【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« CLASSIC ROCK JAM 2012 <前編> | メイン | 【50 YEARS OF LOUD LIVE REPORT】当日リハーサル~その3 »

2012年11月28日 (水)

CLASSIC ROCK JAM 2012 <後編>

前半9曲を終えて大いに盛り上がっているCLASSIC ROCK JAM 2012。今年で18年目を迎えた名実ともに日本を代表するロック・イベントだ。野外で大騒ぎするのもいいけど、いいロックをイスにすわってゆっくり「鑑賞」する。まさに「原点回帰」の名イベントだ。

そんなに音楽に合わせて踊りたければダンパ(これは死語ですね?今はクラブっていうのか?)か盆踊りへ行けばいい。キチッと器楽演奏の鍛錬を積んだ芸術家たちの至芸を見る機会があまりにも埋もれすぎているとは思いませんかね?CRJはそうした正当な音楽や音楽の楽しみ方を教えてくれる(我々年寄には思い出させてくれる)素晴らしいイベントだ。(CITTA'もCLUBだけど…)

Crj_img_9180_2

さて、CLASSIC ROCK JAM 2012の後半戦に移る前、これまたCRJ名物のプレゼント・コーナーだよ~!シート番号が抽選された札の番号とミートすれば豪華プレゼントがもらえちゃう。

Crj2012_img_8888

このコーナーの担当はおなじみ東海林のり子さん。楽屋をご一緒させていただいたんだけど、明るくてかわいくて、とてもチャーミングなお方!いっしょにいて実に楽しい。

Crj2012_img_0253

アシスタントでSHUSEさん、LEVINさん、それに後から呼ばれて恵子さんが加わる。

Crj2012_img_8893

プレゼントのひとつ、恵子さんの似顔絵ポスター!よく描けてる?!こういうカリカチュライズは実におもしろい。

Crj2012_img_8898

そして、弊社が提供させていただきましたマーシャル50周年記念限定ヘッドフォン、「MAJOR50」!

Crj2012_img_8907

こういうヤツ。

Crj_img_3338

左右の留め金には「Golden Jubilee」を示すゴールド・プレートで左側には「50 YEARS」…
Crj_img_6672

右側には「OF LOUD」というプラークがくっついてる!
Crj_img_6674

「シャチョ~ッ!日本にはこんなにいいイベントがあるんスよ~!」と今回のCRJ用にイギリスの本社に頼んで送ってもらったんよ。

東海林さんが「今年創立50周年を迎えたイギリスのマーシャル社からヘッドフォンのプレゼント」とアナウンスすると会場は「オ~!」の歓声とともに「欲しい~、欲しい~」と阿鼻叫喚のマーシャル・ヘッドフォン欲望地獄!…そりゃオーバーか。でも、皆さんによろこんでいただけて鼻タ~カダカ!うれしいです。

で、今回はアラ不思議…ナゼか引く札、引く札、み~んな2階席。こんなことってあるんだね~。

Crj2012_img_8908

さて後半、バックがまた変わる。

ベースは満園庄太郎。かれもこのイベントの看板ベーシスト。

Crj2012_img_8942

ドラムは宮脇JOE知史。カッコいい~!

Crj2012_img_0426

キーボードが高梨康治に変わる。このバンドをバックにボーカルに大槻ケンヂ、小野正利が登場。Syu、K-A-Zが務める。

Crj2012_img_0486

そして、坂本英三登場!待ってました!

Crj2012_img_9005

ギターにSHARAさん!ホッとするわ~。今日もご覧の通りJVM410Hを使用。キャビはMF400B。

Crj2012_img_8995

曲はRAINBOWの「Man on the Silver Mountain」。「銀嶺の覇者」ってヤツやね。まるでジャン・クロード・キリーかトニー・ザイラー。初めてこの曲を聴いたとき、「お、ナンダこりゃ?何て読むんだ?」とドキッとした、子供だったからね。

えいぞうさんにピッタリな曲だな。

Crj2012_img_9008

SHARAさんの分厚いマーシャル・サウンドさく裂!やっぱ、ハッキリいってこういう音楽は、マーシャルだってば!

