【姉妹ブログ】
【Marshall Official Web Site】
Marshall Blogに掲載されている写真並びに記事の転載・転用はご遠慮ください。

« mintmints Love & mints Tour 2012 mintmints VS D_DRIVE <前編> | メイン | ギター大脱走!~ポール・ギルバート情報 »

2012年12月 7日 (金)

やっと、ずっと~田川ヒロアキ、レコ発ライブ

菅沼孝三、江川ほーじんとの手数セッション、和佐田達彦やそうる透とのスパイス・ファイブ、是方博邦とのユニット等々休むヒマもないないぐらい多方面にわたった活動を展開していきた田川ヒロアキが待望のニュー・アルバムを発表した。

今日はそのレコ初ライブのレポート。

Tagawa_img_0118

これがそのニュー・アルバム『アヴェ・マリア』。え?田川ヒロアキが「アヴェ・マリア」?そうなのです。今までのノリノリのロックンロールとは一味違う田川ヒロアキが飛び出して来たのである。

内容は従来のスリリングでダイナミックなハード・ロックに交じって「アヴェ・マリア」や「メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲」のクラシック・ネタやいかにも彼らしいロマンチックなバラード、とバラエティに富んでいるが、実にコンパクトにまとまりカチっとした仕上がりになった。本当に老若男女を問わず楽しめそうな内容だ。

それとビジュアルが素晴らしい。実はこのジャケ写とCD内のすべての写真、私が撮らせていただいた。だから、「素晴らしい」といってるんだな?とお思いでしょうな~。でも我ながらかなり気に入っている。

ヒロアキくんのコメントの英訳も担当させてもらった。世界に向けてのCDだからね。エ?「オマエ英語大丈夫なのか?」って?バカにしてもらっちゃ困りまっせ!ちゃんと仲良しのイギリス人に添削してもらったワイ!メッチャいい英語に変身しやんのよ!
Tagawa_2

そんなお気に入りに仕立て上げてくれたのは梅村デザイン研究所(梅デ研)の素晴らしいアートワークがあってこそ。私が「日本のカル・シェンケル」と愛してやまない梅村さんに自分の写真をイジってもらってシアワセなのだ~!(写真自体には手を入れていません)このブログのバナーも梅デ研の作品だ。

やっぱジャケットがいい作品というのはいいね。もちろん中身がいいからジャケットもよく仕上がるんよ!帯もタマラン!

Tagawa_img_7399

さて、ライブ。 直前でメンバーが差し替えになるトラブルもあったが、いつもの田川パワーで難なく乗り切った!

Tagawa_img_0024

田川ヒロアキ
Tagawa_img_0076

キーボードは石黒彰。石黒さんはニュー・アルバムの中の曲のアレンジも担当してくれた。

Tagawa_img_0047

ベースは仮谷克之。今日はいつもと帽子が違う!

Tagawa_img_0150

そして盟友、高仁範(コウ・インボム)。思い出すなぁ、宮古島!ねぇ高くん?!

Tagawa_img_0141

今回は会場が広いので愛用のJMD501に1960Aをつないで鳴らした。

Tagawa_img_0031

演奏曲目はほとんどが『アヴェ・マリア』から。1曲目は「Symphony- seven-four time」。タイトル通り7/4拍子に乗ってめまぐるしくシーンが変わるスリリングな作品。

Tagawa_img_0006

2曲目はメンデルスゾーンの「ヴァイオリン・コンチェルト」からショパンの「別れの曲」。これは石黒さんのアレンジがメッチャかっこよくてね。

これのCDの演奏をベテランのクラシック・ピアニストに聴かせたところ「アラまぁ、よく弾くわね~。おもしろそうね!是非いっしょに演ってみたいわ!」と言っていた。また面白そうな他流試合が成立しそうだ!

つづいて「With Love-愛をこめて」…タイトルはベタだが、すごくいいメロディ!観客が耳をそばだてて聴き入っていたのがとても印象的だった。こういう時のJMD:1がまたいい仕事をする!

Tagawa_img_0083

続いてバラード。「平和の風」。この曲は従来から演奏してきたもの。そして「たんぽぽと風」。

Tagawa_img_0062

仮谷さんのツボ得たベース・プレイは健在。実においしいラインを紡ぐ人だ。今日は出なかったけど、仮谷さんのスラップ・ソロがカッコいいんだ~。ドンドン激しくヤケクソになっていくところがメッチャ好き!

Tagawa_img_0153

石黒さんを得たこともヒロアキくんのキャリアにとって大変有意義なことだ。
Tagawa_img_0159

6曲目はアルバムのオープナーとなっているキラー・チューン「Speedway」。シンプルなリフに導かれて目くるめくようなギター・テクニックが飛び出してくる!

Tagawa_img_0126

こうしたドライビング・チューンは彼の得意とするところ!快演そのもの!

Tagawa_img_0133

最後はタイトルにもなっている「アヴェ・マリア」。

Tagawa_img_0027

祈るように、そして囁くようにして弾くヒロアキくん。こういうリリシズムにあふれた演奏も彼のギター・プレイの大きな魅力なのだ。ヒロアキくんの使い方がうまいのは当然なのだが、JMD:1のコンボってこういうサトルな表現が得意だったんだよね~。エレクトリック・ギターの「静」の部分をうまく引き出した実に魅力的なトーンだ。

Tagawa_img_0146_2

全7曲。田川ヒロアキの従来の魅力と新しい魅力を絶妙にアッピールした素晴らしい内容であった。

彼は来る12月22日、このアルバムを引っ提げて故郷の下関での凱旋公演に臨む。山口県のふるさと大使も務める田川ヒロアキ。彼が手掛けた下関よさこい連のサポートも得、盛り上がりは必至であろう。

やっとここまで来た。ずっとこのままがんばってほしい!ますますの活躍を期待する。

Tagawa_img_0107

田川ヒロアキの詳しい情報はコチラ⇒FretPiano

CDの販売はコチラ⇒amazon 

amazonのロック・チャートで初登場38位。ナント、エアロスミスと同位だって!やっぱマリア様のおかげだね。「♪れりびー、れりびー」!

ジャケットにも注目してよ~!Shige Blogでメイキング・オブ・ジャケ写をアップしていま~す。

コチラ⇒田川ヒロアキ、ニュー・アルバム『アヴェ・マリア』ジャケット撮影

Tagawa_img_7142
(一部敬称略 ライブ写真:2012年12月1日 川崎市民プラザ~ふるさと劇場にて撮影) 31