Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。
【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【CODE/GATEWAYの通信トラブルを解決するには】

« CONCERTO MOON "FINAL RAIN FIRE~Welcoming New Forces~" <前編> | メイン | Rayflower LIVE 2021 “Open Mind” »

2021年12月24日 (金)

CONCERTO MOON "FINAL RAIN FIRE~Welcoming New Forces~" <後編>

 
ショウは早くも後半に入る。
今日は前座があったので比較的コンパクトなセットリストだった。0r4a0700 亮くんのソロ・キーボーズがフィーチュアされる。440_2緩急自在な華麗なプレイ!450vそして、この気合!
見ていて力が入るキーボーズだ。460亮君のソロから壮大なスケールで続けたのは「Waiting for You」。
まずはドラマチックなノンちゃんのギターが舞台をしつらえる。
<後編>では普段通り「ノンちゃん」と呼ばせて頂きます。
<前編>ではカッコつけて「島さん」とやってみたが、今となってはどうもシックリいかなかったもんで…。
490今年6月にリリースしたミニ・アルバムのタイトル・チューン。
元々は『Rain Fire』に収録されている曲だが、ミニ・アルバムでは「Guitar Extended Version」と称したノンちゃんのギターをフィーチュアした音源が収められた。
720cd芳賀ちゃんの熱唱。
0r4a0411この曲は芳賀ちゃんの透明感のある声がCONCERTO MOONミュージックと見事な化学反応を起こした好例のひとつと言えるのではなかろうか?480v芳賀ちゃんがステージを降りて、曲はバンドだけのパフォーマンスとなる。
0r4a0555つまりノンちゃんのギターのコーナーだ。
CONCERTO MOONのステージはそこら中が「ノンちゃんコーナー」なんだけど、ココはシンガー不在の「インストゥルメンタル・パート」と捉えてくだされ。
0r4a0512魂のギター・ソロ。0r4a0592 ギター・ソロ・パートの尺だけでなく、この曲のプレイに込められた感情もExtendedだった!0r4a0766 そして、芳賀ちゃんがステージに戻りタイトル・コール。
ガラリと変わって「Savior Never Cry」だ!
530「♪アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!」