Crj2012_img_9012_2

2曲目はVAN HALENの「On Fire」。「On Fire」といえば個人的には完全にBarney Kesselなんだけど、VAN HALENのもいいもんだ!

Crj2012_img_9310_1

えいぞうさんのものすごいエキサイティングぶりに大盛り上がり!えいぞうさん、突然倒れてくるからうまく撮れなかった!でも、エキサイティングぶりは十分伝わるでしょ?!

Crj2012_img_9064

バンドはそのままでいよいよトリのボーカリストを迎える。

ギター、石原SHARA慎一郎

Crj2012_img_9110

ドラムは宮脇JOE知史。

Crj2012_img_0639

ベースは満園庄太郎。加えて高梨康治のキーボードともうひとりのギターにK-A-Z。

Crj2012_img_8936

トリはデーモン閣下

Crj2012_img_9137

曲はJOURNEYの「Who's Crying Now」。

Crj2012_img_9073

この日、恵子さんのHEARTに続く2曲目のバラード。ジックリと歌いこむ閣下。

Crj2012_img_0393

それにしても閣下のMCは楽しいナァ。

Crj2012_img_9319_1

そして、ガラリと雰囲気が変わって「移民の歌」。しかし、「移民の歌」って変なタイトルだナ、今考えると…。でも原題が「Immigrant Song」、つまり「移民」と「イミ(ン)グラント」でシャレになってるんでしょ?エ、「意味」わかんないって?スミマセン、今考えました。

Crj2012_img_9131

それにしても、この曲もいつの間にか、ロックを代表するような存在になった感じがするネェ。

そういえば、ウチの子なんか小さい時、すっかり王様の曲だと信じてたからね。「さ~むい国からやってきた~」ってよく歌ってた。

Crj2012_img_9087

やはりこのあたりのネタがシックリ来るよね~!

Crj2012_img_9021

SHARAさんだけでなく閣下も水を得た魚のように「♪ア~ア~」を決める!

Crj2012_img_9093

猛然とソロをブチ込むSHARAさん!

Crj2012_img_9299_1

閣下はドラムの腕も披露!しかも歌いながら!

Crj2012_img_0448

アンコールはもちろんCRJ名物「Rock'n'Roll」。閣下が「長いアンコール」と呼んでいるヤツ。全員参加、全員12小節のソロまわしだ!

Crj2012_img_9331_1

そしてドラムソロまわしでしめる!

五十嵐公太

Crj2012_img_0611

宮脇JOE知史!

Crj2012_img_0638

LEVIN!

Crj2012_img_0666

今回も楽しんだ~。

やっぱりこうして続けることって大切だ。何年も何回も続けることによって「定番」とか「名物」が生まれてくるからね。回を重ねるとますますお楽しみが増える。

今回18曲中、60年代の曲が2曲、70年代が8曲、80年代が同じく8曲。ま、個人的にはもっと70年代にスポットを当ててもらいたいような気もしますが…ア、言っちゃった!たとえば「そんなに知られていない曲まだまだいっ ぱいあります。なんたって70年代はロックの頂点をなした黄金の時代なんですから!あの感動を次世代に教えてあげようよスペシャル!」みたいのどうですかね?ちょっと長い、タイトル?選曲会議でもあれば呼んでもらいたいナァ~。

それと、このイベントはいつも時間厳守でうれしい。絶対ダラダラやらない。巻くことはあっても、よほどのトラブルがない限り押すことがない。これは立派です。やっぱり、こういうとことろ、お客さんを楽しませようというサービス精神に根付いているのではないかと信じている。

Crj_img_0251_2

あと2年で20周年。25周年、30年と続いていって欲しい。あ、ネタは変えないでね!

CLASSIC ROCK JAMの詳しい情報はコチラ⇒CLASSIC ROCK JAM OFFICIAL WEB SITE

Crj2012_logo

(一部敬称略 2012年10月7日 CLUB CITTA'にて撮影 ※本ブログにはご本人の了解を得た方のみご登場願っております。) 23