【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【梅村デザイン研究所】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« 世界ボーイスカウトジャンボリーの田川ヒロアキ <前編> | メイン | 諸星和己 with sun-go!~BIRTHDAY LIVE Volt-age45 »

2015年9月16日 (水)

世界ボーイスカウトジャンボリーの田川ヒロアキ <後編>

さて、<後編>。
辛抱タマらず、かき氷を買って食べたけど、早く食べないとアッという間に全部溶けちゃう!
イッキよ、軽くイッキ。
でもね、ガーッと一気に氷をかき込んでも全然頭にキーンとこない。アリャ何杯でも食べても平気だね。それぐらい暑い。

リハーサルも無事終わり、冷房のきいた控室に戻る。
こんだけ暑いとエアコンが身体にいいの、悪いの、なんてとても言っちゃおられん!
瓢箪を半分に切って寝かせたような白い建物は多目的ドームになっていて、そこに我々の控室が設けられた。

05 ドームの中はこんな感じ。野球場になってる。
ものスゴく立派な施設だ。
観客席や通路には外の熱気から少しでも逃れようとたくさんの若者が座り込んだり、寝転んだりして休んでいる。
…なんて書くと、いかにもみんなツライ試練を受けているように思われそうだけど、ゼンゼン!
みんなケタケタと笑い合ってとても楽しそうにしている。まるでこの暑さを楽しんでいるかのようだ。
ホント若くなきゃできん。
この建物にある会議室のひとつが我々の控室に充てられた。涼しいなったら涼しいなっ!

20この控室ですることになっている出番までのもうひとつの大仕事。
それは本番で迎えるスペシャル・ゲストとのリハーサルだ。

N_img_0002 スペシャル・ゲストとはこの方。
ギタリストの村岡嗣政さん…ちゃうちゃう、村岡嗣政山口県知事。
大の音楽好きで若かりし頃(今も若い!)はBOOWYに夢中だったとか…。
シンラインがお似合いだ。

40vハズミとは恐ろしいもので、昨年の6月にヒロアキくんが山口県庁を訪れ知事に面会した際、村岡さんがギターを嗜むことを知った。
そしてその際ヒロアキくんが発した「いつか一緒にできたらいいですね!」というミュージシャンよく使う社交辞令がすぐに実現しちゃった!というワケ。

50v知事の準備は完璧。リハーサルも2回合わせただけで終了!
30
ヒロアキくんとは年齢もひとつ違いということで仲良しムードも濃厚。

N_img_0181_2 後は仕上げを御覧じろ。
何を演るかは記事後半のお楽しみね。
でもナンカ、知事はもっと弾きたそうだったな~

60すっかり日も落ちて大分涼しくなってきた!
ステージにはひとつ前の地元アイドルグループが登場して盛り上がってる。

70順番を待つヒロアキくん。
その隣でヒロアキくんとの再会を楽しんでいるのは、山口に数あるよさこいチームのうちのひとつ「馬関奇兵隊」の総督、濱崎康一さん。
田川ヒロアキ・ファンクラブのプラチナ会員のような方で、ヒロアキくんの地元での活動をいつでも惜しみなくサポートしている。つまり、Marshallもお世話になってるつーことよ。
聞けば…濱崎さんは熱心なMarshall Blog読者なのだそうだ。
だから私との邂逅もとても喜んでくれた。
こういう出会いもMarshall Blogをやってて良かったと思うことのひとつなんですよ。
ヒロアキくん、濱崎さん、どうもありがとう!

75さぁて、いよいよ出番だ!

80準備は万端と…。

90「バッチリとキメますからね。見ててくださいよ」…と言ってるような自信が感じ取れる。

100vドワ~、ものスゴイ人!この後ろまでドバーっと人、人、人。
何でも1万人ぐらい集まっていたらしい。
ひと口に「いちまんにん」と言ってもね、そりゃスゴイですよ。ウッドストックの40分の1の人がヒロアキくんを見に来てるんだから!
ココが武道館だったら満員御礼だぜ!

110満を持して舞台に上がったヒロアキくん。
ヘッドライナーの登場だ。

120でもホラ、余裕。

130さぁ~、行くぜイ!!
安心してください。燃えてます!

1401曲目はヒロアキくんのテーマ・ソングともいうべき「My Eternal Dream」。
この場にふさわしく、前奏付きの演奏だ。
おなじみのテーマにくっついたのは広島県府中市に提供したメタル・ソング「Lofty Tree」のイントロ部分。
スケールが一層大きくなっていい感じ!
150v一日暑いところをご苦労さま。もうひと踏ん張りのJVM。
な~んて、暑さなんかものともせずに美しい爆音が山口の夏の夜空に轟いた!

160vすさまじい勢いで突入したギター・ソロ。

190今回はバンド編成ではなく、バッキング・トラックを使用しての演奏だが迫力満点!

