【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« EARTHSHAKER絶好調! | メイン | Kelly SIMONZ~The End of the Beginning »

2013年2月15日 (金)

【50 YEARS OF LOUD LIVE】vol.5~Zakk Wylde

前半戦の最後に登場したのはZakk Wylde!

10_3

まずはステージに残ったKerryと1曲。

11

Black Sabbathの「Fairies Wear Boots」だ。
25_2

もちろんボーカルもザック自身。

60_2

まるでオジーが乗り移ったかのような演奏。あたかもザックのオリジナル曲のようだ。
30_2

ケリーも極自然にバンドの演奏に溶け込んでいる!
40_2

ケリー流ソロを思いっきりブッ込む!!

50

受けて立つザック。

65

まるでボクシングのへヴィ級のタイトル・マッチを目の前で見ているようなド迫力!やっぱ外人はスゴイよ。

90_2

一心不乱にギターに入り込むザック。
110_2
ドラムはおなじみブライアン・ティッシー。

116

2曲目もブラック・サバスの「Into the Void」。

140_2

元々重苦しい曲だが、ザックが弾くとその重みは極限にまで達する。

80_2

これらの選曲はやはりオジーへのリスペクトということなのであろう。

210_2

ザックとはオフ・ステージでも何回も会っているが、普段から迫力というか、圧迫感というか、ケリーとはまたどこか違った近寄りがたい雰囲気がある。

それでも、このコンサートの数日前に、私に見せるためにマーシャルの友達が生後数か月の女の赤ちゃんを工場に連れてきた。ちょうどザックがそこに通りかかった。ザックはその赤ちゃんを見てニッコリ…さすがに「ピーカブー」とかはやらなかったが、そのザックの顔が至極かわいく魅力的であったのを私は見逃さなかった。そういうところがまた、この人の魅力なんだよね。

100_2

それにしてもスゴイ爆音!

180_2

Nick Bowcottがバンドに加わる。

135_2

ナンダカンダいってニックも何度も登場して大活躍なのだ!

120_2

ニックはNew Wave of British Heavy Metal時代に活躍したへヴィ・メタル・バンド、Grim Reaperの創設者でありギタリストだ。

130_2
ニックは新しいDSL、DSL100Hを使用していた。

150_2

さすが、今日はBlack Label Societyのシャツを着てる!

160_2

ザックの持ち時間最後の曲はBlack Label Societyの「Stillborn」。

170_2

いかにもザックらしいへヴィ・チューン・昨日のリハでも最後に演奏していた。

230_2

しかし、素晴らしいトーンだ。
190_2

延々と続く凄まじいカデンツァ。
200_2

ザックの今回のバックライン。

もちろんアンプは2203ZW。

50_img_8370_2

足元のようす。

50_img_8375

キャビネットはメタルグリルのBキャビ。スピーカーの種類は不明。以前はECフレットのキャビネットを積んでいたが、2年前のHigh Voltageの時にはすでにこのメタルグリル仕様のものを使っていた。

50_img_8378

確かに音はバカでかい。しかし、トコトン美しい。一音一音がクリアで図太い。どんなに早く弾こうが、ロングトーンをかまそうが、ゆったりしていて、音のひとつひとつがひどく音楽的なのだ。こういう感覚のギターを弾く人ってなかなか日本にはいない。

220_2

何人も侵害することのできない確固たる自分だけのスタイル!

240_2
根っからのマーシャルリスト、ザック・ワイルドのステージ完結!

270

再び司会のアル・マレイが登場して紹介されたのは…

280

Jesse Hughes(ジェシ・ヒューズ)。
290

この人はカリフォルニアをベースに活動をするEagles of Death Metalというバンドのフロント・マンだ。

300

これにて前半終了。後半に入る前に休憩がはさまれた。

つづく

(一部敬称略 2012年9月22日 London Wembley Arenaにて撮影)