【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« 四人囃子ニュー・アルバム発表記念 岡井大二スペシャル・インタビュー <vol.4:最終回> | メイン | 空より高く~Strange, Beautiful and Loud×Silex <Silex編> »

2017年1月25日 (水)

森友嵐士 ~ Hallowe'enでCOVERな嵐

もうすぐハロウィンだね~。
ナァに、10か月なんてアッという間だよ!
2017年ももう20日以上が過ぎてしまったんだから。
え、フザけんなって?
でも今日は森友嵐士のハロウィンのコンサートのレポートなのだ。
ドンドン時間がさかのぼってるよ!
まるで「タイムマシーンにお願い」したみたいだ!

10会場内はソレっぽい装飾やら照明やら…。

20開演時間になり客電が落ちると…ワァ!ビックリした!
暗くて写真ではわかりにくいけど、客席にもゾンビ装束のダンサーが!

30そして、バンド・メンバーがステージに上がりショウがスタートした。

40森友嵐士
そう森友さんもハロウィンの出で立ち!

50vギターは原田喧太。

60vドラムは山口PON昌人。

70v喧ちゃんは今日も当然Marshall!

80でもね、今日はいつもとチト違う。
今日はいつも使っているJVMでも2チャンネルのJVM210Hなのだ。

90v足元のようす。

100PONさんも当然NATAL!

110愛用のアッシュのツーバス・キット。

120PONさんはドラム・キットがハロウィン・バージョンになってる。
通常は目玉なしです。

130フィニッシュはブラック・スウォール。
別段ハロウィン用ではないんだけど、妙に雰囲気が出てるな。

140オープニングは「ピンク・スパイダー」。
コンサートのタイトル通り、今回のコンサートはドメスティックのカバー曲のみで構成された。

150セットリストがすごいフリ幅。
世代の違いで私が知らない曲もあったが、ほとんど聞き覚えのある曲ばかり。

160喧ちゃんやPONさんの力演も手伝って熱気あふれるコンサートとなった。

170続けて「BAD FEELING」。
あ、今日は曲の説明等はほとんどしません。
皆さんの方が圧倒的にお詳しいにキマってるもん。

180「アジアの純真」から「SOMEDAY」へ。

190v「しょげないでよBABY」、「わがままジュリエット」、「A DAY」。

200いいナァ、ロックの歌い方。
声の質によるところももちろんあるけど、森友さんのようにいかにも「ロック」な歌の歌い方ができる人っていいよな~。
ま、今更自分がロックっぽく歌えるようになったところでクソの役にも立たないけど…。

210ロックっぽいドラマー!
PONさんのブライトなドラミングは「ロック」以外の何物でもないね。
NATALのアッシュ・サウンドがバッチリはまってる。
気持ちいい~!
FEEL SO BADも着実に動き出しているし、今年は「PON活」が楽しみだ。

220v「あぁ無情」、「激しい雨が」、「愚か者」。
「愚か者」といえば井上尭之さん。
昔、井上さんはMarshallのVALVESTATE VS100Rという中堅機種とテレキャスターを組み合わせてお使いになられていてね。
その音の良さみビックリ仰天したことがあった。
私もVS100Rとテレキャスターを持っていたので、家に帰ってすぐ試してみたが、まったく及びもつかない音だった。

230vお、喧ちゃん、珍しくVだ!
後で聞いたら、(当時)最近ゲットしたものだとか…。

240ショウはクライマックス・パートに突入する。
「WON'T BE LONG」、「CLOUDY HEART」…

250_2喧ちゃんのソロ炸裂!
ん~、新入りのギターでもバッチリといいサウンドを聴かせてくれる。
やっぱり使い慣れている分、JVMのツボもわかっているからね。

260v「BE MY BABY」、「LA VIE EN ROSE」、「POISON」と続く。
人気曲の連続に観客は大喜びだ。

270vおなじみのシグネチャー・モデル。
シックリくるな~。
気に入っているんだね~。
たくさんのギターを使うのもギターへの愛情の表れなんだろうけど、ず~っと同じギターを使い続けるのも愛情だよね。
喧ちゃんは両方だな。

280森友さんとのコンビネーションもバッチリだ!
310
ノリノリのパートに入り、ますますシャープなドラミングでフロント陣をプッシュするPONさん!
スゴイ迫力!

290v本編を締めくくったのは「Runner」!
チョットこの曲は異質な感じがしたが、流れる汗もそのままに客席も走り続けていた!

300そして、アンコール。
まずは永ちゃんで「止まらないHa-Ha」。

340爆走ランナーと化した喧ちゃん、もはや止められない!
320v
PONさんも同じ!
ヘヴィにブライトに永ちゃんスタンダードを叩き上げた。
330
そして、最後は「タイムマシーンにお願い」。
コード三つでできた最もシンプルでカッコいい日本のロック・ナンバーで楽しくハロウィンのステージの幕を降ろした。
翌日は森友さんのオリジナル・ナンバーで構成されたコンサートが開催された。

350
原田喧太の詳しい情報はコチラ⇒原田喧太Official Web Site

360

1965年創業のNATAL(ナタール)はMarshallのドラム・ブランドです。

M_natal_square
★NATALの詳しい情報はコチラ⇒NATAL Drums Official Web Site(英語版)
★NATAL製品は全国有名楽器店にてお求めください。
★NATALドラムは高田馬場バズーカスタジオでお試しになれます。バーチ、メイプル、そしてアッシュのキットの他、各種スネアドラムも用意しています。ドラマーの方、「NATALの部屋」ご指名でお出かけください。 詳しくはコチラ⇒バズーカスタジオ公式ウェブサイト

(一部敬称略 2016年10月31日 新宿ReNYにて撮影)