0r4a0664 この曲もスッカリCONCERTO MOONのスタンダードになったナァ~と思っていたら、アルバムがリリースされて今年でもう10年も経ったのね!
道理で…。
560徹底的にハードに、そしてヘヴィに迫りくる典型的なCONCENRTO MOONサウンド!550v思いっきり駆け抜ける5分とチョット。
言うまでもなく会場は大盛り上がりだ。
540v「ありがとうございます。
楽しんでいますか?
年末12月29日のイベントに参加します。
JURASSIC JADEとSerenity in Murderと我々の3バンドで盛り上がっていこうと思います。
年末で忙しいかと思いますが、是非お越しください。
来年は新しいアルバムの制作をしていこうと思っております。
その際にはもちろんツアーも実施する予定でおります…それも楽しみにしていてください。
それとは別枠で、レコーディングの状況にかかわらず5月に東名阪のツアーもやろうと思っております。
島さんも絶対、そういう風に考えていると思うので…楽しみにして頂ければと思います」570v_mc芳賀ちゃんが触れた年末のイベントとはコレ。1_yemf 「今、芳賀がもう言っちゃったんでツアーをやらなきゃいけなくなったけど…東京はまだ会場を押さえてないぞ!
内緒にしておこうと思ったワケではないけれど、後で言っちゃおうかな~、と思ったことまで全部言われてしまった!
ナンだろうね…この子は…こんな子じゃ無かったのにね。
それぐらい芳賀もエキサイトしてるし、こうやってみなさんの前で演奏することを楽しんでいるワケです。
今言いましたけど、新しい音源を作ろうとは思っています。
いつもは音源が出来て発売にならないとツアーをやらないじゃないですか?
だけどもうそんなご時世でもないし、コロナも大丈夫になってきてる感じじゃない?
油断はダメよ…油断はするなよ!
油断はしちゃダメだけど、こうやってツアーをやってきて、みなさんが集まってくれて…。
今は声を出せないけれど、こういう形ならツアーもやれるということもわかってきた。
来年は5月頃にアルバムが完成していようがいまいが、東京、大阪、名古屋の規模でツアーをすることになると思います。
芳賀は賢いな…ツアーの内容までは言わなかった。
そのツアーは色々通常ではない内容になると思うので、みなさんに楽しんで頂けるようにやろうと思っています。
みなさん、よろしくお願いします!」580ミニ・アルバム『Waiting for You』のオープナー「Find my Way」。
『Waiting for You』は新作2曲と4つの既存曲の再録音音源で構成されているが、この曲は「新曲」組。590_fmwコレもストレートなエイト・ビート・チューン。
ゆえに後半に入ったステージはますますヒートアップ!600vリズムはストレートでもギター・ソロは転調を繰り返すトリッキーな展開を見せる。500vそんなパートを難なく走り抜けるノンちゃん!610v本編の最後は「Change my Heart」。620_cmhセルフカバー・アルバム『OUROBOROS』のオープナーを飾ったCONCERTO MOONのキラー・チューンのひとつだけにココもメチャクチャ盛り上がった!0r4a0583 亮くんも持ち場を離れてお客さんをアオる。
640vノンちゃんは最高に気合の入ったソロをブッ放す!0r4a0793感極まってコレ!0r4a0607 そしてお得意のガッツ・ポーズで締めくくった。0r4a0739 続いてキーボード・ソロ。0r4a0414全員が全員、スゴイ熱気!!650CONCERTO MOONのステージはいつもそうなんだけど、今回はナンカ違ったな。660v前回のツアーから約半年…頻繁にライブをするバンドではないCONCERTO MOONのペースとしてはさほど間が空いたワケでもないのに、もう何年振りかに演奏するかのような力の入れ具合をこの熱演から感じ取ることができた。
何よりもみんな楽しそうだったわ!
670「♪Shout! shout! shout!」0r4a0802 お客さんを一瞥しつつ拍手に応え…680vノンちゃんは〆のルーティンに取り掛かった。690vこうして本編が終了した。700アンコール。
『Rain Fire』という名前を冠したツアーのクライマックスだ!710cdいつも通りツアーTシャツに着替えての再登場。
「どうもどうもありがとう!
本当にエキサイトしちゃったよ!
今回のツアーはALICETOPIAというバンドと一緒に回りました。
そのキッカケは、ギターのIchiです。
ボクがMIという学校で先生をしていたんですが…どうだ、恐ろしいだろう?
オレが先生だよ!理論のノートとか破っちゃうんだよ!…死ぬぞ!
『こちとらロックギターを弾いてるんだ!』って感じですね。
ま、そんなことをやっていたらその学校を去ることになったんですけど…。
その頃にですね、『こちとらロックギターを弾いてるんだ!』とばかりにボクの話についてきた男がIchiなんです。
だからチョット頭がおかしんです。
あの時にちゃんと理論とか習っておけばよかったのにバカだなぁ~アイツは…。
と思っているんですけど、その甲斐あってか今日も非常にロック・ギタリストらしいギターを弾いていたと思いますが、みなさんどうでしたか?
これから彼もずっと頑張っていくと思うので、アンプはMarshallに戻すと思いますし、応援してやってください。どうぞよろしくお願いします。
一緒にツアーに出る寸前くらいにIchiがCONCERTO MOONの曲を演ってくれているのを見たんです。(ALICETOPIAは「From Father to Son」を演奏している動画をYouTubeに投稿している。その動画の中でIchiくんはJCM900 4100を使ってくれています)
アレを見るまでは考えていなかったんですけど、『そうか結構弾けるのか』と豆球がピコンと点いたんですね。
一緒にツアーも回っているし、あの曲は『父から子へ』というタイトルでもありますし…父と言うほど年は離れてないけど…これから頑張ってくれる人間に伝えていくという意味では非常に良いのではないか?そう思って彼を呼び込んでその曲を演ってみようと思います」
730v「みなさん、どうですか?
よろしいですか?
では、大きな拍手をもって迎えてあげてください…Ichi!」
Ichiくん登場。
「セッティングをするのでお待ちください。
こうやってステージに立って気づいたんですけど、目が青くて怖いんだよ。
ホワイトウォーカーみたいな目をしてる」
「ホワイトウォーカー」ってナニかと思ったら『ゲーム・オブ・スローンズ』とかいうTVドラマの登場人物なのね?
「こうやって自分がギターを教えていた人間がバンドを組んで、一緒にツアーを回って一緒にギターを弾くなんてことは、本当に感慨深いナァ~と思っているんですが、そういうことではなくひたすら激しく演ろうと思ってます!」
740<前編>の冒頭で紹介したノンちゃんのMarshallの上に乗っかっていたアイテムはIchiくんのモノだったのです。
ノンちゃんのMarshallはMAJOR 1967と1960。100_2芳賀ちゃんが「我々には無くてはならない代表曲」と紹介した「From Father to Son」。760時々こうした師弟共演を見かける機会があるけど、いいもんだね。
実にいい。
何よりも子弟が共演できる「音楽」が存在していることが素晴らしい。
しかし、こうした光景もそのウチ見ることが難しくなるんだろうナァ。
「音楽の世代間の断絶」である。
760vゲストの参加でまた更に盛り上がり度が増す!765vIchiくんの堂々たる弾きっぷりに…770vノンちゃんも真っ向から迎え撃つ!780vMCでは色々語っていたが、ナンのことはない、ノンちゃんが一番楽しそうだったわ。
まぁ、そうだろうね。
カワイイ教え子と一緒に自分の音楽を奏でるんだもの。790ゲストが入ることが滅多に…というか、ゲストが出演したライブなど記憶にないCONCERTO MOONのステージだけにコレはコレでとても楽しかった。0r4a0932 「皆さん、ICHIでした~。大きな拍手を!
なかなか楽しいでしょ?
演ってみると『楽しいナァ~』って思うんです。
それを見て楽しんで頂ければと思っています。
そして、色々とルールを守って頂いてることに本当に感謝してます」800v『FINAL RAIN FIRE TOUR』を締めくくった曲は「Long Way to Go」。0r4a1012 なるほど…アルバム『Rain Fire』のオープニング曲で締めくくったか!
900vやっぱりみんないつもより楽しそうだ!
840転調してのキーボーズ・ソロ!850vそれを受けてメロディックなアンサンブル・パート。
コレ、最後の方がメジャーになる所がすごくオモシロイの!
870そして、本日最後のソロ!860v熱演に継ぐ熱演で河塚さんは少なくとも2リッターの汗は流したであろう。