200vキマッタ~!
この炎の演出がカッコイイことこの上ないんだけど、アツイ!とにかくアツイ!
ただでさえ日に焼けてるんだから~。

210ものすごい歓声!
やっぱり1万人も集まるとスゴイね。その歓声も今回は国際色豊か~。

215v2曲目にはThe Beatlesを持ってきた。
短い持ち時間だ。ココは少しでも自分の曲を演奏してPRしておきたいところだが、エンターティナー魂の塊のようなヒロアキくんのこと、世界中の誰もが知っているであろうビートルズ・ナンバーを演奏した…のではなかろうか。

220v曲は「All my Loving」。
客席にはネイティヴさんがゴロゴロしているでね~。リハーサルでも一緒に歌っていた人が何人もいた。
したがって、歌詞のごまかしはきかないよ。なんてことは心配ご無用。
完璧。全部ヒロアキくんの頭に入ってる。

N_s41a1884 ココで次の曲を説明。
Marshall Blogではすでに何回か触れている例のマツダのイベントのテーマ・ソング、「キミを乗せて」だ。

240vこの曲はシングル盤としてコンサート会場限定で販売されていたが、あまりにも好評を集めたため、他の曲を合わせた6曲入りのミニ・アルバム『Over Drive』のリード・チューンとして再リリースされた。
スリーブには私が撮った写真も掲載されているので是非ゲットしてチョ!

250cd初めて車を持った若者の興奮を歌っている。

260イベントのテーマソングだけあって、起承転結がハッキリしたノリのよい軽快なポップ・チューンだ。
コレがまた予想以上にウケていたね~!

270vここでインストに戻って「Ave Maria」。

290美しいメロディを最上のトーンでジックリ聴かせる演奏だ。
静のヒロアキくん…これもまたギタリストとしての腕の見せどころだ。
そして、やっぱりこの太く美しい音色は真空管アンプじゃないと出ないね~。
280
澄み切った夜空に響き渡る名旋律。
静まり返った客席。
みんなジーっと聴き入っていた。

300そして曲が終わると同時に湧き上がる大歓声!
選曲もよかったんじゃない?!

310vさて、さてさて、さ~て!
ヒロアキくんがマイクを握ったぞ~。
でも、1曲披露するワケではない。
例のスペシャル・ゲストを紹介するのだ。

320村岡嗣政山口県知事~!
ホンモノのガヴァナーが出て来たよ~!

ここで、「ガヴァナー」を知らない人のために解説しよう。
Marshallにはそういう名前の商品がある。
「ガヴァナー」は「Governor」。
「govern」、すなわち「統治する」という意味の動作主名詞。これに当たる訳語が「知事」だ。


で、Marshall Blog的オチはここから。Marshallファンの人は読む必要なし。
Marshallの創設者、Jim Marshallのアダ名は「Guv'nor(ガヴァナー)」と言った。これは「Governor」の短縮系。
コレは私的な観測だけど、Jimはどうもこの「Guv'nor」ってアダ名で呼ばれたがっていたような感じがするのね。
でも、老若男女を問わず、私の周りでJimに向かって「ガヴァナー!」とか「ガヴァちゃん!」と呼びかけている人をついに見かけなかったな。
それもそのハズ、この「Guv'nor」というのはイギリスの英語で、「オヤジ」とか「オヤっさん」とかいう呼び名になるのだ。(多分イギリス英語。アメリカで見たことない)
かのJim Marshallに向かって「オヤジ!」とは呼べないよね~。一回ぐらいやってみればヨカッタような気もするな。

ところがこの言葉、意外なところで出くわした。クライマックスの前に思いっきり脱線するよ。
それは映画『マイ・フェア・レディ』。
主人公のイライザのお父さんがヒギンズ教授を「ガヴァナー、ガヴァナー」と呼ぶのだ。
ヒギンズ教授は言語学者だ。多分オックスフォードかケンブリッジで教鞭でもとっているとても社会的な地位が高い人物のハズだ。
しかし、映画の中のヒギンズ教授はそう呼ばれても別段イヤそうな顔をしない。それから察するにさほど失礼な呼び名ではないのかもしれない。でも、コックニーの親分のようなオッサンが使う英語だからして上品なハズはないのではないかと思うのだ。
脱線終わり。
もちろん今日出て来る「ガヴァナー」という言葉は「知事」という意味だからね。

330そして、ステージに現れたガヴァナー、イヤ、村岡知事。
ひと言ごあいさつ。

340vそして、もうひとりのスペシャル・ゲスト…山口よさこい連合会の皆さん。
ヒロアキくんがこの日のためにSNSを通じて呼びかけ、濱崎さんが取りまとめた140名のよさこいのスペシャリストたち!
1+140名のゲストを迎えてお送りしたのは…

350_2 「男なら」。


この曲は山口県の商工会議所の委嘱でヒロアキくんが作った「よさこいナンバー」で、2001年に同じ場所で開催された「山口きらら博」で初演された。
その時はヒロアキくんがギターを弾いたワケではなかったが、このことがキッカケとなり山口県で「よさこい」が盛んになった。
「男」ヒロアキなのだ!

