加わるのはあゆみさん。

130vそして、恵子さん。ステージ上手には七瀬ちゃんが合流した。

140vツワ~、MIEさん、カッチョええ~!

120v

バックを務めるのはSHOW-YAの4人。

160一曲目は「UFO」。

170vピンクレディ、最大のヒット曲!

180vSHOW-YAがサポートしているからといってドヘヴィなアレンジというワケではなく、ピンクレディの世界を忠実に再現していた。

190そして、メドレー。
ピンクレディ旋風が吹き荒れた時、私はまだ中学生で、Deep PurpleやらToddやらYesやらに夢中になっていて、歌謡曲を自らすすんで聴くなんてことはあり得なかった。
でもね、「ペッパー警部」から「サウスポー」までの曲は、完全ではないにしろほとんど歌えるわ。

200ピンクレディはそれほどの影響力を持っていた。
何しろ曲がヤケクソに素晴らしい。
長野のパブでハコバンやっていた時、「渚のシンドバッド」をよく演奏していた。
阿久悠と都倉俊一の鉄壁のコンビネーション。レノン=マッカートニー級だ。
それに、超一流の腕を持ったスタジオ・ミュージシャンがその最上の素材を料理するのだから悪いものができるワケがない。
後で知ったことだが、「カルメン'77」なんかはChuck Raineyが弾いたとか…。なるほど今聴いてみると「Kid Charlemagne」とか「I Got News」みたいだもんね。
こんな魅力的なチームは永久に出て来ないだろう。でも、永久に歌い継がれる名曲たちだ。
あんな曲、もう二度と作れないでしょうね。

210v恵子さん、振り付けもバッチリ!
女の子たちはみんな振り付けをコピーしてたもんね。
土居甫のコレオグラフがまたヨカッタ!
Img_0118

「♪私の胸のカギを~、コワして逃げてい~った」。
「ウォンテッド」ね。
この曲も完璧。

230それにしても未唯さんのカッコよさったらないぞ!
そういえば、クラスでも「ミーちゃん派」か「ケイちゃん派」が論争が起こってたな…私は「ミーちゃん派」だった。

240今は「ケイコちゃん派」です。

220v

「♪スキよ、スキよ、こんなにスキよ~」。
言うまでもなく、歌いながら写真を選びました。

260また曲の話しに戻るけど、どの曲もイントロが殺人的にいいんだよね。
The Kinksの「You Really Got Me」やThe Whoの「My Generation」のプロデューサー、Shel Talmyが「イントロの重要性」を説いていたことが、ピンクレディのヒット曲にピタリと当てはまる。

270vあゆみさんも楽しそう!

280vやっぱりこのコーナーは盛り上がるな~。
今年は「雨」の心配もなかったし。
日本の音楽史に永久に名を刻む名曲の数々をナマで聴けてマジでうれしかったわ。
未唯さん、SHOW-YAありがとう!

300未唯mieの詳しい情報はコチラ⇒未唯mieオフィシャルサイト

310vまだまだ続く『NAONのYAON 2015』…今度はTRFのYU-KI!

320v曲は「イエローマン」。

460v
二曲目の「JOY」では恵子さんと…

360直美さんが合流。

370ココでまた換えたケイコさんの衣装がシックでステキ。

390v

クールなワルツ。
400

まさに大爆発寸前のトランキライザー。

Img_1377_2 そして爆発!
「EZ Do Dance」だァ~!

380バックを務めるSHOW-YAも猛然とラッシュ!

330v

340v

350

Img_0026

会場は「♪イージードゥダン、イージードゥダン、」の大合唱。
スゲエな、コリャまだまだいくらでも盛り上がるワイ!

YU-KIの詳しい情報はコチラ⇒YU-KI WEB(現在メンテ中)

470v杏子さんがステージに上がる。
一曲目は「星のかけらを探しに行こうAgain」。

480v二曲目は「女ぎつね on the run」。
KONTAさん役は山下久美子さんが務めた。
才恵加ちゃんは当然ソプラノに持ち替え。

490v三曲目は「有罪判決」という曲。
ヴァイオリンに末延麻裕子が加わる。

500vこのヴァイオリン、カッコいい!グラファイトなのね!

『NAONのYAON』の重鎮らしい素晴らしい三曲だった。

杏子の詳しい情報はコチラ⇒KYOKO OFFICIAl WEB SITE

510vところで、このメガネは演出で、ステージ上のプレイヤー全員が着用した。
ここではSHOW-YAの二人のメガネ姿を紹介しちゃおう!

7_s41a1758

さとさんもmittanもお似合いでっせ~!

Img_0275

オラオラオラオラオラオラオラオラ~、SHOW-YAの写真が徐々に多くなってきてるんじゃないの~!?
…ということは、ソロソロ出番なんじゃないの~!?
でも、今日は金曜日。
明日はマーブロお休みなのね~。
だから月曜日まで待っててね!
「月曜日はいよいよSHOW-YAだって!」と、土日で全国のSHOW-YAファンに拡散しつつ、よい週末をお過ごしくださいまし!
また来週!

520v最終回につづく

(一部敬称略 2015年4月29日 日比谷野外大音楽堂にて撮影)