【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« 【イギリス‐ロック名所めぐり vol.2】 マーシャルの生まれ故郷<後編> | メイン | 【50 YEARS OF LOUD LIVE】vol.5~Zakk Wylde »

2013年2月13日 (水)

EARTHSHAKER絶好調!

順調にツアーをこなすEARTHSHAKER。今日のレポートは年末(遅くてスミマセン!でも順番にやってんのよ!)のHEAVEN'S ROCKでのステージ。

10

さすがベテランの味…撮りなれているせいもあるが、最高のホーム気分。

撮影と音楽の両方を楽しんじゃえ!

20

西田MARCY昌史

30v

石原SHARA慎一郎
40v

甲斐KAI貴之
50v

工藤KUDO義弘
60v

今日もゴキゲンのギター・サウンド!

70

SHARAさんの愛機、もうすっかりおなじみのJVM410H。下段はサブのJCM2000 TSL100だ。

80v_2

キャビネットはMODEFOURシリーズのMF400B。

90v

このコンビネーションこそSHARAサウンドなのだ!

85v_2

MMARCYさんも絶好調!
100

全身を震わせて魂を爆発させる。

110v

このライブは昨年12月のものだが、「来年も」、つまり今年もぜん速力で駆け抜けると宣言し会場を沸かした。実に頼もしい!

120

着実に自分の仕事をこなす甲斐さん。
130v
このメロディアスなベースラインがあってこそのシェイカー・サウンドだ。

140v

鉄壁のギター・プレイを見せてくれたSHARAさん。

140

ちょっといつもとは違うイメージを持って撮影してみた。

160

何とかこの分厚いギター・サウンドを写真に収めようとしているつもりなのだ!

150v

ソロにバッキングに荒々しくも繊細なギター・プレイでシェイカー・サウンドの核を構成するSHARAさんのギター。

170

盲腸のキズもすっかり癒え(って何年前の話だ?!)、全編4輪駆動でシェイカーをドライブさせた工藤さん。

180

定番のドラム・ソロもバッチリきまった!

190

オープニングが「炎に身を焦がして」、そして「火の鳥」。

200

MARCYさんのMCが入って、「SULLY」、「SHOCK ME」と続く。

210

「THE COURSE OF LIFE」、「そこにある詩」

220

「誇りである為に」で工藤さんのソロ!実は工藤さんのドラム・セットって前から見ると隙間がなくて顔を撮るのが実に厳しい。今日は、セットのヨコにスペースが入ったので思いっきり寄って撮ってみた!工藤さん、お邪魔しました~!

246

「LABYRINTH」、「K?R?K?R」…

230

ドンドン盛り上がって行く!

241

「DON'T LOOK BACK」、「GAMBLER」…

245v

ショウのクライマックスに入った!「挑戦者」…

260

そして「MORE」。

250

本編の最後は楽しい楽しい「RADIO MAGIC」!
270
最後までビシッとキメるSHARAさん!
アンコールは「愛だけは消さないで」、「WALL」そして「走り抜けた夜の数だけ」をプレイ。

280v

会場が大合唱するライブってのは実に感動的でいいもんだ!やっぱりそういう曲が揃ってるからね、シェイカーは!

290

アンコールも含めて全19曲、全速力で駆け抜けた!

300 310 320 330

やっぱりEARTHSHAKERのようなバンドがいてくれないと日本のロックは寂しいね。何といっても日本のロックの幹なんだから!枝はいくらでも生えてきて、すぐに枯れていく。幹は枯れることがないのさ!

340

終演後の握手会も長蛇の列だ。

350

EARTHSHAKERの詳しい情報はコチラ⇒EARTHSHAKER OFFICIAL SITE

360v

(一部敬称略 2012年12月14日HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3にて撮影)