【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【梅村デザイン研究所】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« 【やや号外!】ポール・ギルバートの公式ウェブサイトに… | メイン | REQUEST OF THE MOON~ファンが選ぶCONCERTO MOONベスト20<後編> »

2013年2月20日 (水)

REQUEST OF THE MOON~ファンが選ぶCONCERTO MOONベスト20<前編>

まだまだ続く昨年末のライブのレポート。

今日は12月21日の目黒鹿鳴館でのCONCERTO MOONのライブ。

10_4

この日は来場したお客さんにノンちゃんが密かに録音した新曲のデモンストレーションを収録したCDがプレゼントされた。

20

また、物販ではオリジナルTシャツに混じって2013年の卓上カレンダーも販売された。

30v

2012年のライブの名場面集だ。私が撮った写真がすべてではないが、あった、あった、あの場面やこの場面、あっという間の1年だったネェ。
40

こちらは今回のライブとは関係なしにファンクラブ会員にプレゼントされた「月協奏曲夫婦箸」。ファンクラブに入っておくと得だよ!

50_2

ステージ上に配置された今日のセット・リスト。1曲目から20曲目まで全部「ひみつ」だ。

そう、今日のマーブロのタイトルが示す通り、今日のセットリストはコンチェルト・ムーンの人気曲ベスト20で構成され、それが本番中に実際に演奏されるという演出なのだ。もちろん20曲の順番すべてがメンバーの頭の中に入っているワケではなく、これはダミー。ノンちゃんのギター・テク、石井ちゃんの力作だ。

60_2

今日のノンちゃんのセット。メインはすっかり心の師匠に倣って1967 MAJORになっている。

70_2

お、令文さんとおそろいのエコー・チェンバー!足元はそれのON/OFFスイッチだけのスッキリ状態。
80v

ノンちゃんのエフェクター類。昔はもっとゴテゴテいろんなもんが入っていたんだけど、年々エフェクター・ボードの中身が簡素になってくる。

90_4

こちらはステージ下手のマーシャル。向かって右はベースの三谷耕作の1959。左は遠藤均が使用したJCM2000 DSL100。

100_3

そして、ショウが始まる。今日は長丁場だぞ~!

ノンちゃんが颯爽とステージ上に現れた!大喝采!

110

音が目に見えるような大爆音のロケット・スタート!

120

ロック・バンドの人気曲の投票となると派手なファスト・チューンが有利に決まってる。これから20曲、全速力の怒涛のパフォーマンスが繰り広げられるのだ!

130

島紀史

140v_3

長田昌之

150v

久世敦史

160v_2

サポート参加の 三谷耕作。

170v_3

同様にキーボードは遠藤均。

180v_3

オープニングは「Dream Chaser」。この曲が第20位というワケではない。

190v_3

ショウの後半、上位ランキングの曲のみ第1位に向かって順に演奏された。

200_2

ここ鹿鳴館はCONCERTO MOONにとってはホーム・グラウンドのようなもの。そうしたなじみの深い環境でこの集大成的な企画をお披露目できるのもさぞかしやり甲斐があったことだろう。

210v_3

「Over and Over」、「Like a Beast」、「The Shining Light of the Moon」と続く。

それだけにノンちゃんも容赦なく気合をブッ込む!

220

もう完全にフロント・マンとしても地位を確立した久世ちゃん!

230v_5

こないだメタルとは縁もゆかりもないライブでいっしょになってビックリしちゃった!
240v_3

毎日いきいき長田ちゃんも入魂のドラミング!

250

たまにはこんなショットもよかろうに…。

260_2

この企画を耕作さんで実現できたのもよろこばしいことでないの!

270_2

またしてもブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリブリなのだ!気持ちいい!
270v_2

「Lonely Last Journey」、「Lies and Betrayal」、「Tell Everything」、「King and the Judas」…

もちろん一糸乱れぬ弦チームのコンビネーション。

280

ニヤリ…「このバンドはキーボードのサウンドがシックリくる」と確信したシーン…かどうかは私は知らない。

290v

ノンちゃんのギターとの掛け合いはショウのみどころのひとつであった。
300

これでもか!と互いに一歩も引かないソロの応酬!!

310_3

「Holly Child」、「Into the Fire」と来て…

一転してしっとりとノンちゃんのギターを堪能できる「Rain Forest」。
320v_3

お客さんの耳目がノンちゃんの指先に注がれる。気持ちいいだろうニャ~、こんなんしてギター弾いたら!
330_3

そして、ショウは後半戦に突入する。

340_3

まったく疲れを見せない長田ちゃん。後半戦に向けてパワー全開だ!

350v_2

しっかし、CONCERTO MOONってすごいよ。これだけのパワーで理屈抜きに徹頭徹尾ストレートなメタル・チューンを演奏し通すバンドは日本の宝といえよう。

350_2

CONCERTO MOONの詳しい情報はコチラ⇒CONCERTO MOON Official Site
360_4

<後編につづく>

(一部敬称略 2012年12月21日 目黒鹿鳴館にて撮影)