360
その後、2011年に開催された山口国体の開会式で800人のよさこいダンサーが「男なら」を演舞した。
ちなみにヒロアキくんは、その山口国体の閉会式でギターを弾いている。もちろんMarshallで!
そうした経緯を経たのち、この曲は山口県で開催される様々なイベントにおいて、大人数で締めくくる際に使われる曲として県民に浸透していった。
そして遂には今回の世界的イベントで演奏されるまでに発展したというワケ。

一方ではこの曲がキッカケでヒロアキくんも「よさこい曲」の創作に取り組み、CDをリリースした。
このCDは以前Marshall Blogでも紹介したことがあるが、他の地区の「よさこいチューン」とは異なり、メタル・ギターのテイストがそこかしこに垣間見られるロック・テイスにトあふれるもの。
何ともおもしろい仕上がりになっている。

380cd
そして今日は知事との競演だ。ホンモノの「ガヴァナー」だからね、名前だけならJim Marshallと共演するようなもんだ!

365この曲は意外にも変拍子のパートが含まれたややこしい曲なのだが、知事は完璧にコピーして披露。ヒロアキくんもビックリしていた。

370一方、ステージの前っ面ではよさこいチームの一糸乱れぬド迫力の演舞!

390写真には写っていないがステージ上では濱崎さんが気合の入った掛け声でチームを思いっきり鼓舞している。

400楽しそうだな~。

410知事のソロ!

420大人げもなく気合の入ったソロで競い合うヒロアキくん!

430ステージ上のダンサー・チームもギター陣に負けじとエキサイトする!
450
何せ撮影が忙しい~!
しかも勝負は1曲だけだからね~、ひとりじゃとても全体をカバーしきれない。盛りだくさんすぎちゃって!

460
銀テープが宙を舞い…

440花火も打ち上げられた。
N_img_0181

イヤ~、盛り上がったね~!
知事、ご苦労さまでした!次回は「My Eternal Dream」もレパートリーに加えましょう!

480最高に熱狂的な舞いを披露してくれた山口よさこい連合会の皆さん。

470
終演後、演奏に感激したお客さんたちがヒロアキくんに殺到!

490ところで、本日の「よさこい連合会」というのは、下記の団体から選抜されたメンバーで構成されたドリーム・チームであることをお伝えしておく。
山口大学よさこいやっさん‼
山口県立大学 奄美連合萩組
わん!
賀宝燦翔隊
あとう桜舞
天神雷舞
舞輝心星✴POLESTAR
馬関社中

そして濱崎さん率いる…
馬関奇兵隊

皆さん、おつかれさまでした!
演者さん全員が集まれなかったのが残念なんだけど、記念撮影。

N_img_0210 アレ~?
ナンダ、ナンダ、知らないオッサンが入ってるぞ!この人、よさこい?!

510まぁ、いいか!一緒に盛り上がっちゃえッ!

520何だか知らないけどやたらとバングラデシュ人に人気があるヒロアキくん。
ビデオ・カメラを向けられて何かしゃべらされてた!

530コレでイベントはすべて終了。

5501日どころか半日しか現場にいなかったけど、こうなると何か寂しいね。
でも、ジャンボリーはまだまだ続くのだ。!

560あ~、楽しい仕事だった。
ヒロアキくん、美瑞穂さん、山口県、ボーイスカウト、ありがとう!

田川ヒロアキの詳しい情報はコチラ⇒fretpiano
ガヴァナーの詳しい情報はコチラ⇒山口県公式ウェブサイト

570<オマケ>
イベントが終わってヒロアキくんとマネージャーの美瑞穂さんと3人で新山口まで移動して駅前のホテルに投宿した。
さぁ、お待ちかね、「ビール、ビール」とチェックインもソコソコに近くの居酒屋に繰り出した。旅の楽しみのひとつだ。
そこが新鮮な魚を食べさせる傍ら、焼肉を出すお店で、各テーブルには焼肉屋でよく見かけるあの煙を吸い込む装置がついていた。ガラガラと引き下ろしてコンロを覆うヤツね。
それがまたこの店のヤツはやたら頑丈そうにできていて、かつカドっこが思いっきりトンガっていた。
3人ともよほどノドが渇いて焦ってたんだろうね…ついやっちまった。
美瑞穂さんと私が「あ!危ない!」と言うが早いか、ヒロアキくんがスゴイ勢いでその装置に頭をブツけてしまったのだ。右側頭部。
それもよりによって相手はスッカリ角。当たったら一番痛いとこよ!
かわいそうに…。
我慢強いヒロアキくんも、さすがにもんどり打ってしまった。
頭をさすりさすり、飲みながら今日一日の出来事を大盛り上がりで話していたら痛みはどこへやら、頭の方も何ともなくて本人はケロっとしちゃったけど、気の毒だったナァ。ゴメンね~。だってスゴイ勢いで止められなかったんだもん!
しかし、コレ、ヒロアキくんのわき目も振らない「猪突猛進」ぶりと、何事にもへこたれない「七転八起」ぶりを目の当たりにした感じがしたわ。こうやって頑張ってきたんだな…って。
さて、こうして世界レベルの大役も無事務め、次はどのステージへ突進していくのか?
実に楽しみだ。
また連れてってよ、Marshallと私!

N_ (一部敬称略 2015年8月6日 山口県山口市阿知須きらら浜にて撮影))