【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« 大谷一門会~ギターバカ一代<後編> | メイン | series epitaph vol.1 ゲキ × ソニック!~サイケデリック・ペイン編 »

2013年10月23日 (水)

series epitaph vol.1 ゲキ × ソニック!~SKOMB編

満員御礼の渋谷AX…

10_2今日最初の出演はSKOMB(スコンブ)。
そう、マイクを握っているのは、Marshall BlogではD_Driveとの共演やClassic Rock Jamでおなじみの…

20_3冠徹弥

30vそして以下初登場していただく…
ギター、岡崎司

40vギター、高井寿

50v_2ベース、大桃俊樹

60vキーボード、松田信男

Pp_img_1723そして、ドラムは梅棹裕也。

80vShinkansen Kanmuri Okazaki Metal Batteryの頭文字を取ったのがSKOMB。
Shinkansenとは「劇団☆新感線」のこと。
230v劇団☆新感線の芝居の曲をピュアなへヴィ・メタルで聴かせるバンドがSKOMBなのだ。
180_3筋金入りのメタラー、冠さんがフロントだけあって、これがすさまじい演奏!
160_3そして、メタルとくりゃ当然Marshallよ。イヤ、Marshallでなくてはならないのだ!
90_2岡崎さんはJVM410Hに1960A。

100v_2高井さんもJVM410Hと1960A。

110_2このJVMのコンビネーションが絶妙なギター・アンサンブルを織りなすワケ。

120_3派手なアクションをキメてステージ上手を彩るMomo。

130v_3大桃さんもMarshall。VBA400にVBC810のセット!

140_2ステージはとにかく冠さんのペースで激情的にハードに展開していく。

150_3オリジナル曲の他に、なんと!井上陽水の「氷の世界」をカバー。
昔からハード・ロックっぽい曲だと思っていた。イントロがまずそれっぽいもんね。
でもSKOMBはその上を行くドハードなアレンジ!お見事!

170v2人のギター・ソロもタップリとフィーチュアされる。
200vベテラン・ギタリストのテクニックの応酬。

190v_2しかし、十分にメロディック!

210v「速弾き、速弾き!」と冠さんからリクエストを受けテクニシャンぶりをアッピールする高井さん。

220_2フロント陣をガッチリとサポートするキーボード…

250v_3そしてパワフルなドラム!

260_2MCに歌にアクションに、常にコミカルな要素を織り込む冠さん。ひとときも目が離せない。
最高におかしかったのは、最前列のど真ん中に次のバンドを目当てに会場にきたのであろう、やや年配の女性の方がいらっしゃって、この方がまたテコでもSKOMBの演奏に反応しない。二コリともしない。
それを冠さんが見つけて、ガンのつけ合い、飛ばし合い…もうこれがおかしくて、おかして!

240_2そして、怒濤のベースソロ。

270_36弦ベースの幅広い音域を利用した多彩なプレイ!

280_3VBAとVBCのコンビネーションがそのプレイを劇的にサポートする!

290v_2冠さんは衣装替え。この格好は…?

300_2「バーツ!」で会場全員がひとっ飛び!
320_3この手の音楽はや~っぱりMarshallだよね!SKOMB大正解!

310_2あまりライブをしないというSKOMB。
どこかでライブ情報をつかんだら是非ともお出かけいただきたい。
おもしろいし、スゴイし…最高です!

330v_2冠徹弥の詳しい情報はコチラ⇒あれが野獣の眼だ!
岡崎司の詳しい情報はコチラ⇒SMILY'S STUDIO

340v_2劇団☆新感線の詳しい情報はコチラ⇒劇団☆新感線オフィシャルサイト

350_3<後編>につづく

(一部敬称略 2013年9月15日 渋谷AXにて撮影)