【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
【梅村デザイン研究所】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« 島紀史、 ケリー・サイモン~神南の大決戦<前編> | メイン | 石原"SHARA"愼一郎、初のソロ・アルバム発表! »

2013年5月12日 (日)

島紀史、 ケリー・サイモン~神南の大決戦<後編>

Shige Blog  2012年5月25日 初出

ワイルドじゃないかもしれないけどヨ~、コーラの入ったペットボトルのフタを閉めてヨ~、思いっきり振って振って振ってヨ~、フタを開けてみな~!吹き出すだろ~?スゴイ勢いだろ~…それが今のコンチェルト・ムーンなんだゼ~。

と長田ちゃん言っている…かどうかはわからない。でもこの顔を見ればわかる!

DamIMG_0367

『ATTACK IF THE DOUBLE AXEMEN vol.2』レポートの後編はCONCERTO MOONの登場だ!

DamIMG_4288

冒頭に長田ちゃんが言っている(本当は言ってない)通り、信じられないくらいの勢い!

DamIMG_4293

CONCERTO MOONのライブを撮り出してからずいぶんと時間が経つ。何回ステージを経験しただろうか…。
DamIMG_0477

それでも、このバンドのパワーというか爆発力というか…何といえばよいのか、固体がいきなり気体になってしまうようなその勢いには毎回毎回驚かされる。
DamIMG_4331

ベーシストが変わっての初ツアー。さすが気心の知れた昔の仲間との演奏だ!

DamIMG_4299
CONCERTO MOONの総帥、島紀史。

DamIMG_0424

バンドで2番目に古い。ドラムの長田昌之。
DamIMG_0653

昨年9月にCONCERTO MOONの初ステージを踏んだ久世敦史。
DamIMG_0388

このツアーが久しぶりの登板となるCONCERTO MOONオリジナル・メンバーの三谷耕作。
DamIMG_0416

久世ちゃんの初ステージの時にも充分に感じたことなのだが、実にみずみずしい!オッサンぞろいのバンドにはにつかわしくない形容かもしれないが、「みずみずしい」としかいいようがないのだ。
DamIMG_0444

しばらくキーボード、ベース、ボーカル、ベースと数年の間にメンバーの出入りが何回かあった。ま、気丈なノンちゃんのこと、そんな素振りは全く見せることはなかったが、音楽的にもバンドの運営的にも苦労や心配は絶えなかったことであろう。

DamIMG_0560

それが旧友の帰還によって払拭されたのであろう、実に素晴らしいプレイの連続であった。

DamIMG_0538

それは「いつもより多く弾いてます!」とか「いつもより速く弾いてます!」とかいう類のものではなくて、「楽しさ」に裏打ちされたスーパー・プレイだったように感じた。「これだよ!オレが待っていたのは!」と心の中で叫んだに違いない。

DamIMG_4449
そんなノンちゃんと共に大いに演奏を盛り上げたのが、久世ちゃんだ。

DamIMG_4327

声量がますます増し、もう完全にCONCERTO MOONの声になった!
DamIMG_4411

このポーズが目印だ!

1曲目の「Savior Never Cry」から休みなしの大熱唱だかんね。やっぱりロックはこういう声じゃないと!
DamIMG_4532

耕作さんのCONCERTO MOONでの演奏を見るのははじめてではない。、が、今回すごく思ったのは、重さはそのままに、バンドの低域がすごくクリアになったということ。そしてドライブ感が増した。ベースの音が抜けて聴こえてくるのだ。
DamIMG_4318

現在はサポート・メンバー扱いとなっているが、私なんかはこのままずっとCONCERTO MOONの低域を支えてもらいたいと願っているのよ!
DamIMG_4478

長田ちゃん、こないだバッタリ会ったね。比較的近くに住んでいるのにまったくすれ違ったこともなかったのにね…。あれからおいしいもの食べれた?…それはヨカッタ!…という長田昌之
DamIMG_0675

今回は時間の関係で渾身のドラムソロはなかったが、濃~いドラミングを1時間のパフォーマンスにブチ込んでくれた。

DamIMG_0632

選曲は最近作『Savior Never Cry』からタイトル曲をはじめ4曲。

DamIMG_4384

合間には「Surrender」や「Inside Story」、「Take You to the Moon」、「Changing My Heart」、「From Father to Son」といったおなじみの曲がプレイされた。

DamIMG_4407

こうした旧作をなんのケレン味もなく自家薬籠中のものにしてしまうところに久世ちゃんのスゴサを感じる。

DamIMG_4373

見ての通り。すっかりといいコンビのノンちゃんと久世ちゃん。その姿は「From father to Son」だ。

DamIMG_4440

ギターをPAにこすりつけるアクションもいつより気合いが入った!

DamIMG_4571

…とまあ、約1時間。息をつくヒマもないくらいの疾走感あふれるステージだった。

DamIMG_4549

この後は、『Dos a tres caidas!~コンチェルト・ムーン 炎の三番勝負~』と銘打ったライブが開催される。また勝負だ!最初の試合が6月23日、同じ渋谷BOXXで人間椅子と…楽しみだ!

ところでメタル界はこれからスペイン語が流行るの?ヴァモス!

CONCERTO MOONの詳しい情報はコチラ⇒CONCERTO MOON Ofiicial Site

DamIMG_4583

オラ!そしていよいよAxemanのそろい踏みだ!ギターバカ一代!いいネェ~!

DamIMG_4591

曲は「Kill the King」!このリフは盛り上がるよね~!何たってはじめて聴いたのが武道館でのホンモノの演奏だったからね。

DamIMG_0502

久世ちゃんの「でんじゃーでんじゃー」という歌声がまたいい!
DamIMG_0526

2曲目はJudas Priestの『Screaming for Vengeance』から「The Hellion~Electric Eye」だ。
DamIMG_4602

よく聴いたなぁ~、このアルバム…ってウソです。でもね、中2ぐらいの時にジューダスが出てきてラジオで「the Ripper」を聴いた時の衝撃ったらなかったのよん!
DamIMG_4621

その時の衝撃を思い出させてくれる感動的なパフォーマンス!
DamIMG_4690

素晴らしいソロの応酬!「オレが、オレが」だけではない「ゆずり合いの精神」も見受けられる完璧なバトル。これが大人のギター合戦だ!え?とてもそうには見えないって?このふたりじゃやむを得ないな!
DamIMG_4714

そして、これに戻る。

DamIMG_0117

ああ、感動的なフィナーレ!ギター愛する者どうしの心の交流。みんなギターが大好きなんだ!

DamIMG_4727

前のブログの時から一体何回書いたか皆目見当もつかないが、本当にこうした器楽をふんだんに取り入れた音楽を保護しないとマズいよ。もちろん、技術を競うだけがギターや楽器全般の喜びや楽しみでは決してないけれど、ギターを低くぶら下げて、少々歪ませてジャンジャカとコードをストラミングしているだけがギターではまったくない。ロック・ギターのもっともカッコいいところを切り捨てちゃってる!

このふたりのように弾けるようになるには、毎日10時間以上の練習を何年も積んでこなければならないだろう。普通の人間にはそんなこと出来ないのが当たり前だ。練習できることこそが「才能」だからね。

でも、こういう演奏を見て「ああカッコいいな!オレもソロ弾きてーな!」なんて思ってくれるギターキッズが出てきてくれればそれでいいのだ!

そういう意味でも実に内容の濃い、意義深いライブだった。
DamIMG_4736

(一部敬称略 2012年4月21日 渋谷BOXXにて撮影)