880v今日もこの2人の完璧なプレイでCONCERTO MOONミュージックが完全燃焼した。890vサッパリしているこの曲のエンディングもバッチリ!900大きな拍手に諸手を上げて応えるノンちゃん。
今日の力演もスゴかった!910ところで皆さん…今回のレポートの写真をご覧になってナニか気がつきませんでしたか?
そう!
何年ぶりかにCONCERTO MOONをステージの下から撮らせてもらったのです。
そして、ノンちゃんのはからいでスモークなし!
コレがホントの「ノン・スモーク」。
おかげさまで我ながら気に入った写真が山ほど撮れたわい。
こんなのホントに久しぶり。
前回の7月のライブの時はも~撮れなくて泣きそうになっちゃったからね。
その反面、今回は記事用の写真を選ぶ苦労が生半可じゃなかった。
思い余って巻末に『RAIN FIRE激演集』と題して写真集でもひっ付けようかと思ったけどやめた。
記事には出て来なかったこの日撮った写真がまたどこかで皆さんのお目に止まることを祈っています。

920 CONCERTO MOONの詳しい情報はコチラ⇒CONCERTO MOON Official Site

930_2

■□■□■□■□■□お知らせ■□■□■□■□■□■□
Marshall Music Store Japan

Marshallのレコード屋さん「マーシャル・ミュージック・ストア・ジャパン」営業中です!
Marshall Recordsのバンドの作品を販売するお店。

Oldspitalfieldsmarket こんな商品を扱っています。
King_creatureKing Creature(キング・クリーチャー)!


Marshall Music Store Japanはコチラ
  ↓   ↓   ↓
Marshall Music Store Japan

 200(一部敬称略 2021年12月4日 新宿Wild Side Tokyoにて撮影)