Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。
【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【CODE/GATEWAYの通信トラブルを解決するには】

« 【Music Jacket Gallery】乗り物ジャケット特集<後編> | メイン | 【GW突入スペシャル!】 実録!GRANRODEO LIVE TOUR 2015 カルマとラビリンス <後編> »

2015年4月27日 (月)

【GW突入スペシャル!】 実録!GRANRODEO LIVE TOUR 2015 カルマとラビリンス <前編>

昨年9月にリリースした6枚目のアルバムのタイトル、『カルマとラビリンス』を冠したGRANRODEOの大ツアーが2月上旬からスタートした。
東京エリアは3月下旬、さいたまスーパーアリーナでの2公演。
もちろん両公演ともソールド・アウト!
総計22,000人がGRANRODEOのロックに酔いしれた。
今日明日で実録風にレポートするのは、初日のショウだ。
コンサートに行った人も、行かれなかった人もその気になって、記事を楽しいで頂ければ幸いである。
そして、そのまま楽しいゴールデン・ウィークに突入しちゃってチョーダイ!
まずは<前編>いってみよう!

10開演前、会場にはオペラのBGMが流れる。
観客のおしゃべりのざわつき。
開演前の緊張感…若い頃を思い出すナァ。

そしていよいよ客電が落ち、緞帳が振り落される。

20会場は赤いケミカル・ライトの大洪水!

Gr_img_0066 ドラムの後ろからせり上がって来たのは…

40マントを身にまとったKISHOWさん!

50つづいてe-ZUKAさんが現れた!

60vステージにはいつも通りのMarshallの壁!壮観!!70そのままの位置でギターを弾き始め曲に入る。

90v

オープニングは「Blue Pandra Box」。
アルバム『カルマとラビリンス』のオープニングと同じ!

110KISHOW(谷山紀章)

120e-ZUKA(飯塚昌明)

130vノッケから音玉ドッカ~ン!

140もうイッチョ!

160e-ZUKAさんが下りてきた。

170vステージにズラリと並んだMarshllフル・スタック!

200

e-ZUKAさんが実際に使っているのは右端のヘッド。JCM2000 DSL50だ。

180上下合計で12セット!
ライトが点灯するとこうなる。
今回はいつになくMarshallの壁が客席からよく見えてうれしなったらうれしいな!

190足元のようす。
こんな大アリーナで演奏するのだからさぞかし複雑で重厚なシステムを組んでいるように思えるが、実は非常にシンプル。まるでライブハウスで演奏するかのような態勢だ。
そのかわり音はバツグン!これぞロック・ギター・サウンド!
DSLの純正のフットスイッチをそのまま使っているところがまたニクイ。

2102曲目は「Silence」。これはアルバムの2曲目。すなわちアルバムと同じ展開だ。

220v正確無比なシュッレディングがキマる!

Gr_s41a3399 メロディアスで内容の濃いギターソロをKISHOWさんのロック・ヴォイスが引き継ぐ!
250v

もう観客席は興奮の坩堝ね、当然。
270
3曲目は「シャニムニ」。
310
相変わらず男子比率が多いGRANRODEOのコンサート。
私も35歳ぐらい若かったら、カメラを提げてステージ前をウロウロしてなんかいないで、ケミカルライトを持ってみんなと一緒に客席にいたかもしれない。

Gr_s41a3445

上着を脱ぎ捨てノースリーブになったKISHOWさん。
以上3曲を続けて演奏してMC。
メンバーが紹介される。
275v
ベースは瀧田イサム。

230v「ツアーの中日でコレって反則じゃなないですか?!」

Gr_s41a3541 ドラムは長井VAL一郎。

240「『たまアリ』はやっぱりスゴイですね~!」

Gr_s41a3544 4曲目は「DARK SHAME」。

280v

続けて「絶頂ポイズン」。

280ココからまた『カルマとラビリンス』の収録曲が続く。
お!珍しくe-ZUKAさん、カメラ目線!

290次から次へと押し寄せてくる怒涛のロック・ナンバー!
330v

6曲目は「ボルケーノ」。

300vまさに「火山」が連続して爆発しているかのパフォーマンス。

320

耳もつんざけんばかりの大歓声に応えるKISHOWさん。

290v

ステージ中央でテクニカルなギター・プレイをブチかます「Pink Phantom」。

340

いつものこととはいえ、全編を通しての趣向を凝らしたの美しい照明も大きな見どころのひとつ。

325まだまだ続くド迫力のナンバー。

350v8曲目は「Infinite Love」。
ここまで8曲中6曲が『カルマとラビリンス』に収録されている曲だ。

355vここでアニメ・タイム。
メンバーは一旦ステージを降りる。

360ま、チョット休憩的なパート…

370…なんだけど、お客さんのステージへの熱い視線はメンバーがいる時となんなら変わらない。まるっきり真剣だ!

380楽しいアニメ・コーナーも終わって、再びメンバーがステージ上に現れる。

390GRANRODEOのふたりはお召替え。

400曲は『カルマとラビリンス』収録の「Punky Funky love」。

410vふたり揃うとこんな感じ。さっきまでの黒を基調とした衣装とガラリと雰囲気が変わった。

420「wonder color」に続く。

430「そろそろ声を聴かせてくれないか!」とKISHOWさんのアオリでコール&レスポンス。

440v「♪ブンブンシャカシャカブン」
ここでお客さんのウェーブ大会。
残念ながら私の所からは波が見えない!きっと上からの眺めはスペクタキュラーだったに違いない!

450ここで各人のソロ。
まずは瀧田さんのベース・ソロ。

460そして、VALさんのドラム・ソロ。

470ve-ZUKAさんが加わってVAlさんと掛け合い。

480白熱のドラミング!

485…に対するe-ZUKAさんのギターはAKBだのクマムシだの!会場は大爆笑!

490今度は瀧田さんとのテクニック自慢合戦!

500「フムフム、そうくる?」

510こっちは「♪あったかいんだから~」!
コレは前日に思いついたんだとか…。

520e-ZUKAさんのソロもタップリで、テクニックと笑いの大満足のソロ合戦なのであった!

530v今度はKISHOWさんが大きなバルーンを持って登場。

540曲は「CRASH STAR FLASH」。

550v会場を行き来する4つのバルーン。

560ショウの前半最後を飾るのは「恋音」。

570それにしてもカッコいい声だよな~。
そして、そんな曲でもどんな場面でも絶対にフェイクせずに歌いきるKISHOWさんの姿勢がタマらなくロックだ!
590v
おいしいフレーズを惜しみなく放出し続けるe-ZUKAさん。
ここまで12曲。
素晴らしいショウはまだまだ続く。

580GRANRODEOの詳しい情報はコチラ⇒GRANRODEO Official Website

600<後編>につづく

(一部敬称略 2015年3月21日 さいたまスーパー・アリーナにて撮影)