Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。
【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【CODE/GATEWAYの通信トラブルを解決するには】

« SHOW-YA~GLAMOROUS SHOW <後編> | メイン | 「ありのままで~♪」いたら・・・あらっ、もう年末だ。 子供ばんど年忘れツアー「来年こそガツンといくぜ!」2014<前編> »

2015年1月13日 (火)

NOT DEAD YET!~BRASH☆BEAT

演奏する音楽同様、猛烈な疾走感で活躍の幅を広げるKOJI率いるBRASH☆BEAT。
早くもMarshall Blog再登場!

10ボーカル&ギターのKOJI。

20vギターのHIDE。

30ベースはSHOGO。

40vそして、ドラムはおなじみ山口PON昌人。

50v今回もロンドンはAbbey Road Studioで録音されたKOJIさんのアルバム『NW8』からの選曲が中心。

2_nw8 オープニングは「Let's Get Through the Night」。

60v続いて「Rebel Street」。

70v一般的にBRASH☆BEATのサウンドは「パンキッシュ」ということになるのであろうが、私はそういう聴き方をしていない。もちろんそういう形容の仕方が正しいことは認るが…。

80私だったらBRASH☆BEATのサウンドをこう表現する…規格外の個性を持ったKOJIが率いる日本のロックの純粋なDNAを持つバンド…どうだろうか?
私には「パンク」という言葉より「日本のロック」という形容の方が聴いていてシックリくるのだ。

90それでいてブリティッシュの芳香を漂わせているところが多分にあるところがよろしい。
この「Rebel Street」という曲名にしても、「rebel」なんて単語が私にはDavid Bowieを連想させてとても好ましく思えるのだ。
実際にイギリスで演奏もしてるしね。
また、Firebirdがよく似合う、KOJIさん、デカいからね。

100vバック陣もKOJIさんのパワーを真っ向から受け止め、ガッツの入ったプレイを見せてくれる。

110v随所に出てくるHIDEくんのギター・ソロも聴きどころ満載!もちろんMarshallだ。

120vそしてPONさん!「え、そんなことやっていいの?!」という、これまた規格外のプレイがうれしい。派手なKOJIさんには派手なPONさんのドラミングがベスト・マッチする。

130vこの日もイベントの出演だったため、8曲という短時間ではあったがBRASH☆BEATらしさを十分にアッピールしたステージであった。

140vそしてこの日、BRASH☆BEATより先に舞台に上がったLinkerNationSのリサちゃんが登場。

150LinkerNationSはこの日が復活のステージ。
ボーカルの白希リサ。

160v小柄な体躯からはKOJIさんに勝るとも劣らないパワーで、圧倒的な歌声が飛び出してくる!
BRASH☆BEATのステージの最後を飾るにぎやかなパフォーマンスだった。

180vBRASH☆BEATの詳しい情報はコチラ⇒KOJI☆STYLES
LinkerNationSの詳しい情報はコチラ⇒白希リサの日常

190(一部敬称略 2014年11月  目黒鹿鳴館にて撮影)